1. TOP メニュー
  2. コラム
  3. 飛距離アップには、ヘッドスピード?それともミート率?

飛距離アップには、ヘッドスピード?それともミート率?

もう少しでシングルがシングルプレーヤーになった話

2022/05/17 ゴルフサプリ編集部 もう少しでシングル

ゴルフ

ゴルフブロガーのもう少しでシングルです!飛距離をアップするためには、ヘッドスピードとミート率は飛距離の3要素の初速の構成要素となっているためどちらも重要です。ただ、あくまで私見ですが、即効性と容易さを考えるとヘッドスピードを上げる方が効率的です。

もう少しでシングルがシングルプレーヤーになった話

ゴルフサプリの編集部の方が、私が運営するブログ「シングルプレーヤーへの道は遠い?」をご覧になり、幸運にもこのような記...

あわせて読みたい

初速の構成要素としてヘッドスピードもミート率もどちらも重要!

ゴルフ

飛距離アップにはヘッドスピードとミート率のどちらが重要かという趣旨の記事を私もいろいろ読んできました。記事を作成する立場からすると、二者択一の記事にしたほうが読者の関心をひきやすいし、わかりやすいですよね。

ただ、あくまで私見になりますが、飛距離アップを目指すのであれば、ヘッドスピードもミート率もどちらも重要です。ゴルフにおける飛距離の3要素は、ボールスピード(初速)、打ち出し角、バックスピン量です。お気づきかと思いますが、ヘッドスピードもミート率も飛距離の3要素には入っていません。なお、飛距離の3要素のうち打ち出し角、バックスピン量の計測には、トラックマンなどの弾道測定器が必要なので、今回は初速のみにフォーカスしています。

ガーミン「Approach R10」を野村タケオが試打レビュー!

アマチュアでも「これなら!」と、思わず手を出してしまえるお手頃価格の弾道測定器がGARMINから登場しました! その名も「A...

あわせて読みたい

ヘッドスピードとミート率は、ボールスピードの構成要素です。初速は「初速=ヘッドスピードXミート率」と計算されます。飛距離の3要素のうち、打ち出し角、バックスピン量が一定と仮定すると、初速を上げることで飛距離をアップすることができます。簡易計算になりますが、初速の約4倍がドライバーの推定飛距離と言われています。

例えば、ヘッドスピード40m/sのゴルファーがミート率1.35で打ったとすると、飛距離は下記のように試算できます。

初速54m/s(ヘッドスピード40m/s × ミート率1.35)× 4 = 216ヤード

同じヘッドスピードでミート率を1.40にアップさせることができた場合の飛距離は下記の通りです。

初速56m/s(ヘッドスピード40m/s × ミート率1.40)× 4 = 224ヤード

ヘッドスピードがアップするとミート率が低下すると言われていますので、ヘッドスピード45m/sで、ミート率が1.30の場合の飛距離は下記の通りです。

初速58.5m/s(ヘッドスピード45m/s × ミート率1.30)× 4 = 234ヤード

これらの試算を通しても、飛距離アップにはヘッドスピードとミート率のどちらも重要で、初速を最速化することが飛距離アップにつながることがご理解いただけたと思います。

一般ゴルファーの9割は、長尺にしてもヘッドスピードやボール初速はアップしない!?

先日、世界のゴルフのルールを決めているR&AとUSGAが、パターを除くクラブの長さが46インチを超えてはならないとするローカ...

あわせて読みたい

初速アップのためには即効性と容易さの観点で、ヘッドスピードアップが効率的!

ゴルフ

では、初速をアップさせるために、ヘッドスピードとミート率のどちらを上げるのが効率的かについて考えてみたいと思います。

私見ですが、ミート率を短期間で上げるのはなかなか難しいのではないかと思います。ミート率を上げるには、クラブのスイートスポットに当てることが重要です。でもスイートスポットに当てようとすればするほど、ヘッドスピードも落ちる傾向にあります。たまたまスイートスポットに当てることができたとしても、コンスタントにスイートスポットに当てられるようになるには、相応の練習量が必要になります。しかも、弾道測定器では初速とヘッドスピードを計測し、ミート率は「ミート率=初速÷ヘッドスピード」で計算されています。計測方法からわかる通り、そもそもミート率をゴルファー自身がコントロールすることはなかなか難しいのではないでしょうか。

一方で、私の経験からもヘッドスピードは短期間で上げることができます。私は2020年に2ヵ月弱の期間でヘッドスピードを42m/sから50m/sにアップさせています。しかも、その期間中にハードなトレーニングは特にしていません。JPDA(一般社団法人日本ドラコン協会)がヘッドスピードアップ短期スピードトレーニングを開催しているように、ヘッドスピードアップの方法はある程度確立されています。そのノウハウを知って、練習をすればヘッドスピードを短期間で上げることは可能です。

例えばヘッドスピードが万振りで50m/sにアップすることができれば、ミート率重視でヘッドスピード45m/sで振っても下記のような飛距離が実現可能と試算できます。もともと216ヤードだったのが、243ヤードと27ヤードも飛距離を伸ばすことができます。

初速60.75m/s(ヘッドスピード45m/s × ミート率1.35)× 4 = 243ヤード

ヘッドスピード45m/sで、ミート率を1.40にあげることができれば、252ヤードと試算できます。まずは、ヘッドスピードをある程度アップさせ、その後ミート率アップに取り組む方が飛距離アップを効率的に達成できると思います。

余談になりますが、ミート率の上限値はルール上1.56で、プロゴルファーの平均は1.5程度と言われています。ヘッドスピード40m/sのゴルファーがプロゴルファー並みのミート率1.5で打てるようになっても、初速は60m/sまでしかアップすることができません。

ヘッドスピードは短期間でアップが可能!

2020年のヘッドスピードの推移

このグラフは私の2020年のヘッドスピードの推移です。3月後半に42.4m/sからスタートし、5月にはヘッドスピードが50m/sを越えました。この年の終わりにはヘッドスピードは61m/sまでアップすることができました。なお、ヘッドスピードは練習場で実際にボールを打ちながらユピテルの計測器で記録しています。

実際にボールを打っている証拠がこちら。初速80m/sを初めて達成した時の写真です。

ユピテルの計測器

それでは、私がどうやってヘッドスピードをアップさせたか紹介させていただきます。2020年の夏からはドラコンプロのレッスンを受けましたが、それまではYouTubeでヘッドスピードアップのノウハウを吸収し、練習器具を使ったり、ヘッドスピードアップのドリルを実践しました。具体的な方法はまた別の機会にしますが、それほど難しいことはしていません。

計測器は少なくとも購入する必要がありますが、それほどコストをかけずにヘッドスピードをアップさせることができました。ちなみに、先程紹介したJPDAの飛距離アップレッスンでは、4回のレッスンで過去の受講者のヘッドスピードを平均で6.8m/sアップさせているとホームページに公開されています。

【2022年】ゴルフ用レーザー距離計測器おすすめ人気ランキング20選

ゴルフは、いかに少ない打数でカップに入れるかを競う競技です。そのためには、遠くに飛ばすことではなく、カップへの正確な...

あわせて読みたい

簡単にヘッドスピードを上げることが可能かとまだ半信半疑の方は、ドライバーより重いものを、例えば素振り用のバットを10回万振りしてからドライバーを振ってみてください。ドライバーが軽く感じて、いつもよりも速く振れていることが実感できるはずです。

試しにYouTubeでヘッドスピードアップの動画を検索してみてはいかがでしょうか。これまで受けたゴルフレッスンとは違う内容でけっこうおもしろくて刺激を受けますよ。

それでは、引き続きアマチュアゴルファー目線で役立つ記事を投稿できればと思っていますので、次回の投稿を楽しみにお待ちください。

プロフィール

    もう少しでシングル(ペンネーム)
    東京都内在住の40代のサラリーマンゴルファー。2011年にゴルフを始め、現在のJGA/USGAハンディキャップは7.5。2020年にはヘッドスピードアップにチャレンジし、42.4m/sからスタートし、61.0m/sまでアップ。2020年からシングルプレーヤーになる過程を記録するために、ブログ「シングルプレーヤーへの道は遠い?」を運営。


もう少しでシングルがシングルプレーヤーになった話

前回へ 次回へ

シリーズ一覧へ

ヘッドスピードが上がっても、ボールにパワーが伝わらないと飛距離は伸びない

今回は最近流行りの弾道計測器について。ヘッドスピード(クラブスピード)を気にする人が多いそうだが、ヘッドスピードが上...

あわせて読みたい

トップアマのゴルフ練習法|スピードを維持するには素振りが効果的

今年、シニアの大会に出られる年齢になった飯塚さん。会社勤めでなかなか練習時間が取れないなか、ヘッドスピードを落とさな...

あわせて読みたい
直近急上昇記事

関連記事