1. TOP メニュー
  2. テクニックに効く
  3. スイング作り
  4. アイアンのダフリを解消する超基本|第1回

アイアンのダフリを解消する超基本|第1回

2019/07/25 ゴルフサプリ 編集部

地ベタから打つアイアンは、ティアップして打つドライバーショットと違い、少しのブレが大きなミスにつながってしまうもの。とはいえ、アイアンを使うケースの多くはグリーンを狙う大事なショット。しっかり使いこなさなければスコアメイクはできない! どんなときでも狂わない、正確なショットへ導く超基本を伝授!!

●超基本1重心はカカト寄りに置いて構えるのが正解!
●超基本2:タメよりリリース(解放)を重視するのが正解!
●超基本3:どんなときでも「腕とクラブの角度」を保つのが正解!
●超基本4:左ヒザの位置を保ってスイングするのが正解!


重心はカカト寄りに置いて構えるのが正解!

カカト重心なら体の上下動を抑えながら、体をスムーズに回せる。

まざまなライで、地ベタから打たなければならないアイアンショットでは特に、スイング中の上下動を抑えてスイングすることが、ナイスショットの条件です。それには、構えた時の重心位置をチェックするのが近道です。

重心は足の前後センターよりカカト寄りに置くのがおすすめです。
なぜならツマ先寄りに重心があると、ダウンスイング以降で体が起き上がりやすく、インパクトで上体が突っ込んでダフリなどのミスを招いてしまうからです。

一方、カカト寄りに重心があれば、体の上下動を抑えたまま体をスムーズに回すことができ、構えたとおりの位置にしっかりヘッドを戻すことができ、しっかりミートできるのです。

アイアンが苦手な人の多くは、重心が足の前後センター、もしくはツマ先寄りにあるケースが多いもの。一度構えてから、お尻をグッと後ろに突き出すようにして、重心をカカト寄りに移してみてください。お尻やモモに緊張感が生まれてグッと下半身の安定感が増すのを感じられるはずですよ!

【+αワンポイント】
歩くときもしっかりカカトから!

ラウンド中の移動でも、カカトから足をつくように歩いてみよう。スイング以外の動作時でも重心に意識を向けることで、感覚を体に植え付けることが大切。

深澤 治

シャトレーゼヴィンテージゴルフ倶楽部所属
1962年4月12日生まれ。山梨県出身。1990年プロ入り。成城ゴルフクラブ(東京都世田谷区)とアイリスゴルフクラブ(山梨県甲府市)でもレッスンを行なっている。

取材・文/今泉純子
撮影/相田克己
取材協力/シャトレーゼヴィンテージゴルフ倶楽部(山梨県)

ゴルフ場はお決まりですか?

ゴルフ場予約はこちら

そろそろ新しくしませんか?

新作ウェアをチェック!

ゴルフ場への移動はカーシェア・レンタカーでお得に!

「車をもっていないからゴルフに行けない・・・」そんな悩みを即解決!

5人乗りのミドルクラスも3,800円~で6時間使えるカーシェア・レンタカーなら電車+ゴルフ宅配よりはるかにお得です。

関連記事