1. TOP メニュー
  2. HOTニュース
  3. キャンペーン
  4. インテストLX-032|通称“タラコ”が大ヒット! 7年後には4人に一人が使用

インテストLX-032|通称“タラコ”が大ヒット! 7年後には4人に一人が使用

商品開発はドラマ!!!|今だから言える驚きのストーリー[第4回]

2021/05/03 ゴルフサプリ 編集部

ゴルフメーカーの商品開発におけるドラマチックな業界裏話をメーカー勤務経験のフリーライター・嶋崎平人が語る連載企画。今回はインテストLX-032が主役のストーリー。
GOLF TODAY本誌 No.587/68ページより

アマチュアが苦手なロングアイアンの設計を発売の2年前には特許申請

色も形もこれまでになかったのなので注目度は抜群、プロを始めアマチュアにもその飛びとやさしさが大受けした。

アマチュアが苦手なロングアイアンの設計を発売の2年前には特許申請

当時の企画担当で現在株式会社プロギアのプロ担当、中村好秀氏はリモートで取材に応じてくれた。

株式会社インツから1988年にゴルフ史上に残る大ヒット商品「インテストLX-032」が発売された。この商品名を聞いて、ピンと来るゴルファーは少ないと思う。通称「タラコ」である。株式会社インツは今までにない新しい発想のこのアイアンを売るために設立された会社で、母体はPRGRの横浜ゴムである。なぜ「タラコ」と呼ばれるようになったか。その当時の企画担当で、現在株式会社プロギアのプロ担当・中村好秀氏と広報宣伝グループの川越洋志氏にお話を伺った。

1988年9月に発売された「インテスト」シリーズのアイアンは、これまでのアイアンセットがショートからロングまで同じ素材、同じ考えで一律的に直線的に設計されていたのに対し、ロング、ミドル、ショートの各アイアン別に最適な素材、デザイン、構造をもったクラブとして開発された。ロングアイアンLX-032#1〜5は飛ばすために複合カーボンヘッド、ミドルアイアンMX-031#4〜7は狙うために中空ステンレスヘッド、ショートアイアンSX-031#8〜SWはピンに絡ませるためにステンレスヘッドで、シャフト長さや重量も工夫されていた。販売もこの14本の中で好きな番手だけを買えるシステムで、LXは1本42000円であった。

開発は、アマチュアにとっては苦手なロングアインをどのような設計にするかがポイントであった。当時はロングアイアンをやさしくするためには中空構造が主流であったが、開発陣がよりやさしくするため、ヘッドのラージ化、低重心化、低スピンのために複合カーボン構造を採用した。基本的なコンセプトは横浜ゴムの開発が考え、商品化するにあたりクラブ設計家の竹林隆光氏の力を借りながら形状やスペックを仕上げていった。特許を調べると、基本的コンセプトは、1986年に実用新案昭和63-102463「アイアンクラブセット」として出願されている。商品発売の2年前であり、かなり前から取り組んでいることが分かる。

広報宣伝グループの川越洋志氏には商品コンセプトや発売までのいきさつを語ってもらった。

男子プロの使用率アップ大橋巨泉の一言で大ブームに!

当時、商品のカラーを決めるのは横浜ゴムのスポーツ企画部商品企画の5名で、中村氏もその一人であった。デザイナーが考えてきたLX-032の最初の試作品の色はグレーであった。ギア=武器のイメージで、アマチュアの武器となるとの考え方であった。グリーン系、イエロー系などを試す中で形状が「タラコみたいじゃない」との発想で赤系の色も試作された。ただ、社内では「タラコ」という言葉は使われず、PRGRの当時のロゴカラーは黄色がかった赤(金赤)であり、ゴルフ売り場やPRGR商品にない色で、ゴルフ場の緑に映える反対色の赤系ということで最終決定した。この時点でタラコ色の商品は完成したが「タラコ」はまだ生まれていない。ちなみに商品名のインテストLX-032の番号は開発番号がそのまま商品になっただけで、032に深い意味はなかった。インテスト(INTEST)はINTEGRAL(全体の総合に欠くことのできない)、INTEGRATE(総和)、ESSENTIAL(必須の)、ESTABLISH(確立)の意味を総合した造語で、「異なる特性の個の集団がすぐれた全体を生む」ことを意図したものであった。

商品が完成し、試打会を実施すると今までロングアインが打てなかった人が、「球がこんなに上がる」と打てた喜びで高評価であった。しかし、商品企画で決定したタラコ色は不評で、中村氏も「やっちゃたかな。」「ダメかな。」と思ったが、性能評価が高く色を変えるまでには至らなかった。
「タラコ」はいつ生まれたか。男子ツアーにも持ち込み、9月に開催されたジュンクラシックで当時の契約プロが試合で使用した。その色、形状からスポーツ紙に「新兵器タラコ」と報じられた。「タラコ」の誕生である。

そのクラブの飛びとやさしから男子ツアーでも使用する選手が増えてきた。#2でキャリー240ヤードを飛ばした。「タラコ」の愛称がついたことで商品が一躍有名になり、さらに翌年、TV番組でゴルフ好きの大橋巨泉さんが「ここはタラコの5番で打ちました。」とコメントして、全国的に一気に知名度が上がった。
「タラコ」はブームとなり生産現場でも多量受注に商品供給が追い付かず、2〜3カ月待ちの状態が続いた。人員が足りず営業部隊が「タラコ」を生産していた平塚工場に駆り出される状況であった。

さらに、その独自の宇宙人をイメージしたインパクトのある広告ビジュアルで、ゴルフ場入口に設置されている巨大な広告ボードも掲出され、夜道でのヘッドライトに照らされて「怖い」とか「通学途中の子供が怖がる」などの苦情も寄せられるなど、別の意味でも話題となった。
「タラコ」は発売から2年で15万本以上を販売、7年後の市場調査でもアマチュアの4人1人が使用する息の長いヒット商品となった。もしあの時、別の色にしていたら「タラコ」ブームは訪れなかったかもしれない。

かなり斬新なビジュアルが印象的だった。過去の広告から引用。
最初のコンセプト実用新案の昭和63-102463は発売の2年前にすでに特許申請されていた。


取材・文/嶋崎平人


商品開発はドラマ!!! 今だから言える驚きのストーリー
←ゼクシオ
S2H2アイアン→

Vol.3(前回)へ Vol.5(次回)へ

シリーズ一覧へ

関連記事