1. TOP メニュー
  2. HOTニュース
  3. キャンペーン
  4. 松山・ケプカも賛同、ゴルフを通じて社会貢献し続けるアスリートの思い

松山・ケプカも賛同、ゴルフを通じて社会貢献し続けるアスリートの思い

SDGsとゴルフ|第13回

2022/08/06 ゴルフサプリ編集部

SDGs

SDGsとは、Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略称。2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標であり、17のゴール・169のターゲットから構成されている。

アスリートがSDGsについて、自身の思いを書いているWebページがある。ダンロップのSDGsページだ。契約する松山英樹、ブルックス・ケプカも、「持続可能な未来のために」行動するダンロップの趣旨に賛同。自身の思いを語っている。

GOLF TODAY本誌 No.602/117ページより 写真提供/住友ゴム工業(株)

多くのアスリートの思いが掲載されたダンロップのSDGsページ

松山英樹もブルックス・ケプカもSDGsに賛同。社会に意見を述べるアスリートが増えている

「分かち合った感動が、私たちの未来を変えていく」。テレビCMの中で広瀬すずがスポーツについて話した言葉だ。「どんな世界になっても、スポーツは、私たちを夢中にさせる」という語りから始まったこのCMは、コロナ禍でスポーツの意義が問い直されている時期とも重なり話題になっている。

子供たちの健全な育成、地域コミュニティの活性化、社会貢献、国際親善、さらには経済発展など、スポーツを通じて社会をより良くしようという動きが活発になってきている。そんな時代の流れの中で、「スポーツ選手はスポーツだけをしていれば良い」という価値観が根強い日本でも、社会に対して様々な意見を発信するアスリートが増えてきた。

自然環境とゴルフの素晴らしさをつなげてゆくために(松山英樹)

松山英樹選手

松山英樹選手

「地球に元気を届ける。未来に行動を示す」というダンロップの趣旨に賛同したのは松山英樹。下記のようにコメントを掲載している。

「ゴルフの魅力のひとつは、すがすがしい陽の光や風、芝の緑といった素晴らしい自然のなかで、老若男女問わず誰もが平等に、健康に末永く楽しめることです。100年先の未来に向け、次の世代にも自然環境とゴルフの素晴らしさをつなげてゆくために、地球に対して出来ること、自分たちに出来ることから、皆さんと一緒に、始めましょう!」

日本人には不可能とまで言われてきたマスターズの優勝を成し遂げた松山選手。その言葉には影響力がある。「100年先の未来に向け」、「皆さんと一緒に、始めましょう」という呼びかけに共感してくれるファンが増えることが望まれる。

今までも様々な社会貢献を行ってきた日本のゴルフ界

ブルックス・ケプカ選手

ブルックス・ケプカ選手

日本のダンロップフェニックストーナメントで2016年、2017年と連覇をするなど、日本のゴルフファンにも馴染み深いブルックス・ケプカ。松山と同様、ダンロップに賛同している。ダンロップのSDGsページに掲載されたコメントには、「ダンロップフェニックストーナメントでは、大会を通じた様々な募金活動など地元宮崎のために30年近くも社会貢献活動を継続されており、素晴らしいこと」と書かれている。

メジャー4勝を誇り、世界中でトーナメントに出場してきたケプカにとっても、素晴らしい取り組みと思えたようだ。ダンロップフェニックストーナメントだけでなく、大会を通じて社会貢献活動を実施している日本のトーナメントは多い。社会におけるスポーツの意義が改めて問い直されている今こそ、この継続してきた取り組みをさらに発展させていくべきだろう。

アスリートを支える企業も真摯な取り組みを実施

ダンロップのSDGsページ

アスリートを支えるスポーツ関連企業も真摯な取り組みを実施している。今回取り上げたダンロップはビジョンとして、『「2030年までに商品包装材におけるプラスチック半減」に向けた活動。「2050年までにサステナブル原材料比率100%」究極のボールの実現にチャレンジ。常にスポーツ界の持続可能な未来に思いを馳せ、行動するチームの輪を広げていきます』と宣言。すでに様々な取り組みを実施している。
また、松山、ケプカ以外にも賛同したアスリートが多くの意見を寄せている。ぜひ一度、チェックしてみて欲しい。

【ダンロップのSDGsページ】
https://sports.dunlop.co.jp/sdgs/


北村 収
1968年東京都生まれ。ゴルフ雑誌(ALBA)編集部、ゴルフダイジェスト・オンライン メディア部門に所属後、2011年に株式会社ナインバリューズを設立。ゴルフ分野を中心に、取材・執筆・編集からソーシャルメディア、web、Eコマースの企画運営まで総合プロデュースを手掛ける。


タイガーや松山英樹もパット練習で使ってる? アームロック式パターを野村タケオが検証!

最近、注目度が高まっているような気がするアームロック式パター。米国の学生ゴルファーの間では、使用者がけっこう多いらし...

あわせて読みたい

ダンロップ スリクソン X3|この春、イチ推し最新GOLFギア

2022年の最新モデルの中でも特にオススメのゴルフギアを二木ゴルフの店員さんたちが厳選。二木ゴルフ・南町田店の店長、山口...

あわせて読みたい
直近急上昇記事

関連記事