1. TOP メニュー
  2. テクニックに効く
  3. 飛距離
  4. アドレスで右肩の下りすぎに注意!スイングの軸が傾く原因になってるかもよ

アドレスで右肩の下りすぎに注意!スイングの軸が傾く原因になってるかもよ

進化する技術「私流」トーナメントにおけるプロのコメントからテクニックを深掘り!VOL.19

2024/05/17 ゴルフサプリ編集部

西郷真央

今季の開幕戦で2位に入った西郷真央。昨年の後半戦から調子を取り戻し、伊藤園レディスで優勝したことは記憶に新しい。その後、米女子ツアーのQスクールも通過し、今季は米女子ツアーを主戦場とする。調子を取り戻した背景の一つに、持ち球をフェードからドローに変えたことがあった。果たして、どのような点に注意していたのだろうか。

GOLF TODAY本誌 No.623/116〜117ページより
文/山西英希 撮影トーナメント/2022TOTOジャパンクラシック、2024ダイキンオーキッドレディス 撮影/相田克己 

右肩の下がりを抑えて持ち球をドローに変更

西郷真央

スイング軸を右に傾けないように、アドレスではあえて左肩を下げる動作を取り入れた

昨年の途中までフェードボールを持5球としていた西郷真央。ところが、シーズン中に寝違えてしまい、首に負担がかからないスイングを模索した結果、以前持ち球にしていたドローボールに戻すことにしたという。

西郷真央  「寝違いが頻繁に起き、首痛がなかなか治らなかったのが大きいですね。ドローはジュニア時代の持ち球でしたが、プロに転向後もインテンショナルに打つならフェードよりもドローのほうが打ちやすく、スムーズに移行できました」

その西郷がドローボールを打つ際に気をつけているのが、体の軸が右に傾き過ぎないことだ。

西郷真央  「正面から自分のアドレスを見た時、上半身が右に傾いていないことをチェックしていました。疲れてくると、右肩が下がり、軸が傾くからです。その結果、左への曲がりが大きくなるので、アドレスで左肩を下げる動作を取り入れ、軸の傾きを押さえました

軸の傾きがなければ、スイング軌道も安定し、自分の打ち出したい方向へボールを放つことができたという。
また、ドローボールを打つ場合、クラブフェースでボールをしっかりとつかまえる動きが必要となる。「練習によってその動作を自分の中に取り入れることができました」と西郷。インパクト前からフォロースルーにかけてリストターンを行いながら、開いたフェースを閉じることで、ボールに自然なドロー回転を与えている。

今季開幕戦のダイキンオーキッドレディスでのドライビングディスタンスを見ると、251・00ヤード(6位)を計測。昨年よりも6ヤード近く伸びている。この飛距離なら米女子ツアーでも十分に戦えるはずだ。

2022年のスイング

フェードを打っていた22年はアドレスで右肩が下がっていた。スタンスも狭く、バックスイングでは右足に体重を移動しながら体を捻転。ダウンスイングでも右肩を下げたままクラブを下ろしていた。フォロースルーでもそれほどリストターンを行っていなかった。

2024年のスイング

アドレスでの両肩の高さはほぼ同じ。アドレスでの頭の位置を変えずに、体の軸を中心に上体を捻転。ダウンスイングでも右肩を下げることなくクラブを下ろす。インパクトからフォロースルーにかけてリストターンを行うことで、ボールをしっかりとつかまえている。


【進化する技術 私流トーナメントにおけるプロのコメントからテクニックを深掘り!】

前回を読む

シリーズ一覧へ

90切りまであと1歩! スコア80台を出すために半年間、絶対やるべきこととは?

半年後に80台ゴルファーにどうしてもなりたいと思ったら、どんな練習をしますか?アプローチやパターが課題であれば、ゴルフ...

あわせて読みたい

160ヤードのパー3ホールで最も乗る確率の高いクラブは?|HS40m/sで160ヤード打てるクラブはたくさんある

皆さんこんにちは。おぐさんです。今回は、編集部からのお題がテーマです。「ヘッドスピード40m/sでアベレージ90台のゴルファ...

あわせて読みたい

残り100ヤード、何番で打ってる? 52度でフルスイングしている人は今すぐやめて!

毎年たくさんの新しいギアがデビューするゴルフマーケットで自分に合った一品を選ぶのは至難の業。噂に流され手を出したら大...

あわせて読みたい