1. TOP メニュー
  2. レディース
  3. レッスン
  4. ミスショットが続いた時は、スイングよりもアドレスを疑え!!

ミスショットが続いた時は、スイングよりもアドレスを疑え!!

吉本 舞の“ゴルフ上達の近道”を教えちゃいます! 第7回

2020/12/12 ゴルフサプリ 編集部

ゴルフがあっという間にうまくなれるコツを、吉本舞がわかりやすくレッスンするシリーズ。今回のテーマはグッドショットを量産するためのアドレスの作り方。「大事なポイントはいろいろありますが、とくに骨盤前傾と両ヒジの締まり感覚が重要です」と吉本。アドレスの姿勢の改善だけで上達が一気にスピードアップするケースも多いそうだ。

バランスのいいアドレスの姿勢は「骨盤前傾」と「両ヒジの締まり」がカギ!!

背中のラインに沿って骨盤を前傾させて下半身を安定させよう

多くのアマチュアゴルファーはスイング中のカラダの動きはすごく気にするのに、アドレスの姿勢には案外無頓着です。アドレスはクラブを正しい軌道で、気持ちよく振るための準備姿勢。つまりアドレスの善し悪しでスイングが決まってしまうようなものなんです。プロたちは調子がおかしくなったり、ミスショットが続いたりすると、真っ先にアドレスをチェックします。ミスの原因の7〜8割がアドレスのエラーによることが多いからです。

アドレスの基本を説明しましょう。上体を前傾させて構えることはだれでも知っていますが、前傾姿勢の作り方が肝心です。クラブがスムーズに振れていない方のアドレスを見ると大抵は棒立ちになっています。腰が立って背中が丸くなった構えです。これでは下半身に安定感がないため、スイング中に足腰がよろけてしまいやすいんです。またボールから離れすぎて前傾姿勢が深すぎる構えもよくありません。

大事なのは骨盤を前傾させること。背中のラインに沿って骨盤も少し前に傾けましょう。頭のてっぺんからお尻までがきれいに伸びて見えるような体勢です。前傾姿勢の作り方としては両足を肩幅くらいに広げて直立の姿勢になり、腰の前にクラブを水平に当ててクラブをお尻の方向に押します。お尻を後ろに引きながら、両モモのツケ根から上体を折り曲げて、両肩から両腕を自然に下げます。そして最後に両ヒザを軽く曲げてアドレスの完成です。重心はツマ先側にもカカト側にも偏らないようにして、足裏の全体で地面に圧をかける感じで構えましょう。これで下半身が安定しやすくなりますよ。

バランスのいいアドレスを作るには、背中のラインに沿って骨盤を前傾させて構えることが重要なポイント。
骨盤が立った棒立ちの構え(左)やボールから離れすぎた構え(右)ではいけない。
直立の姿勢になり、腰の前にクラブを水平に当てよう。そしてクラブを押しながらお尻を後ろに下げ、背中と一緒に骨盤が前傾させるといい。
クラブを真上に持ち、上体を前傾させてクラブヘッドを地面まで下ろそう。下ろすときは腕とクラブの角度をキープすることだ。

両ヒジを締めて肩と手首を柔軟に使えるような構えを作ろう

アドレスでもう一つ心がけて頂きたいのは両ヒジを締めておくこと。背すじを必要以上に伸ばしたり、胸を張ろうとしたりすると両肩が上がって両ワキがあいてしまいがちです。自分では正しい姿勢で構えたつもりでも、このように上体が力んでいる人も多くいます。クラブを真上に上げて、そのまま真っすぐ下ろしましょう。両肩の力を抜くと両腕が胸に乗ったところで自然に止まるポジションが必ずあります。そして腕とクラブの重さで両ワキが勝手に締まりますよね。このときの両ヒジが下を向いた状態が両ヒジの締まり感覚なんです。

クラブが自然に止まったポジションから上体を前傾させてクラブヘッドを地面に下ろしましょう。よく言われる「両肩と両腕の三角形」が自然に作られますが、クラブヘッドを地面に下ろすときは両腕とクラブの角度が変わらないようにすることです。つまり手首を使わずに、上体の前傾だけでアドレスの姿勢を作るのです。これはボールとカラダの間隔を適切に保つためであって、クラブを下ろすときに手首を伸ばしたり深く曲げたりするとボールの近くに立ちすぎたり遠くに立ちすぎたりすることになります。

アドレスの姿勢を作ったら、素振りを数回繰り返してみてください。両ヒジを締めておいて、肩と手首の関節を柔らかく使ってスイングするのが大切なポイントです。アドレスで作られた両肩と両腕の三角形をキープして振る感じが体感できるでしょう。三角形キープは両腕をガチガチに固めるのではなくて、両ワキをほどよく締めて両ヒジが自然に締まった状態で肩と手首をスムーズに稼働させるということです。両ワキがあいて両ヒジを左右に張り出したような構えでは肩も手首も硬くなり、クラブがスムーズに振れませんから注意してくださいね。

クラブを真上に上げて真っすぐ下ろすと腕が胸に乗ったところで自然に止まるポジションがある。ここで両ワキが適度に締まってくる。
このポジションから上体を前傾させればアドレスが完成。両ヒジが下を向いて締まり感覚が生まれる。
両ヒジの締まり感覚があれば肩や手首が柔軟に使えてクラブがスムーズに振れる。
両ワキがあいて両ヒジを左右に張った構えはNG。上体が力んでしまうことにもなる。
肩や手首が硬くなるため、クラブを気持ちよく振ることができない。

最後に動画でチェック

クラブを立ててから真っすぐ下ろすと両ワキが自然に締まり、両ヒジにも締まり感覚が生まれる。こうすると肩や手首が稼働しやすい。

※動画はBGMが流れますので音量にご注意ください。

吉本 舞
よしもと・まい/佐賀県出身。USLPGA Teaching&club professinaの資格を取得。ゴルフの楽しさを多くの方に伝えたく、敏腕カリスマコーチ森守洋に師事。現在は東京ゴルフスタジオ(三鷹市)で多くのアマチュアをレッスン。一人一人の悩みに寄り添い、丁寧でわかりやすい指導で大人気。Instagramにてゴルフレッスンやゴルフウェアコーディネートなど更新中。@maiyoshimoto_

取材・文/三代 崇
写真/富士渓和春
協力/武蔵丘ゴルフコース



【吉本 舞の“ゴルフ上達の近道”を教えちゃいます! 】
←「握る形」よりも大事な「握り圧」教えます!
バックスイングに悩んだら! 「フォロードリル」ですぐに解決!!→

Vol.6(前回)へ Vol.8(次回)へ

シリーズ一覧へ

関連記事