1. TOP メニュー
  2. コラム
  3. 「優勝できたのは、パターイップスのおかげかも…」セキ ユウティン 初優勝の舞台裏

「優勝できたのは、パターイップスのおかげかも…」セキ ユウティン 初優勝の舞台裏

セキ ユウティン 特別インタビューVol.2/2「メンタル編」

2022/10/14 ゴルフサプリ編集部 真鍋雅彦

セキ ユウティン,優勝,ゴルフ5

肉体&スイング改造を行い、満を持して挑んだ2022シーズン。しかし、序盤戦は思ったような結果が出なかった。6月末の「アースモンダミンカップ」まで、10試合に出場して5試合で予選落ち。その原因は何だったのか? また、それをどうやって克服したのか?
写真/相田克己、圓岡紀夫 聞き手・文/真鍋雅彦

「飛距離アップが優勝の原動力」セキ ユウティン 初優勝の舞台裏

9月に開催された「ゴルフ5レディス」で国内ツアー初優勝を飾ったセキ ユウティン。17年から国内ツアーに参戦。その美貌と愛く...

あわせて読みたい

ショットの調子は上々、不安要素はパッティングだけだった

セキ ユウティン,優勝,ゴルフ5

――肉体だけでなく、スイングも改造して、「今年はいける」という気持ちで2022年シーズンに臨んだと思いますが、序盤はなかなか結果が出なかったですね。

セキ そうなんです。ドライバーやアイアンの調子は良かったのに、パッティングが全然ダメで。一番ひどいときには30センチぐらいの距離でも手が動いてくれなくなりました。

――それはパターイップスというやつですね。原因に心当たりは?

セキ ファイナルQTの最終日、少しでも順位を上げなければというプレッシャーから手も体も震えて動かなくなったんです。その場はなんとか凌いだんですが、それ以降、パッティングの構えに入るとそのときのことを思い出してしまって。おそらくその影響が、シーズンに入ってからも出てしまったと思います。

――もともとパターは得意だったんですか?

セキ 自分では得意だと思っています。パッティング練習は好きだし、それなりに自信もありました。人に聞いた話では、得意な人ほどイップスになりやすいそうです。

セキ ユウティン,優勝,ゴルフ5

――どのように克服されたんですか?

セキ 最初のうちは早く直したいと焦ったのですが、メンタルのコーチのアドバイスもあって、少しずつでも前に進んでいくことを考えました。例えば今日は20回余計なパットをしてしまったけど、明日は18回、次の日は16回というように少しずつでも回数が減っていけばいいかなと。それと、うまくいったパッティングだけをメモしておいて、そのストロークを思い出すようにしました。

――思い通りにいかなかったプレーは忘れるようにしたわけですね。

セキ そうですね。いいプレーだけを思い出せば、自分が上手くなったように感じますからね(笑)。実際にラウンドでパッティングをするときも、良かったプレーを思い出しながらやりました。

セキ ユウティン,優勝,ゴルフ5

――やはり気持ちの問題なんですね。

セキ そうみたいです。そして克服するためには、逃げていてはダメみたい。コーチからも、「現実を直視して、少しずつ改善していこう」といわれたので、イップスと真剣に向き合いました。

――克服するのにどれくらい時間がかかったんですか?

セキ 2カ月くらいですね。「早く直って良かったね」と思われるかもしれませんが、シーズン中ということもあったので、私にとってはとても長くて辛かったです。しかもショットの調子が良かっただけに、本当に悔しかったです。

――その2カ月間は、パッティング練習ばかりしていたのですか?

セキ いえいえ、いつものようにショットの練習もいっぱいしました。ショットの調子を落とさないようにして、「イップスが直れば、すぐに優勝争いをするぞ」という気持ちで練習をしていました。

――常に前向きな気持ちを忘れずに、ということですね。

セキ それが良かったのかもしれません。

セキ ユウティン,優勝,ゴルフ5

――パターイップスを克服したことで、メンタル力もアップしたのでは?

セキ そう思います。パッティングだけでなく、ショットでも悪いプレーは全部忘れるようにして、いいプレーだけを頭のメモリーに記録する。そういう作業を続けていると、いつもいいイメージでプレーができ、ミスもそれほど気にならなくなりました。

――「ゴルフ5レディス」の最終日も出入りの激しいゴルフでしたが、常にいいイメージを持ってプレーされていたんですね。14番でボギー、15番でOBを打ってダブルボギーになったときは、見ているこちらのほうがドキドキしましたけど。

セキ もちろん、ミスをした瞬間は「やっちゃった」って思いましたよ(笑)。でもすぐに気持ちを切り替えることができました。

――そして16、17番では連続バーディー。プレーオフ1ホール目でもOBを打ちましたがそのホールをボギーで切り抜け、2ホール目は見事にバーディーで激戦を制しました。

セキ 本当に気持ちの切り替えが上手くいったと思います。以前だったら、ガタガタと崩れていたでしょうね。

セキ ユウティン,優勝,ゴルフ5

――その精神力は今後の試合にも生きてきそうですね。

セキ 「あの苦しみを乗り越えられたのだから」という思いはありますね。優勝争いのプレッシャーは、「それほど大変なことじゃない」とまではいいませんが(笑)、今ではどんなときでも自分のプレーができそうな気がします。そういう意味でもパターイップスを経験して、本当に良かったと思っています。

――この度はありがとうございました。今後の活躍にも期待しています。

セキ こちらこそありがとうございました!これからも応援よろしくお願いします。

セキ ユウティン 特別インタビューVol.1/2「飛距離アップ編」

直近急上昇記事
真鍋雅彦氏

真鍋雅彦氏

1957年、大阪生まれ。日本大学芸術学部卒業後、ベースボール・マガジン社に入社。
1986年に退社し、フリーライターとしてナンバー、週刊ベースボール、ラグビーマガジン、近代柔道などで執筆。

ゴルフは、1986年からALBAのライターとして制作に関わり、その後、週刊パーゴルフ、週刊ゴルフダイジェストなどでも執筆。現在はゴルフ雑誌、新聞などで記事を執筆するほか、ゴルフ書籍の制作にも携わっている。

美女ゴルファーのセキ・ユウティンがインスタで大人気

日本ツアーで活躍する日本人以外の選手も、SNSで情報を発信中!中でも日本生まれの中国人美女ゴルファー、セキ・ユウティンの...

あわせて読みたい

ツアー有数の難コース「オークビレッヂ」で初Vのユウティン。過去のデータと徹底比較!

セキ・ユウティンが初優勝を飾ったゴルフ5レディス。会場のゴルフ5カントリーオークビレッヂは難易度の高さで知られるコース...

あわせて読みたい

関連記事