1. TOP メニュー
  2. 検索結果:進化する技術「私流」トーナメントにおけるプロのコメントからテクニックを深掘り

検索結果:進化する技術「私流」トーナメントにおけるプロのコメントからテクニックを深掘り記事一覧

稲見萌寧は昨シーズン、スイング改造を4回実施「下半身が回り過ぎていることに気がついた」

23年のTOTOジャパンクラシックで優勝し、5年連続優勝を飾った稲見萌寧。ただ、メルセデス・ランキングは16位と不本意な成績に終わった。その原因は度重なるスイング改造により、ショットの安定感を失っていたこと...

2024/02/18

昨年2勝を挙げた青木瀬令奈のパターに施されたチューニングとは?試合ごとにパターを替えている理由は何?

昨年、自身初の年間2勝を挙げた青木瀬令奈。その原動力は、1ラウンド当たりの平均パット数が1位というパッティングにある。聞けば、試合によってパターを替え、打ち方も変えているとのこと。青木独特のパッティン...

2024/02/17

福田真未の飛距離と精度はなぜ上がった?それは「ハイッというリズムで上げる感覚です」

過去8年間でシード落ちしたのがわずかに一度という福田真未。今季も優勝こそないがトップ10入りが6度、予選通過が26試合と安定した成績を残している。好調の理由は、スイングの始動を少し速く行なうようにしたこ...

2023/12/23

ツアー屈指の飛ばし屋!竹田麗央は271.3ヤードを記録してドラコン女王に!なんでそんなに飛ばせるのさ?

今季はメルセデス・ランキングでも上位をキープし、来季の初シードもほぼ手中にしている竹田麗央。ツアーでも屈指の飛ばし屋であり、今年の「住友生命Vitalityレディス東海クラシック」では、2日目終了後に行われ...

2023/12/15

ツアー初勝利を果たした小滝水音!ドライバー並みの幅広スタンスのパッティングは「横峯さくらさんのマネです」

大東建託・いい部屋ネットレディスでツアー初優勝を飾った小滝水音。2日目に27パット、最終日に25パットとチャンスをことごとくものにしたことが勝利につながった。そのパッティングスタイルは独特で、特にドライ...

2023/11/14

永峰咲希のパーオン率がアップ!「8〜9割の力で130ヤード飛ばせると、125ヤードが打ちやすくなる」

今季は優勝こそないものの、単独2位などトップテン入りが5回ある永峰咲希。昨年はトップテン入りが一度しかなかったことを考えると、復活ぶりを感じさせる。その理由として、ここ数年よくなかったパーオン率の数...

2023/10/07

トータルドライビング1位に輝いた桑木志帆はドライバーからアイアンまで全部ドローからフェードに変えた でも、どうやって?

ブリヂストンレディスオープン以降、トップテン入りが4回と調子を上げている桑木志帆。メルセデス・ランキングでもトップテン入りを狙える位置にいるが、好調の理由は球筋を変えたことにある。なんとドライバーか...

2023/09/11

最少ストロークとなる24パットを記録した後藤未有の、ちょっと変わったストロークをマネてみる!

18年の日本女子オープンで8位に入り、ローアマを獲得して一躍脚光を浴びた後藤未有。古江彩佳や西村優菜、吉田優利らが揃うミレニアム世代の1人でアマチュア時代から注目度が高かった。プロ転向2年目の昨年はメル...

2023/08/07

昨シーズン賞金ランク2位の西村優菜は"カットボール"で微妙な距離を調節し、ピンを狙う!米女子ツアー上位も狙う!

昨シーズンは国内女子ツアーで1億5000万円近くの賞金を稼ぎ、賞金ランキング2位に入った西村優菜。今季から主戦場を米女子ツアーに移しているが、渡米前の国内女子ツアーでは開幕から2戦に出場し、どちらもトップ...

2023/06/29

昨年より飛距離が7.43ヤード伸びて風にも強い球になった!渡邉彩香が臨んだスイング改善

ツアー屈指の飛ばし屋と言われながら、ドライビングディスタンス1位のタイトルとは縁がなかった渡邉彩香。本来のポテンシャルを生かしていないとも言えるが、今季は6戦を終えた時点で1位(256.65ヤード)にいる。...

2023/06/05

永井花奈が取り組んだ、インパクトゾーンを長くする新しいスイングとは?連続写真で解析

20‐21年シーズンに3年間守ってきた賞金シードを手放したものの、22年はメルセデスランキングで14位に入り、見事シード選手として復活。今季は6年ぶりのツアー優勝を目指す永井花奈。実は昨年から持ち球をドローか...

2023/05/04

ドローからフェードに変更!ヘッドカバーを使った、小祝さくらのスイング修正方法

18年以来4シーズン連続で賞金ランキングトップテン入りの安定感を見せている小祝さくら。その間、8勝を挙げており、その実力は誰しもが認めるところだ。昨年も球筋をドローボールからフェードボールに変更したに...

2023/04/03

快挙を達成した川﨑春花は、パッティングのアドレスで指4本分近づいて立っていた?!

昨年、ルーキーながら公式戦の日本女子プロゴルフ選手権を含む年間2勝を挙げ、メルセデスランキングでも15位に入った川﨑春花。JLPGA明治安田生命新人賞も獲得し、今季はさらなる飛躍が期待される。川﨑のよさは...

2023/03/05

記録ラッシュとなった山下美夢有の正確なショットは、スイングリズムを修正していた

LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップで優勝し、2023年5勝目を飾った山下美夢有。メルセデスランキング1位のタイトルだけでなく、日本人史上初の平均ストローク60台、年間獲得賞金額の更新など、記録ラッシ...

2023/01/31

パッティングの精度が上がったという上野菜々子に、好影響を及ぼした教えとは

青木瀬令奈からラインの読み方やタッチの合わせ方を教わったことでパッティングの精度が上がったという。ラインを漠然と読むのではなく、どこから曲がり始めるのかを見極め、そこに対してタッチを合わせるように...

2023/01/10

「スイング軌道よりもスタンスの向きを変えた方がいい」勝みなみのショットの精度がアップした訳とは?

日本女子オープン最終日に68をマークし、逆転で大会2連覇を飾った勝みなみ。3日目にティショットを連続して左ラフに打ち込んだ際、スイングの異変に気がついたという。勝の場合、今年からオープンスタンスに構え...

2022/12/06

原英莉花が試しているニュースイングとは?真っ直ぐ飛ばすためのテクニックを解説!

今季は開幕戦からなかなか調子が上がらなかった原英莉花だが、「CAT Ladies」から3試合連続でトップ10入り。その要因は、「大東建託・いい部屋ネットレディス」から試しているニュースイングにあった。ダウンスイ...

2022/11/09