1. TOP メニュー
  2. ゴルフギアにお悩み
  3. クラブ選び
  4. 2021年マッスルバックアイアンおすすめランキング5選【人気・評判】

2021年マッスルバックアイアンおすすめランキング5選【人気・評判】

2021/07/21 ゴルフサプリ 編集部

マッスルバックアイアン

この記事では、ゴルファーにおすすめのマッスルバックアイアンをランキング形式で紹介します。

ゴルフトーナメントで男子プロが打球を自由に操るマッスルバックアイアンは、アマチュアゴルファーが一度は使ってみたい憧れのアイテム。

マッスルバックアイアンの特徴や選び方のコツ、おすすめのアイテム5商品を厳選して紹介します。マッスルバックアイアンの購入を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

※ランキングはGoogleショッピング「マッスルバックアイアン」レビュースコア順を参考

[目次]

マッスルバックアイアンとは

マッスルバックアイアン

マッスルバックアイアンとは、アイアンの原型的な形状であり、バックフェースに厚みがあってヘッドサイズが小さいアイアンのことです。

打感と操作性に優れ、球筋やスピン量のコントロールがしやすいので、プロゴルファーや熱心なアマチュアゴルファーに愛用されています。

マッスルバックアイアンはアスリート系の上級者でないと使いこなすのが難しいといわれますが、それはマッスルバックアイアンの特性上、ある程度のヘッドスピードが必要だからです。また、芯の位置もアベレージ向けアイアンとは違うため、当たりどころによってはボールが上がらず、番手通りの飛距離を出すことができません。

基礎知識

  • マッスルバックアイアンの特徴
  • マッスルバックアイアンが難しいと言われる理由
  • マッスルバックアイアンとキャビティアイアンの違い

マッスルバックアイアンの特徴

マッスルバックアイアンの特徴は、重心距離が短く、操作性に優れている点です。また、キャビティアイアンや中級アイアンと違って、重心が高めに設定されているため適正な入射角でヘッドを下ろさないと芯でとらえることはできません。

また、マッスルバックアイアンを好む人は、その心地よい打感にあります。芯をとらえるとボールとフェースがくっついたような、柔らかな打感が得られます。逆に芯を外すと、硬い打感になります。

マッスルバックアイアンが難しいといわれる理由

マッスルバックアイアンが難しいと言われる理由は、スイートスポットが小さいので、インパクトで正しくボールを捉えるためには正確なスイングが必要とされるからです。

マッスルバックアイアンの優れた操作性を発揮するためには、安定したスイングを身につけることが求められます。また、フェースが厚いなど、反発性能が高くなるような構造ではないので、番手通りの飛距離を出すにはスペックに見合ったヘッドスピードが求められます。

マッスルバックアイアンとキャビティアイアンの違い

キャビティアイアン(またはポケットキャビティアイアン)はバックフェース側(フェース裏側)をへこませ、ヘッド外周やソール側に重量を配分したり、ヘッドサイズを大きくして慣性モーメントを高めるとともに、重心を低く・深くしている構造が特徴的です。そのため、マッスルバックアイアンよりもボールが上がりやすく、スイートエリアも広いため、芯を外した時の飛距離ロスや方向性のブレに強くなっています。

マッスルバックアイアンが打球の操作性に優れているのに対して、キャビティアイアンはミスヒットへの許容性が高いという特徴があります。

マッスルバックアイアンの特徴・メリット

マッスルバックアイアン

ここでは、マッスルバックアイアンの特徴・メリットを「打感」「コントロール(操作性)」「ラフからの脱出」の3つの視点から説明します。

特徴・メリット

  • 芯を食ったときの打感の良さが魅力
  • ヘッドが小さいのでコントロールしやすい
  • ソールが狭く、ヘッドサイズがコンパクトだからラフから打ちやすい

芯を食ったときの打感の良さが魅力

マッスルバックアイアンがゴルファーを魅了する大きなポイントが「打感」です。芯を食ったとき身体に伝わってくる「打感の良さ」は一度味わうと虜になります。

ソール幅が狭くてヘッドの抜けが良く、心地よい感触が伝わってくる打球は狙いどうりの弾道を描いて飛びます。一方、打感の良くないショットはスイートスポットを外れているので、方向や距離が狂います。

マッスルバックアイアンは、ゴルファーのスキルがショットに忠実に現れるので、打感の良さを求めることがスキルアップとスコアアップに直結します。

ヘッドが小さいのでコントロールしやすい

マッスルバックアイアンは大型のキャビティアイアンに比べて、ヘッドが小さいのでフェースのコントロールがしやすいのが特徴です。シャフトとヘッドの重心との距離(重心距離)を短くしてあるので、その分、コントロール・操作性能が良くなります。

重心距離が短いとヘッドを開いたり、閉じたりというフェースコントロールが意図的にできやすいのです。フェースの開閉によって、フェードやドローなどボールを自在に曲げることが可能となります。

マッスルバックアイアンは、フェースコントロールによって打球の曲がり具合を自由に操作できるのが特徴です。

ソールが狭く、ヘッドサイズがコンパクトだからラフから打ちやすい

マッスルバックアイアンはソールの幅が狭く、ヘッドのサイズがコンパクトなので、ラフに入ったボールを打ちやすいクラブです。コンパクトで、幅が狭いと芝の抵抗を受けにくく、ヘッドスピードを落とさずに振り抜くことができます。

深いラフからの脱出にはとくに有効なため、本格的なトーナメントコースやリンクスなどラフの芝を深くしてあるコースではマッスルバックアイアンはゴルファーの強い味方となります。

マッスルバックアイアンの選び方|最適な1本を!

マッスルバックアイアン,選び方

ここでは、最適なマッスルバックアイアンを選ぶポイントを「芯(スイートスポット)」「ライ角調整」「シャフト」の3つの視点から説明します。

選び方のポイント

  • 芯(スイートスポット)の広さをチェック
  • ライ角調整をして、打ちやすいアイアンに変えよう
  • マッスルバックはしなりが少ないシャフトを選ぼう

芯(スイートスポット)の広さをチェック

マッスルバックアイアンを選ぶときは、まず初めに芯の広さを確認しましょう。芯とはスイートスポットと呼ばれる、重心に近く飛距離も出る部分のこと。マッスルバックアイアンはヘッドが小さいのでスイートスポットも狭く、正確にボールを捉えるのが難しいです。

そのため、少しでも芯が広がればミスを低減できます。マッスルバックを使うのが初めての方はできるだけスイートスポットの広いものを選ぶのが賢明です。

最近のマッスルバックアイアンはスイートエリアの広いモデルも多く発売されているので、自分に合うスイートエリアのアイアンを探しましょう。

ライ角調整をして、打ちやすいアイアンに変えよう

軟鉄でできていることの多いマッスルバックアイアンはライ角を調整できます。ライ角とは、アイアンのソール部分を地面に合わせたときに、シャフトと地面にできる角度のこと。この角度が大きいものはアップライトアイアン、小さいものはフラットアイアンといいます。

通常背の高い人はアップライトが、背の低い人はフラットが合うとされています。ライ角が合わないとミスショットの原因になるので調整が必要です。ただ、スイング軌道でもフィットする角度が変わるので試打をします。

ショップでフィッティングサービスがあるときなどは、ライ角調整を頼んでアイアンの機能を最大限に発揮しましょう。

マッスルバックはしなりが少ないシャフトを選ぼう

マッスルバックアイアンを選ぶときはシャフトの柔らかさをチェックしましょう。マッスルバックアイアンはキャビティアイアンに比べてヘッドが重い傾向があります。重いヘッドで柔らかいシャフトを使うと、シャフトのしなりが大きくなり、ボールが左右に曲がりやすくなります。

キャビティアイアンからマッスルバックに初めて挑戦する方は、マッスルバックの操作性の良さを生かすために、キャビティのときより固めのシャフトを選ぶことをおすすめします。

マッスルバックアイアンおすすめランキング5選

ここからは、人気・売れ筋のおすすめマッスルバックアイアン5選をランキング形式で紹介します。

マッスルバック1位:テーラーメイド P7MB アイアン

テーラーメイド P7MB アイアン

テーラーメイド P7MB アイアン

テーラーメイドP7MBアイアンは、ダスティン・ジョンソンやローリー・マキロイといった世界のトッププレーヤーのリクエストを取り入れて設計しています。マッスルバックの伝統的フォルムとツアーのトレンドを凝縮した人気モデルです。

薄いトップラインと狭いソール幅、番手別にデザインされたオフセットが特徴。テーラーメイドP7MBアイアンは、シビアな操作性を追求するショットメーカー向けに設計されたモデルです。

メーカーテーラーメイド ゴルフ(TaylorMade Golf)
クラブ名P7MB アイアン
長さ(#5)38インチ
総重量/バランス●Dynamic Gold EX TOUR ISSUE
#3〜9:約430g/D2
PW:約430g/D3
ロフト角/ライ角#3:21度/60.5度
#4:24度/61度
#5:27度/61.5度
#6:31度/62度
#7:35度/62.5度
#8:39度/63度
#9:43度/63.5度
PW:47度/64度
ヘッド素材軟鉄S25C
シャフトDynamic Gold EX TOUR ISSUE
価格(税込)●Dynamic Gold EX TOUR ISSUE
6本セット(5I〜PW):158,400円
単品(#3、#4):26,400円
公式サイトテーラーメイド ゴルフ(TaylorMade Golf)公式サイト

マッスルバック2位:ピン ブループリント アイアン

ピン ブループリント アイアン

ピン ブループリント アイアン

ブループリントアイアンは、キャビティを手がけてきたピンが初めて開発した鋳造マッスルバックアイアンです。ルイ・ウェストヘーゼンやミゲル・アンヘル・ヒメネスなどベテランプロがツアーで使用して優勝を果たし、話題になりました。

ブループリントアイアンはトーナメントプロやアマチュアの上級者に向けて設計され、スピンコントロールなどの操作性に特化したモデルです。ソールはオフセット(グースネックの形)をできるだけ減らして操作性を高め、小さく抜けの良いヘッドが特徴です。

メーカーピン(PING)
クラブ名ブループリント アイアン
長さ(#5)37.75インチ
総重量/バランス●N.S.PRO MODUS³ TOUR 105
#7(S):約423g/D1

●N.S.PRO MODUS³ TOUR 120
#7(S):約430g/D2
ロフト角/ライ角#2:17.5度/58.3度
#3:20度/59度
#4:23.5度/59.8度
#5:27度/60.5度
#6:30.5度/61.3度
#7:34度/62度
#8:38度/62.8度
#9:42度/63.5度
PW:46度/64.1度
ヘッド素材8620カーボンスチール パールクローム仕上げ
シャフトN.S.PRO 950GH neo
N.S.PRO MODUS³ TOUR 105
N.S.PRO MODUS³ TOUR 120
DG EX TOUR ISSUE
価格(税込)●N.S.PRO 950GH neo/N.S.PRO MODUS³ TOUR 105/N.S.PRO MODUS³ TOUR 120
35,200円

●DG EX TOUR ISSUE
37,400円
公式サイトピン(PING)公式サイト

マッスルバック3位:タイトリスト 718 MB アイアン

タイトリスト 718 MB アイアン

タイトリスト 718 MB アイアン

タイトリスト伝統のMBシリーズの名器です。100%純粋な軟鉄鍛造で、肉厚なバックフェースの美しいデザインが特徴。この厚みが力強いインパクトと飛距離を生み出しています。

2017年9月に発売されてから、現在まで根強い人気を保つマッスルバックアイアンのスタンダードモデル。タイトリスト718MBアイアンは、中古品も多く手に入れやすいので、マッスルバックを試して見たい方におすすめのアイアンです。

メーカータイトリスト(Titleist)/アクシネット ジャパン インク
クラブ名718MB アイアン
長さ(#5)38インチ
総重量/バランス433グラム/D2 (7I AMT TOUR WHITE)
427グラム/D2 (7I N.S.PRO MODUS³ TOUR 120)
ロフト角/ライ角#3:21度/60度
#4:24度/61度
#5:27度/62度
#6:31度/62.5度
#7:35度/63度
#8:39度/63.5度
#9:43度/64度
PW:47度/64度
ヘッド素材軟鉄
シャフトAMT TOUR WHITE(トゥルーテンパー社製)
N.S.PRO MODUS3 TOUR 120(日本シャフト社製)
価格(税込)
公式サイトタイトリスト(Titleist)/アクシネット ジャパン インク公式サイト

マッスルバック4位:スリクソン Z-FORGED アイアン

スリクソン Z-FORGED アイアン

スリクソン Z-FORGED アイアン

スリクソンZ-FORGEDアイアンは、2021年マスターズを制覇した松山英樹選手(契約プロ)が使用したクラブです。女子プロでは勝みなみ選手が愛用して、好成績を上げています。

ソールはV字形で芝との接触を最小限に抑え、抜けがよく、ラフにも強いタイプです。ネックからリーディングエッジとのつながりがストレートなブレードタイプだが、構えやすくインパクトをイメージしやすい設計です。

マッスルバックとしてはヘッドが大きく、打感も柔らかいので、マッスルバックが初めての方におすすめのモデルです。

メーカーダンロップ(DUNLOP)/住友ゴム工業
クラブ名スリクソン Z-FORGED アイアン
長さ(#5)37.75インチ
総重量/バランス●ダイナミックゴールド DST シャフト
#5(S200):422g/D2

●N.S.PRO MODUS3 TOUR 120 スチールシャフト
#5(S):414g/D2
ロフト角/ライ角#3:20度/60度
#4:23度/60.5度
#5:26度/61度
#6:29度/61.5度
#7:33度/62度
#8:37度/62.5度
#9:41度/63度
PW:46度/63.5度
ヘッド素材軟鉄(S20C)
シャフトダイナミックゴールドDSTシャフト
N.S.PRO MODUS3 TOUR 120 スチールシャフト
価格(税込)●ダイナミックゴールドDSTシャフト
6本セット(#5〜9、PW):112,200円
1本(#3、4):18,700円

●N.S.PRO MODUS3 TOUR 120 スチールシャフト
6本セット(#5〜9、PW):118.800円
1本(#3、4):19,800円
公式サイトダンロップ(DUNLOP)/住友ゴム工業公式サイト

マッスルバック5位:ミズノ ミズノプロ118 アイアン

ミズノ ミズノプロ118 アイアン

ミズノ ミズノプロ118 アイアン

ミズノプロ118アイアンは、「受け継がれ進化していく名器の血統」とミズノが自賛するプロシリーズの2017年9月モデルです。世界特許の「グレインフローフォージド製法」やメッキの技術向上により、柔らかく長く響く心地よい打感と安心感を向上させています。

また、ショートアイアンになるにつれてヘッド長を短くして操作性能を向上。スペックでは、シャフトにスチールに加えてカーボンが用意されています。ロングアイアンが苦手な方は、カーボンシャフトを試してみるのも一案です。

メーカーミズノ(MIZUNO)
クラブ名ミズノプロ118アイアン
長さ(#5)37.75インチ
総重量/バランス
ロフト角/ライ角#3:21度/59.5度
#4:24度/60度
#5:27度/60.5度
#6:30度/61度
#7:34度/61.5度
#8:38度/62度
#9:42度/62.5度
PW:46度/63度
ヘッド素材マイルドスチール(S25CM)精密鍛造/1025E
シャフトダイナミックゴールド 120 スチールシャフト
ダイナミックゴールド スチールシャフト
NS PRO MODUS3 TOUR120スチールシャフト
OTi85 カーボンシャフト
MCI 80 カーボンシャフト
Tour AD-75 カーボンシャフト
TS-i カーボンシャフト
価格(税込)●ダイナミックゴールド 120 スチールシャフト
20,900円/本

●ダイナミックゴールドスチールシャフト
20,900円/本

●NS PRO MODUS3 TOUR120スチールシャフト
22,000円/本

●OTi85 カーボンシャフト
28,600円/本

●MCI 80 カーボンシャフト
26,400円/本

●Tour AD-75 カーボンシャフト
27,500円/本

●TS-i カーボンシャフト
23,100円/本
公式サイトミズノ(MIZUNO)公式サイト

マッスルバックアイアンおすすめ機種の価格比較表

マッスルバックアイアン価格
テーラーメイド P7MB アイアン●Dynamic Gold EX TOUR ISSUE
6本セット(5I〜PW):158,400円
単品(#3、#4):26,400円
ピン ブループリント アイアン●N.S.PRO 950GH neo/N.S.PRO MODUS³ TOUR 105/N.S.PRO MODUS³ TOUR 120
35,200円

●DG EX TOUR ISSUE
37,400円
タイトリスト 718 MB アイアン
スリクソン Z-FORGED アイアン●ダイナミックゴールドDSTシャフト
6本セット(#5〜9、PW):112,200円
1本(#3、4):18,700円

●N.S.PRO MODUS3 TOUR 120 スチールシャフト
6本セット(#5〜9、PW):118.800円
1本(#3、4):19,800円
ミズノ ミズノプロ118 アイアン●ダイナミックゴールド 120 スチールシャフト
20,900円/本

●ダイナミックゴールドスチールシャフト
20,900円/本

●NS PRO MODUS3 TOUR120スチールシャフト
22,000円/本

●OTi85 カーボンシャフト
28,600円/本

●MCI 80 カーボンシャフト
26,400円/本

●Tour AD-75 カーボンシャフト
27,500円/本

●TS-i カーボンシャフト
23,100円/本

【Q&A】マッスルバックアイアンについて多い質問

以下では、マッスルバックアイアンについて多い質問・疑問に回答します。

Q&A

  • 試しに1本買うとすればおすすめの番手は何番?
  • キャビティとうまく組み合わせることはできる?
  • 使いこなすのにどのくらいのヘッドスピードが必要?

Q. 試しに1本買うとすればおすすめの番手は何番?

マッスルバックアイアンを試しに1本買うとすれば、真ん中のミドルアイアンを選んで操作性を練習してみる方法が一つ。PWでスピンの効いたアプローチを練習する方法が二つ。できれば二つの方法を同時に試してみてはいかがでしょうか。

マッスルバックは練習してスキルが上がると、操作性能が発揮できます。単品で購入できるモデルや中古品を探してマッスルバックのスイングのコツを手に入れましょう。

Q. キャビティとうまく組み合わせることはできる?

マッスルバックアイアンとキャビティアイアンを組み合わせることは可能です。操作が難しいロングアイアンはキャビティを使い、ピンを狙うミドルとショートアイアンはスピンの掛かるマッスルバックを使っているプロがいます。

マッスルバックの5I~Pをセットで購入して、3番、4番アイアンを同じメーカーのキャビティと組み合わせるコンビネーション。また、中古のフルセットを買って現在のキャビティアイアンと組み合わせてみるのも選択肢の一つです。

Q. 使いこなすのにどのくらいのヘッドスピードが必要?

目安としてドライバーのヘッドスピード43m/s以上がマッスルバックの適応スピードとされています。

男子のアマチュアの平均は40m/s前後ですから、ヘッドスピードがすこし早めのゴルファーなら適応範囲となります。ヘッドスピードが多少遅くても、練習すればヘッドスピードやミート率が上がるので、余り気にせずに試してみてはいかがでしょうか?

マッスルバックアイアンは口コミ・評判も参考に購入しよう

ここまでは、マッスルバックアイアンおすすめ人気ランキングをご紹介してきました。

マッスルバックアイアンを選ぶ際には、実際にマッスルバックアイアンを使用しているゴルファーの口コミ・評判も参考にしてみましょう。使用者によるレビューを確認することで、自分の求める性能や特徴が備わった製品であるかを知ることができます。

またゴルファーの評価・評判だけでなく、実際にゴルフショップへ足を運び、製品知識が豊富なショップ店員さんに自分に合ったマッスルバックアイアンを選んでもらうこともおすすめです。

関連記事