1. TOP メニュー
  2. ツアー速報・関連情報
  3. 渋野日向子、ギャラリーの「顔を見られないくらいしんどかったです」見せ場を作るも1打及ばず予選落ち

渋野日向子、ギャラリーの「顔を見られないくらいしんどかったです」見せ場を作るも1打及ばず予選落ち

最終ホールでバーディが予選通過の絶対条件だったが…

2022/05/20 ゴルフサプリ編集部

今週、5月19日~22日、千葉県の袖ケ浦カンツリー俱楽部袖ヶ浦コースで開催の国内女子ツアー「ブリヂストンレディス」に、参戦している渋野日向子。初日は2バーディ、4ボギーのトータル74、2オーバーの67位タイと出遅れ、予選2日目の前半もスコアを2つ落とし、後半に望みをかけた。10番ホールでこの日初めてのバーディを奪い、幸先の良いスタートを切ったが…

長めのパーパットを決め、チップインパーを奪うなど望みをつなぐ

きっちりフェアウェイをとらえた10番パー4のティショット。セカンドショットでグリーンをとらえ、バーディパットを沈め、1つ取り返した渋野。この時点で予選カットラインは2オーバーと予測されていたため、あと1つスコアを縮めなければならない。

11番パー4もフェアウェイ右サイド、ギリギリのところからグリーンをとらえたものの、かなり距離のあるバーディトライは、惜しくも入らなかったが、タッチは良くなってきていると感じさせた。続く12番パー3でも、ピン左サイドにナイスオン。ショットの精度も戻ってきているかのように感じさせ、きっちりとパーをゲット。

これならいけそうと思った矢先の13番パー4ホール。ティショットを左サイドのラフにはずし、クラブ選びを悩みながらも、何とかパーオンさせ、バーディパットはカップをオーバー、1~2メートルのパーパットを残した。パーは確実と思われたのだが、何とこれをはずして、再びトータル4オーバーとしてしまう。

続く14番パー4でもティショットは左のラフへ。そこからグリーン右サイドにはずし、沈んだラフからのアプローチショット。ベタピンにつけられず、万事休すかと思われたが、これを沈めて、パーセーブ。何とか望みをつなぐ。

15番380ヤードのパー4は、この日、3番目に難しいとされたホール。ティショットはドライバーを持たずにフェアウェイに運んだが、セカンドショットでグリーン左奥のラフに打ち込み、自身のショットにイラつく仕草を見せた。さらにアプローチショットも強く入り、ボールは逆サイドのラフへ。再びスコアを落とすのか…と思われたが、ここから見事なチップインパーを決め、やっと渋野らしいプレーをギャラリーに披露した。

16番パー5では、またまたドライバーショットが右方向にすっぽ抜けたかのようなミスで、ギャラリーの中に。フェアウェイウッドでレイアップしたショットは、3打目で狙いやすい理想的な場所に落とせた。そこから、ピンそばにナイスオンさせて、欲しかったバーディをゲット。あと1打縮めれば、予選通過が見えてきた。

17番パー3もバーディが狙える位置にオンさせたが、決められず、最終18番パー5ホールに賭ける形となった。

その18番、ティショットは左のバンカー。ただし、2オンできるホールではないので、きっちりいいところに運び、3打目で寄せれば、バーディも取れる。だが、このショットも自身のイメージより右に出て、4~5メートルを残した。一縷の望みをかけたバーディパットは無情にも左にはずれ、パー。トータル3オーバーフィニッシュとなり、69位タイで予選落ちとなった。

ロッテ選手権で渋野日向子がチャレンジした『直ドラ』って何?

4月13日(水)~16日(土)まで、ハワイ州ホアカレイCCで行われてUSLPGAの試合「ロッテ選手権」では、渋野日向子選手が、韓国...

あわせて読みたい

自身もわかっていたミスの原因。すぐに修正に向けた練習に取り組んだ

試合後の会見では、最終ホールでのパッティングについて「入れたすぎて、引っかけました。アメリカでよくやっていたミスで、やらないように練習をしてきたのに、最後の最後にやってしまいました」と反省点として振り返った。

また、多くのギャラリーの中でのプレーについては「今日はみなさんの顔を見られないくらいしんどかったです。足元が悪い中、高齢の方も応援しに来てくださったのに、良いところを何一つ見せられず悔しい気持ちでしかない。こんな私でも応援してくれる。こんな中でプレーできて幸せだなと思います」と、渋野らしいコメントを出した。

今回の試合内容について「つかめたものはないです。ここで4日間戦って、いい状態でUS(全米女子)オープンに行きたかったのですが、やってきたことを発揮できず、心苦しい1週間になりました」と話し、さらにショットが安定しなかった原因について「単純に体が伸びあがって、右にいったと想像がつきます。それを修正しようと力んで左にもいきました。最終ホール(18番)も左のバンカーに入れてしまいました。どうにもならんかった感じでした」と自身でも分析していた。

今回はティショットの乱れが、すべてに悪影響を与えていた印象は否めない。会見でも話したように、自身もそれは感じていたのだろう。ホールアウト後、ドライビングレンジに渋野の姿があった。ミスの原因をそのままにしない、修正する。予選落ちになったが、練習を欠かさない渋野の姿に「らしさ」を感じた。

次の試合は6月2日からミシガン州のパインニードルズ・ロッジ&GC行われる全米女子オープン。ショットを修正し、再び日本中を沸かせるプレーを届けて欲しい! そう願わずにはいられない。眠い目をこすりながら、日本から声援を送ろう。シブコ頑張れ!と。

マネできそう?!女子プロスイング連続写真動画特集

渋野日向子をはじめ、2020~2021年統合シーズンの女子プロを中心としたスイング連続写真を動画にしてご紹介。 注目や話題に...

あわせて読みたい
直近急上昇記事

関連記事