1. TOP メニュー
  2. HOTニュース
  3. 「CaddyTalk minion」(キャディートークミニオン)は軽くてコンパクト! 名付けて「100切りレーザー距離計測器」!

「CaddyTalk minion」(キャディートークミニオン)は軽くてコンパクト! 名付けて「100切りレーザー距離計測器」!

2024/02/09 ゴルフサプリ編集部

「CaddyTalk minion」(キャディートークミニオン)は軽くてコンパクト! 名付けて「100切りレーザー距離計測器」!

こんなに小さく、軽い距離計測器、あった?

シミュレーションゴルフで有名なGOLFZONから、超小型のレーザー距離計測器が登場。この小ささと軽さ、流行るかもしれないぞ!

写真/ゴルフサプリ編集部

GOLFZONといえばシミュレーションゴルフのメーカーで、インドアゴルフや練習施設で圧倒的シェアを誇る。しかしながら事業のなかであまり知られていないのが距離計測器事業。

昨年リリースされた「CaddyTalk CUBE」はスクエアでお洒落な外装に3点計測システムが搭載されてヒットした。

通常のレーザー距離計測器といえばボールの地点に立って、ピンにレーザーを当てて飛距離を計測するもの。3点計測は例えば、カートに乗ったままボールとピンにレーザーを当てれば別の地点にいながら次に打つ距離がわかるという、とんでもなく便利なシステムだ。

発表会は新製品をイメージしたダンスからスタート!
発表会は新製品をイメージしたダンスからスタート!

今回リリースされたのは「minion」(ミニオン)と(「GOLFBUDDY aim L30」(ゴルフバディー エイム エル30)の2モデルだ。

あのキャラクターを連想させる「minion」は超コンパクトなボディにゴルファーが満足するシステムを詰め込んだモデル。

高低差を考慮した距離を表示する「マジック-スロープ機能」と縦横方式の「Horizon Detectレーザーシステム」、もっとも近いターゲットの距離を表示する「ピンファインダー機能」、そして計測を完了すると振動で知らせる「ジョルト機能」を搭載。

そして100gを切る、99gという軽量化を実現。そう100gを切った「100切り距離計測器」なのだ。ちょうどそのクラスのゴルファーに入門用としてもぴったりかもしれない。

さらにこの専用ケースが秀逸。

距離計測器の世界では0コンマ何秒という測定反応速度で性能のよさを比較することが多い。しかしながらほとんどのモデルが0.1秒になってきており差がつかなくなっているのも事実。それならば「ケースから出して計測スイッチを押すまでの時間を短縮すれば、トータルの計測スピードが速くなるのではないか」という考えから作られたのがこの専用ケースだ。ストッパーを外して本体を抜き取る、まるで銃の早打ちのようだが、確実に速い。

発売は3月上旬、お店で見かけたら試してみて、春のゴルフシーズンまでに欲しいグッズの候補に加えてみてはいかがだろう。

ストッパーを外してケースから「抜く」。計測器を使う時間が短縮できる。
ストッパーを外してケースから「抜く」。計測器を使う時間が短縮できる。
同時に発表された「GOLFBUDDY aim L30」は手ブレ補正機能を搭載した最高級モデル。
同時に発表された「GOLFBUDDY aim L30」は手ブレ補正機能を搭載した最高級モデル。

2024年最新ドライバーおすすめ人気ランキング20選|選び方のポイントも解説!

2024年最新のドライバーおすすめ人気ランキングを発表!ゴルフ初心者・中級者や上級者からも人気の飛ぶドライバー全20クラブ...

あわせて読みたい

【2024年】中空アイアンおすすめランキング15選一覧|比較紹介

この記事では、ゴルファーに人気の中空アイアンおすすめ製品をランキング形式で紹介!やさしく飛ばせる中空アイアンの魅力や...

あわせて読みたい

ピン型パターおすすめ人気ランキング10選|打ち方も解説

この記事では、ゴルファーに人気のピン型パターおすすめ10選をランキング形式で紹介!多くのツアープロが愛用していることで...

あわせて読みたい