1. TOP メニュー
  2. ツアー速報・関連情報
  3. 復活のタイガー・ウッズ。マスターズ2022初日は1アンダーでフィニッシュ

復活のタイガー・ウッズ。マスターズ2022初日は1アンダーでフィニッシュ

2022/04/08 ゴルフサプリ編集部

痛ましい交通事故の怪我を克服し、タイガー・ウッズがマスターズ2022で復活を果たした。初日を1アンダーでフィニッシュし、パトロンたちからの盛大な拍手と歓声を受けながらホールアウトした。

写真/Masters Official

怪我明けのタイガー、アイアンなら勝負ができる

今シーズン、もしも復活できるのであれば、オーガスタで戦うタイガーの勇姿を見たい!そう思っていたファンは多いはず。そんなファンの期待に応えるかのように、タイガーがトーナメントに帰ってきた。

オーガスタの美しいグリーンに映える、鮮やかなパッションピンクのトップスに身を包んだタイガー・ウッズ。その一挙手一投足に注目が集まる。ショットを放つたび、大きな歓声と拍手が湧き上がる。ドライバーショットは、まだぎこちないところがあるが、アイアンショットの切れ味は十分に“戦えるレベル”と言っていいだろう。

今日1つ目のバーディは6番ホール、189ヤードのパー3。アイアンで放たれたティショットは、これぞベタピン!という素晴らしいショットで、ピン横30cmにつけて難なくカップイン。

8番ホールのボギーは、3打目をグリーンに乗せることができず、グリーン手前にショート。次の4打目も寄せられず、4オン・2パットのボギー。

2つ目のバーディは、左ドッグレッグの13番ホール、510ヤードのパー5。ティショットをフェアウェイ右サイドに運ぶと、2打目は残り206ヤード。これをアイアンでグリーン左サイドにきっちり運んで、イーグルチャンスにつける。イーグルとはいかなかったが、危なげなくバーディを奪った。

14番ホールでもボギーとするが、その後の16番ホールで3つ目のバーディ。池越え、170ヤードのパー3、ここもアイアンのティショットでワンオン。バーディチャンスではあるが、ボールはカップ右斜め手前、8メートルほどの距離を残す。しかし、この長いバーディパットを沈めてガッツポーズ。握りしめた右拳を突き上げるタイガーに、会場のパトロンたちは熱狂、素晴らしい瞬間だった。

こうして、怪我からの復帰戦となったマスターズ2022の初日、タイガーは3バーディ、2ボギーのトータル1アンダーでフィニッシュ。上出来ではないだろうか。明日からのプレーに、おおいに期待が持てるプレー内容だった。

連判を狙う松山英樹は、3バーディ・3ボギーのイーブンでフィニッシュ。こちらもディフェンディングチャンピオンらしい、素晴らしいショットを何度も披露していた。

「タイガーが72ホール歩けるなら、優勝を狙える」フレッド・カプルス

いよいよ7日(木)に開幕するマスターズ。2020年11月のマスターズ以来のツアー競技出場となるタイガー・ウッズについて他の選...

あわせて読みたい

松山英樹のメニューに歴代覇者が感激!「全部をおかわりするつもり」とスピース、ガルシアは100点満点!

マスターズウィークの火曜日夜に開催された恒例のチャンピオンズディナー。はじめての日本人チャンピオンによるディナーに、...

あわせて読みたい

世界のレジェンドが松山英樹の英語スピーチを絶賛!

2022年のマスターズが開幕した。第1組のスタートに先立ち、毎年恒例のオナラリースタートが行われた。名誉スターターはジャッ...

あわせて読みたい
直近急上昇記事

関連記事