1. TOP メニュー
  2. HOTニュース
  3. 国内ニュース
  4. シャンク敗戦にも森田遥が動じない理由

シャンク敗戦にも森田遥が動じない理由

ニチレイレディスで2位!

2022/06/20 ゴルフサプリ編集部 小川淳子

写真は2022年ダイキンオーキッドレディス時のもの(写真/相田克己)

優勝目前で自滅して負けたニチレイレディスの森田遥だったが、意外にも終了後にはサバサバした様子を見せた。

「すごく自信になりました」と胸を張った森田

西村優菜に1打差単独首位で迎えた15番の第2打が大シャンク。テレビ解説をしていた服部道子が思わず「何かありましたかね」と口にしたほど大きく右に飛んだボールは林に入り、このホールボギーでバーディーの西村に逆転された。

バーディを重ねていた勢いがここで止まり、逆に勢いづいた西村に3打差2位に終わった。

ゴルフのシャンクとは? 2大原因と直し方を解説

ラウンド中、いきなり出てしまう「シャンク」。しかも、一度出るとなかなか止められずにスコアを大きく崩してしまうこともあ...

あわせて読みたい

手からするりと零れ落ちたのは、2017年北海道meijiカップ以来、5年ぶりとなるツアー2勝目。悔しさに言葉を失ってもおかしくない場面だが、森田は自分をきちんと分析した。「(シャンクは)今、取り組んでいることを一生懸命やろうとし過ぎてという感じです」と口にした。

2019年に一度、シードを落とし、そこから這い上がってきた森田が、これほど達観できているのにははっきりとした理由がある。この時、きちんと自分と向き合う時間を持ったからだ。

ナショナルチームに所属していたアマチュア時代から全速力で走り続け、「朝起きると『ここはどこ?』みたいなことがしょっちゅうありました」という多忙さで、自分を見失いかけていた。シードを落とし、コロナで2020年の序盤戦がなくなったことで、その状態を抜け出し、自問自答することができた。

何度もゴルフをやめたいと考えたが、やめたところで自分には他に何もないことにも思い至った。「臨んでもこのステージに行けない人がたくさんいるのもわかっていました」と、自分に課せられた責任も感じていた。

こうして、一度立ち止まったことで、自分の足で歩きだすことを覚えた。コーチや両親などに導かれるままに歩んできた道を、初めて自分の目で見て。恐る恐る踏み出したのだ。

それまで恐れていた失敗も、時には必要なことも理解した。「ゴルフは人生の中の一つ」と、思い切ることができたのが何より大きかった。クラブ、スイング、メンタル、すべてを自分で考えるところから立て直し、昨年の開幕戦では優勝争いを繰り広げた。その延長線上に、今がある。

「自分らしいアップダウンのあるゴルフだったけど、久しぶりに優勝争いみたいなことができてすごく楽しかったです。この位置でしか味わえない雰囲気とかシチュエーションとかあるので、それはすごく自信になりました」と胸を張った森田。誰もが目を見張った大シャンクでの負けも、糧にするに違いない。

阿河 徹コーチが森田遥&金田久美子&塩見好輝に教えたゴルフスイング向上ドリル

常に選手の近くで好不調を管理し、自身の持つ知識を惜しむことなく伝え、選手が誰よりも信頼をおくプロコーチ。今回はプロコ...

あわせて読みたい

西村優菜のアイアンスイング連続写真【2021年アース・モンダミンカップ】

精度の高いドライバーショットが強みの西村優菜のアイアン連続写真。2020-21シーズンは20年に1勝、21年に3勝を挙げてツアー通...

あわせて読みたい
直近急上昇記事

関連記事