1. TOP メニュー
  2. スコアに効く
  3. 練習方法
  4. ドライバーの飛距離不足の原因「右足に体重残ってない?」の解消法を教えます!

ドライバーの飛距離不足の原因「右足に体重残ってない?」の解消法を教えます!

セリザワメソッドを継承|広瀬祥代が“ミスの一発解決法”を教えます! ミスの原因&練習法がすぐにわかる! VOL.4

2020/12/03 ゴルフサプリ 編集部

芹澤信雄率いる『チームセリザワゴルフアカデミー』の紅一点のティーチングプロ、広瀬祥代。親切でわかりやすいレッスンで、年齢性別を問わず多くのゴルファーに人気。その広瀬がドライバーからパターまでのミスの解決法をレッスン。ミスの原因に応じた対策法が明確になれば悩みを一発解消、ゴルフがどんどんうまくなる。どんな練習をしたらいいかわからないゴルファーも必見だ!

トップでいったん姿勢を低くすれば、力感が生まれて飛距離が伸びる!!

飛ばないと悩む人は、フィニッシュが右足体重になっていないかをチェック

ドライバーショットで気持ちよく飛ばせたら、ゴルフの楽しさ倍増ですよね。年齢性別を問わずゴルファーの誰もが「飛ばしたい!」と思うのも当然のこと。ところが現実にはドライバーの飛距離が伸びないと悩んでいる方が多数いらっしゃいます。ドライバーが飛ばない原因は人それぞれですが、下半身の力をうまく生かせていない方が案外多いように見受けられます。バックスイングで体重が右足に乗る。そして、ダウンスイング以降は体重が左足に乗る。こうした体重移動が使えていないんです。

飛ばしたいという気持ちが強く働くと、腕や手の動きに意識がいってしまいがち。カラダの回転をしっかり使うことよりも、とにかくクラブを速く振ろう、ボールを思い切り叩こうなどと考えてしまうんですね。するとどうなるかというと、バックスイングで体重が右足にしっかり乗り切らないうちにクラブを振り下ろしてしまいやすい。つまり、打ち急ぎです。体重が中途半端に右足に乗った状態でクラブを振り下ろすと体重を左足に移動することができません。飛距離不足に悩む人は、「明治の大砲」と昔からよくいわれる右足体重のフィニッシュになっていませんか?

バックスイングで体重がしっかり右足に乗らないうちにダウンスイングを始めると、体重が右足に残ってしまう。
バックスイングの捻転不足や、明治の大砲型のフィニッシュが飛距離不足を招く原因となるケースが多い。

トップでカラダを沈めて静止させる練習で、打ち急ぎのクセを解消できる

バックスイングでは「右向け右」の要領で胸を右に90度回しましょう。体重が右足にしっかり乗って下半身を踏ん張った状態で深い捻転を作り、トップで少し間を置いてからダウンスイング。これが飛距離アップの一番のコツです。

そこでトップのポジションへとクラブを上げたら、その体勢のままで両ヒザを軽く曲げて上体を少し屈ませていったんストップ。重心を下げることで下半身の踏ん張り感覚が生まれますし、上体の捻転からくるカラダの張りが感じられます。腕や手には力を入れなくても構いません。このカラダの張りが飛ばしのパワーに直結するんですよ。トップで両ヒザを少し曲げていったん静止してからボールを打ちましょう。カラダの捻り戻しのパワーがボールに効率よく伝わることがよくわかります。

何が大事かというと、切り返しで急がないことなんです。バックスイングでクラブを上げるリズムやテンポには個人差があって、バックスイングのスピードが速い人がいれば、スピードがゆっくりの人だっています。でもゴルフの上手な人は、みんな切り返しでは急いでいません。自分なりの「間」というものがあって、ダウンスイングの始動のタイミングが整っています。自分の間があるから、トップの位置からスイングを始めてもボールがうまく打てるんですね。止まっているボールに向かって、クラブを慌てて振り下ろしても損するだけです。トップでいったん姿勢を低くして打つ練習で、飛ばしのコツをつかんでくださいね。

バックスイングで胸を右に90度回して上体をしっかりと捻転しよう。
トップの体勢のままで上体を少し沈めたら、いったんストップ。
アドレスからトップまでの動きは通常のスイングでOK。
重心を下げることで下半身にドッシリ感覚が生まれてくる。
両ヒザを軽く曲げて、「間」を置いてから打つ練習で打ち急ぎを解消できる。
トップでカラダの張りを感じてからボールを打つ。体重が左足にスムーズに移動し、バランスのいいフィニッシュへと振り抜ける。
カラダの捻り戻しのパワーをボールに効率よく伝える感覚がつかめる。
フィニッシュまでしっかり振り切ることが飛距離アップの近道だ。

最後に動画でチェック

トップで姿勢を低くしてストップ。その体勢でボールを打とう。

※動画は音声が流れますので音量にご注意ください。


広瀬祥代
ひろせ・さちよ/茨城県出身。社会人になってゴルフと出会い、魅力と楽しさを知ってインストラクターへの道を目指す。2011年にライセンスを取得し、現在はチームセリザワゴルフアカデミーで幅広くレッスン活動を展開している。セリザワメソッドでレッスンスキルをさらに向上中。

取材・文/三代 崇
写真/相田克己
協力/太平洋クラブ御殿場コース



広瀬祥代が“ミスの一発解決法”を教えます!ミスの原因&練習法がすぐにわかる!

 第3回(前回)へ 第5回(次回)へ

【シリーズ一覧】
●第1回:プッシュ系スライスはドライバーのハーフスイング練習で即効矯正!
●第2回:プルスライスは「右ヒジが下」のバックスイングを重点練習で修正!
●第3回:チーピンは体重移動を体感できるステップドリルで一発解消!
●第4回:トップでいったん姿勢を低くすれば、力感が生まれて飛距離が伸びる!!
●第5回:ハイティアップ打ちドリルなら入射角が安定して、芝の上からでもグッドショットを連発できる!
●第6回:右ヒジ固定スイングドリルでインパクトの打点が安定! ダフリもトップももう出ない!!
●第7回:クローズスタンスドリルでフェースの開きを解消! これでシャンクがすぐに止まる!!
●第8回:ビュンビュン素振りをやる! これだけで不思議なくらい真っすぐ打てるようになる!!
●第9回:アプローチのチャックリは「右手打ちドリル」で徹底修正!!
●第10回:アプローチのトップは”すくい打ち”が原因! 修正はダウンスイングは「左向け左」でOK!

関連記事