1. TOP メニュー
  2. HOTニュース
  3. キャンペーン
  4. 新米プロ“澁澤莉絵留“の女子プロ1年生!頑張ります|第35回

新米プロ“澁澤莉絵留“の女子プロ1年生!頑張ります|第35回

2021/04/09 ゴルフサプリ 編集部

ゴルフトゥデイ 応援企画! と銘打ち、プロテスト前(2019年)から澁澤莉絵留の成長を見守ってきた本企画。2020年、ルーキーとして無事にプロ生活をスタートさせた彼女は、長丁場となった2020-21シーズンを走り抜くべく日々、奮闘中! 20歳を迎え、さらなる進化を遂げる“りえるん”の素顔を、引き続きお届けします。

ヤマハレディースで2021年初予選突破! 4日間試合は相性◎!?

2021年初戦となった「Tポイント×ENEOSゴルフトーナメント」、2戦目の「アクサレディスゴルフトーナメント」ではプレーがかみ合わず予選落ちとなってしまいましたが、3戦目の「ヤマハレディースオープン葛城」でようやく予選突破することができました!

どこがよかったかというと、まず3日間試合だった1、2戦目と違い、今回は4日間試合だったということ。4日間試合はなぜかいつも調子がいいイメージがあり、ショットの調子も登り調子だったのでスタート前から自信がありました。その自信どおり、初日4アンダーの5位タイと好スタートを切ることができ、さらに自信になりました。

ショットで調整したところは、アイアンのボールにあたる角度です。インパクトで少し下からクラブが入っていたので、それを上から入れて直接ボールをコンタクトするイメージに! そうしたら、距離が合わずに悩んでいたアイアンの調子が一気に戻ってきました。それから会場の「葛城ゴルフ倶楽部山名コース」は非常に難しいコースなので、「攻めと守りをはっきりさせる」と決めてコースマネジメントに力を入れたことも好結果に結びついたと思います。

また、パターもいままでで一番好調で、試合におけるスタッツでも、パット数27.75で4番目にランクインすることができました。

加えて、バンカーに入れることも多かったのですが、こちらも好調(笑)。バンカーからでもしっかりと寄せてパーを取れるようになりました! テークバックで手を低く上げることと、ハンドファーストのインパクトを意識するのが、〝砂イチ〟のポイントです。

大会期間中も下半身に重点を置いて、自分でトレーニング頑張ってます(笑)。ますますパワーアップした姿をお見せしていきますので、引き続き応援よろしくお願いします♪


澁澤 莉絵留
しぶさわ りえる
(清水建設)
2000年12月24日生まれ。群馬県太田市出身。
2019年プロテスト合格。
160㎝、60kg。A型。ゴルフ歴:9歳~。
沖学園高校卒業。


新米プロ“澁澤莉絵留“の『女子プロ1年生! 頑張ります』

34回へ(前回) 36回へ(次回)

一覧

実力派美人アマ“澁澤莉絵留”の『いざ!! プロテスト挑戦!!』

シリーズ一覧

関連記事