1. TOP メニュー
  2. ゴルフギアにお悩み
  3. ゴルファーのポテンシャルを引き出す3つの「B」|ブリヂストンゴルフ Bシリーズ ドライバー

ゴルファーのポテンシャルを引き出す3つの「B」|ブリヂストンゴルフ Bシリーズ ドライバー

2022/01/07 ゴルフサプリ 編集部

ゴルファーのポテンシャルを引き出す3つのB

数多くのゴルフギアの中から、アナタのゴルフを進化させてくれるスグレモノや要注目の新製品を紹介します。 今月のイチ推しは……ブリヂストンゴルフ Bシリーズ ドライバーだ!

GOLFTODAY本誌595号/168〜169ページ

ゴルファーのポテンシャルを引き出す3つの「B」|ブリヂストンゴルフ Bシリーズ ドライバー

最適な球のつかまりで最高の飛びを提供

最新のドライバーはヘッドの慣性モーメントが大きく、芯を外したミスヒットでも「曲がらずに飛ぶ」設計となっています。しかし、より正確に言えば「インパクトでフェースが向いている方向に対して曲がらずに飛ぶ」となります。
 
つまり、インパクトでフェースが左を向いていれば、左へ真っすぐ、右を向いていれば右へ真っすぐ飛ぶということです。つまり最新のドライバーは目標方向に対して、スクエアにインパクトすることが重要ということです。

ヘッドの重心位置や慣性モーメントによってスイング中のフェースターンのスピードや量は変化するため、ヘッドとゴルファーとの相性でスクエアにインパクトしやすいかどうかが変化します。ブリヂストンのBシリーズドライバーはここに着目。各種の調整機能に加えて、3タイプをラインナップすることですべてのゴルファーがスクエアにインパクト出来るものを選べるようになっている。

さらに、フェースの反発力を高めるテクノロジーやカーボンコンポジットで、すべてのゴルファーのポテンシャルを引き出して飛ばすドライバーとなっています。

すべてのゴルファーの飛ばし力を開放するBシリーズ

スライサーからフッカーまで幅広くカバー

今では、複数モデルを用意して、球のつかまり加減を選べるラインナップは普通になりつつありますが、Bシリーズドライバーは守備範囲の広さが圧倒的です。球のつかまり控えめモデルとつかまりやすいモデルでここまで大きく差を付けたシリーズは見たことがありません。

プロや上級者に比べてアマチュアは、スライスにしてもフックにしても曲がり幅が極端に大きくなります。今まで、どうしてもちょうどいいつかまりが得られなかった、という人でもBシリーズなら必ず見つかるはずです。

B2|クラブの機能性で右曲がりを大幅に軽減

多少フックフェースにはなっていますが、その見た目を遥に超える球のつかまりです。普通に打てば自然とドローがかかります。意識的にスライスを打とうとしてもほとんど曲がりません。スライサーにオススメ。

●ヘッド体積/460㎤
●ロフト/9.5、10.5度
●長さ/45.25インチ 
●シャフト/Diamana BS50(R、SR、S)他
●価格/7万7000円

B1|ニュートラルなつかまりを調整機能でカスタマイズ

3機種中、中間の球のつかまりですが、適度な球のつかまりを持たせています。ヘッド後部のウェイトの調整で、球のつかまりと高さがかなり変化しますのでほとんどの人はB1にマッチするはずです。

●ヘッド体積/460㎤
●ロフト/9.5、10.5度
●長さ/45.25インチ 
●シャフト/Tour AD BS-6(S)他
●価格/8万2500円~

B-Limited  B1|最も球のつかまりを抑えたプロトタイプ

球のつかまり控えめというより、球のつかまりを抑えたモデルになります。元々はプロ向けのプロトタイプのようなので、ハードヒッターが思い切り叩いても、つかまり過ぎず、吹き上がらないモデルです。

(カスタム専用モデル)
●ヘッド体積/460㎤
●ロフト/9.5度
●長さ/オーダー対応 
●シャフト/Tour AD BS-6(S)他
●価格/8万2500円~

NEW SP-COR(サスペンションコア)

チタンとポリマーを組み合わせたパーツでフェースを裏側から支え、フェースの高初速エリアを大幅に拡大。更なる飛距離性能を追求している。

パワーミーリング

微細なミーリング加工で無駄なスピンの発生を抑制。センター、トウ側、ヒール側で粗さを変えることで、ミスヒット時の直進安定性も向上する。

ブーストパワーテクノロジー

ハニカムストリング内蔵のカーボンクラウン、ヘッド内部のパワースリットと本体剛性の最適化で、効率よくヘッドを撓ませ高初速、高打ち出しを追求。

アジャスタブルカートリッジ3.0

ヘッド後方に装着された9gのウェイトのポジションを変えることで、重心アングルの調整が可能。最適な球のつかまりが得られる。

関 浩太郎

関 浩太郎
(せき・こうたろう)
1974年生まれ、茨城県出身。アメリカで最新のゴルフ理論を学びながらミニツアーを転戦。帰国後はゴルフスタジオ「SEKI GOLF CLUB目黒」を主宰。多くのアマチュアゴルファーのサポートを行い、様々なゴルフメディアでも活躍している。

協力/SEKI GOLF CLUB 目黒

野村タケオがブリヂストン「B1/B2ドライバー」を試打レビュー!

みなさんこんにちは。ゴルフバカイラストレーターの野村タケオです。JLPGAは終盤になり古江彩佳プロの活躍が素晴らしいですね...

あわせて読みたい

【2021年】ゴルフボールおすすめ20選!飛ぶ/スピン系の人気ランキング

ゴルフボールおすすめ人気ランキングを発表!飛距離が出やすい「ディスタンス系」、スピンがかかりやすい「スピン系」、ディ...

あわせて読みたい

ブリヂストン ドライバーおすすめ4選|価格・スペック徹底比較

世界的に有名なタイヤメーカーとして知られるブリヂストン。ゴルフに関しては、1970年代のゴルフボール生産に始まり、クラブ...

あわせて読みたい

関連記事