1. TOP メニュー
  2. ゴルフギアにお悩み
  3. クラブ選び
  4. キャロウェイ EPIC MAX FASTドライバーの試打評価レビュー

キャロウェイ EPIC MAX FASTドライバーの試打評価レビュー

試打のスペシャリスト・高橋良明の本気レビュー

2021/07/12 ゴルフサプリ 編集部

キャロウェイ EPIC MAX FASTドライバー

圧倒的な初速性能とつかまりのよさ、球の上がりやすさで評判となっている『EPIX MAXドライバー』をベースにクラブ全体を軽量化して振りやすくしたのが『EPIC MAX FASTドライバー』です。そのスピードと飛距離性能をいち早く体感した「試打のスペシャリスト」高橋良明による試打レポートをお届けします。

[目次]

キャロウェイ EPIC MAX FASTドライバーの総合評価

キャロウェイ EPIC MAX FASTドライバー

キャロウェイ EPIC MAX FASTドライバー

飛距離性能★★★★☆(4/5)
直進性★★★★☆(4/5)
つかまりやすさ★★★★☆(4/5)
上がりやすさ★★★★☆(4/5)
総合評価★★★★☆(4/5)

キャロウェイ EPIC MAX FASTドライバーの特徴

キャロウェイ EPIC MAX FASTドライバー

AIが設計した「ジェイルブレイク AI スピードフレーム」や「FLASHフェースSS21」により抜きん出た評価を得ている『EPICシリーズ』の初速性能。そこにさらなるスピードを加えたのが『EPIC MAX FASTドライバー』です。

スピードの源は軽さ。『EPIC MAX FASTドライバー』のクラブ総重量は、設計のベースとなった『EPIC MAXドライバー』より20グラム近く軽く、ヘッドスピードの大幅なアップを実現してくれます。

ドローバイアス設計によるつかまりのよさとあいまって、パワーに頼らなくても楽に飛ばせるドライバーです。

特徴

  • ヘッドスピードが自然に上がる超軽量設計
  • 「ジェイルブレイクテクノロジー」で初速アップ
  • ホワイトPVD仕上げによりかまえやすさアップ

特徴1. ヘッドスピードが自然に上がる超軽量設計

『EPIC MAX FASTドライバー』では、『EPIC MAXドライバー』のアジャスタブルホーゼルに代わって接着式ホーゼルを採用するなどヘッド単体で185グラムの軽さを実現。さらに約30グラムの軽量グリップを装着することでクラブ総重量は269(R)〜272グラム(S)に抑えられています。

また、可変式のペリメーターウエイトなど重量をヒール寄りに配分するドローバイアス設計を採用。ふつうにスイングするだけでヘッドスピードが自然に上がり、球が楽につかまる設計となっています。

特徴2. 「ジェイルブレイクテクノロジー」で初速アップ

2本の柱を窓枠形状に進化させた「ジェイルブレイク AI スピードフレーム」は縦横両方向へのボディの変形を抑制しインパクト時のエネルギーロスを軽減。その結果、フェース全体をより大きくたわませることが可能になりました。

また、AIによって『EPIC MAX FASTドライバー』専用にデザインされた「FLASHフェースSS21」を搭載。フェースセンターに限らずあらゆるヒッティングポイントにおいてボール初速をアップさせ、初心者から上級者まで誰もが体感できる圧倒的な飛距離性能を実現しています。

特徴3. ホワイトPVD仕上げによりかまえやすさアップ

キャロウェイ EPIC MAX FASTドライバー

『EPIC MAX FASTドライバー』をかまえたときのヒール後方にボリューム感のあるシルエットは、『EPIC MAXドライバー』同様、ヘッドが球をつかまえてくれる印象で安心感があります。

また、『EPIC MAX FASTドライバー』では、イオン化させた金属をフェースやソール面に蒸着させ薄く硬い被膜を形成する「ホワイトPVD仕上げ」を採用。クラウンとフェースの色のコントラストにより、ターゲットラインに対してスクエアにセットアップしやすくなっています。

キャロウェイ EPIC MAX FASTドライバーのスペック

標準シャフトは『EPIC MAXドライバー』の『Diamana』に対して、同じ40グラム台でもより弾き感の強い『Speeder EVOLUTION』を採用した『EPIC MAX FASTドライバー』はさらにスピードを体感しやすい。

メーカーキャロウェイ
製品名EPIC MAX FAST ドライバー
ヘッド素材ボディ:8-1-1チタン
クラウン&ソール:トライアクシャル・カーボン
フェース:FS2Sチタン鍛造
番手/ロフト角9.5、10.5、12度
シャフトSpeeder EVOLUTION for Callaway(R、SR、S)
長さ46インチ
重量/バランス272g/D1(S)、270g/D1(SR)、269g/D1(R)
価格84,700円(税込)
公式サイトキャロウェイゴルフ公式サイト

キャロウェイ EPIC MAX FASTドライバーを試打レビュー

『EPIC MAX FASTドライバー』の軽さは本当に飛距離アップに結びつくのでしょうか。また、恩恵を受けられるのはどんなゴルファーなのか。軽量ドライバーのメリットとデメリットを検証しつつ高橋良明が試打を行いました。

試打レビュー

  • 見た目の印象がやさしいけれど真っすぐかまえやすい
  • 軽めに振っても思った以上にヘッドスピードが上がる
  • ヘッドの戻りがスムーズでボールを芯でつかまえやすい

見た目の印象がやさしいけれど真っすぐかまえやすい

キャロウェイ EPIC MAX FASTドライバー

『EPIC MAX FASTドライバー』は「EPICシリーズ」のモデルよりもシャローフェースで球が上がりやすそうな印象です。クラウンのヒール側が膨らんでいて球のつかまりもよさそうなのでかまえたときから安心感があります。また、ヘッドの投影面積が大きいせいか46インチでもそんなに長さを感じません。

コスメは『EPIC MAXドライバー』のブラックに対してグレーに変わっています。黒も精悍ですが『EPIC MAX FASTドライバー』のグレーは高級感があり難しすぎないイメージです。ダフったときなんかの傷にも強そうですね。

アベレージゴルファーが使うクラブとしてはフェースがストレートなのでスクエアにかまえられます。

軽めに振っても思った以上にヘッドスピードが上がる

まるでクラブが速く振れ速く振れといってきているような軽さです。しかし、自分から速く振る必要はありません。むしろ少し抑えていっても勝手に振れてヘッドスピードが上がります。試打したときも自分ではヘッドスピード40m/sで振ったつもりが実際には42〜43m/sくらい出てしまいました。

そして、ボール初速はそれ以上に出ます。ヘッドが軽いと初速が出にくいといわれていますが、『EPIC MAX FASTドライバー』の場合は「ジェイルブレイク AI スピードフレーム」が効いているのか振ったときのイメージ以上にボールの飛び出しが速く、球が前に行ってくれます。

ヘッドの戻りがスムーズでボールを芯でつかまえやすい

手に持った瞬間、これは本当に打てるドライバーかなと思うくらい軽く、ワッグルするとヘッドもかなり軽そうです。これだけ軽いとヘッドの重みを感じにくくタイミングが取りづらいかと思いきや『EPIC MAX FASTドライバー』に限ってそれはありません。

切り返しからダウンスイングにかけてのフィーリングはすごく素直で、ヘッドがスムーズに返ってきて球がつかまります。むしろ、ヘッドが重くないのでシャフトを立てたまま下ろしやすく、インサイドからプレーンに沿って振りやすい印象です。

スイートエリアも広く、芯には当てやすいクラブといえます。

キャロウェイ EPIC MAX FASTドライバーがおすすめの人

ヘッドスピードが飛距離に直結します。とくにあまりパワーのないスインガータイプやちょっと落ちてきた飛距離を取り戻したいというシニアにはピッタリはまるでしょう。

ヘッドがターンしやすいのでスライサーにもおすすめですが、フェース角がストレートでつかまりすぎることもないのでフッカーでも使えそうです。

また、軽い割にはヘッドの位置が分かりやすいのも『EPIC MAX FASTドライバー』の特徴で芯の広さも手伝って意外とミート率が上がります。ドライバーでもダフってしまうような人もこの軽さならヘッドが落ちにくいのであおり打ちの癖が軽減されるでしょう。

いままで「軽量ドライバーは飛ばない」とか「芯に当たらない」と思って手を出さなかった人でも、そうしたデメリットはほぼないので一度は試してみるべきです。

キャロウェイ EPIC MAX FASTドライバーの評価

キャロウェイ EPIC MAX FASTドライバー

ボール初速を上げて飛ばすためにはヘッド重量も必要ですが、それ以前にヘッドスピードを上げることを優先するべきです。

『EPIC MAX FASTドライバー』は名前の通り振り抜きがよく、速く振らせてくれるドライバーです。『EPIC』自体もともと初速が飛び抜けている上に、さらにヘッドスピードが上がるので半端ない飛距離が出ます。球のつかまりがいいのでスピードがしっかりボールに伝わって前にボールが飛びます。

何ともすごいドライバーが出てきたというのが正直な感想です。


高橋良明

テスター/高橋良明(たかはし・よしあき)

1983年生まれ、東京都出身。2013年プロ入会。サザンヤードCC所属。ツアーに挑戦するかたわら、ゴルフ専門誌やウェブメディアでテスターを務める。毎年出る新製品をほぼ打ち尽くす試打のスペシャリスト。

関連記事