1. TOP メニュー
  2. HOTニュース
  3. キャンペーン
  4. 新米プロ“澁澤莉絵留“の女子プロ1年生!頑張ります|第38回

新米プロ“澁澤莉絵留“の女子プロ1年生!頑張ります|第38回

2021/07/08 ゴルフサプリ 編集部

ゴルフトゥデイ 応援企画! と銘打ち、プロテスト前(2019年)から澁澤莉絵留の成長を見守ってきた本企画。2020年、ルーキーとして無事にプロ生活をスタートさせた彼女は、長丁場となった2020-21シーズンを走り抜くべく日々、奮闘中! 20歳を迎え、さらなる進化を遂げる“りえるん”の素顔を、引き続きお届けします。

自己ベストフィニッシュ、またまた更新しました♪ ドライバーの復調がカギ!

5月19〜のステップ・アップ・ツアー「ツインフィールズレディーストーナメント」から、レギュラーツアーも含めてオープンウィークなしで毎週出場させていただいていて“連戦更新中”なのですが、6月29日〜のステップ・アップ・ツアー「SkyレディースABC杯」では、自己最高位も更新することができました!

この試合はステップ初の4日間競技という記念すべき大会だったのですが、もともと4日間競技は相性のよい私。今回も4日間という長丁場を生かして、粘り強く戦うことができました! というのも、初日2アンダーの70で4位タイと好発進できたのですが、2日目2オーバー、3日目1オーバーとスコアを落とし6位タイで最終日を迎えることに。その最終日に4アンダーを叩き出すことができ、4位タイに順位を戻してフィニッシュできたんです!!

こうして自己最高位をマークすることはできましたが、実は、調子的にはドライバーがあまりよくない状態で迎えた試合でした。なぜかヘッドを上げる位置がしっくりこなくて、毎日試合の中で少しずつ変えながら対処するような感じで……。本当なら動画でチェックしたいところでしたが、ステップではキャディさんがつきっきりではないので練習場で撮影することも難しく、、、自分の感覚とイメージで調整していました!

最終日に4アンダーが出せたのは、どうにかこうにか地道な調整が実り、ドライバーがよくなったことが要因かなと思っています。この週、アイアンはいつも以上によかったので、フェアウェイから打つことさえできればほとんどバーディチャンスにつけることができていて、最終日はがっちり噛み合って結果を出すことができました。

それから2日目には2位に入ったリハナちゃんと一緒に回ったのですが、アプローチがすごく上手なので、ラウンド中、ずっと彼女のアプローチを見ながらお勉強(笑)! そのおかげで3、4日目はアプローチもチップインするぐらいよくなり、これも好成績の一因だと思っています。

SKYレディースカラーの、スカイブルーのウェアもとても好評でした!

大会期間中はホテルについているトレーイング施設で毎日20〜30分ほどトレーニングしていました! 疲れてくると体がふわふわしてくるので、下半身にいつでも力が入るように鍛えています!

大会終わりには、大好きで勝負飯でもあるたこ焼きやさんに寄りました♪ 知り合いの方のお店なので、なんとたこ焼き焼き体験まで(笑)。やっぱり本場関西のたこ焼きは美味しかったです!!

ともかく、この週は今まで出た試合の中で一番優勝が間近に感じられた試合でもあり、ますます優勝したいという気持ちが強くなりました。次戦からもチャンスがきたらしっかりつかめるように、ますます練習頑張ります!!


澁澤 莉絵留
しぶさわ りえる
(清水建設)
2000年12月24日生まれ。群馬県太田市出身。
2019年プロテスト合格。
160㎝、60kg。A型。ゴルフ歴:9歳~。
沖学園高校卒業。


新米プロ“澁澤莉絵留“の『女子プロ1年生! 頑張ります』


37回へ(前回) 39回へ(次回)

一覧

実力派美人アマ“澁澤莉絵留”の『いざ!! プロテスト挑戦!!』

シリーズ一覧

関連記事