1. TOP メニュー
  2. スコアに効く
  3. 1メートル以下のショートパットを絶対入れるには?

1メートル以下のショートパットを絶対入れるには?

2022/09/15 ゴルフサプリ編集部

バーディパット、パーパット、ボギーパット、どんなパットであろうが絶対沈めたいショートパット。ところがいざ直面すると、そう簡単にはいかない。クラブフィッターでありプロコーチでもある関浩太郎に今回指南してもらうのは、この厄介なショートパット。絶対入るテクニックを学ぶ。

写真/相田克己

ヘッドを真っすぐ引いて真っすぐ出せば入る

「OK!」まではいかないイヤらしい距離のショートパット。結論から先に言うと、ヘッドを真っすぐ引いて真っすぐ出せば入ります。

ではどうやるか? ヘッドの軌道が真っすぐでもフェースが開閉していてはマズいですし、フェースが真っすぐ動いても軌道がインサイド・アウトやアウトサイド・インでもうまくいきません。ということで、課題は軌道がほぼ真っすぐでフェース面も開閉しないようにストロークるすることです。

手を使わずに肩だけでストロークする

ポイントはズバリ肩の動かし方。手首とヒジはひたすらロックしておきます。グッと力を入れて動かないようにしておいても構いませんから、とにかく手首と両ヒジの曲がり角度が変わらないようにしておきましょう。

なぜそうするかというと、手を使わずに肩だけでストロークしたいからですが、ここで気をつけてほしいことがあります。肩はショットでも動かしますが、その場合はヨコ回転になります。パットでショット同様に肩をヨコに回すとフェース面が開閉し、軌道もイン・トゥ・インがキツくなります。

【2022年】アームロックパターおすすめ6選|構え方・打ち方も!

この記事では、ゴルファーに人気のアームロックパターおすすめ製品を紹介!また、アームロックパターを使うメリットや構え方...

あわせて読みたい

肩をタテに回転させて打つ

ですからパットでは肩をタテに回転させます。胸にクラブをあて、できたら垂直の壁や柱に正体して立ってください。そしてパットのように構えたら、テークバックとフォローでグリップエンドが垂直に上下しているかチェックしてください。毎日1分やればどなたでもできるようになります。

こうするとフェース面、軌道とも真っすぐ動きます。はじめはやっているつもりでもヨコ回転が入りやすいので、両ワキにクラブを挟んだままグリップエンドを意識してストロークしましょう。もちろんこれはショーパットに限った話ではありません。肩のタテ回転で打てるとロングパットの方向性もよくなります。

大本研太郎 考案 究極のパター練習器・爆誕!!「ゴルフトゥデイ11月号」に付いてくる!!

ゴルフトゥデイ11月号(2022年10月5日発売)特別号に多機能パット練習器が付いてくる! パッティングのレッスンには、特に定...

あわせて読みたい

15年連続でベストスコア達成者は年間100人以上!

試打解説/関浩太郎
(せき こうたろう)1974年生まれ、茨城県出身。アメリカで最新のゴルフ理論を学びながら、ミニツアーを転戦。帰国後、クラフト技術を学んだ後、「SEKI GOLF CLUB目黒」を主宰。多くのアマチュアゴルファーのサポートを行い、さまざまなゴルフメディアでも活躍している。
関浩太郎 GOLFTV

90を切るために必要・大事な技術は、たったの3つだけ!

15年連続で、レッスンしたゴルファーのベストスコア達成者が年間100人以上!という実績を持つ関浩太郎が、スコア90の壁を切る...

あわせて読みたい

なんとなくで選んじゃダメ!パターの適正長さは前傾角度とヒジの曲げ方でほぼ決まる

いま使っているパターの長さを知っているだろうか? ほとんどの人は把握していると思うが、その長さが自分に適しているかど...

あわせて読みたい
直近急上昇記事

関連記事