1. TOP メニュー
  2. テクニックに効く
  3. スイング作り
  4. トミー・フリートウッド × ローリー・マキロイのスイングを連続写真で解析|ブレないアイアンは右手で作る!!

トミー・フリートウッド × ローリー・マキロイのスイングを連続写真で解析|ブレないアイアンは右手で作る!!

連続写真「世界の名手、マネるならココ!」|トミー・フリートウッド × ローリー・マキロイ編

2019/07/15 ゴルフサプリ 編集部

切れ味鋭いアイアンショットを放つ本場PGAツアーのトッププロたち。体格もパワーもアマチュアの参考になりそうもない……。「いや、アイアンの精度を上げるのに誰でも学べるポイントはあります。それは右手の使い方」と森守洋プロは言う。さあ、連続写真でチェックしてみよう!

今回はトミー・フリートウッドと、ローリー・マキロイのスイングを森守洋プロに解説してもらう。

●連続写真「世界の名手、マネるならココ!」
タイガー・ウッズ編
トミー・フリートウッド × ローリー・マキロイ編
ブライソン・デシャンボー編
ブルックス・ケプカ × ダスティン・ジョンソン編
ジョーダン・スピース × ジャスティン・トーマス編
マット・クーチャー × トニー・フィナウ編
リッキー・ファウラー編

トミー・フリートウッド × ローリー・マキロイのスイングのポイント

右手の使い方で腰の動きが変わる

2人とも身長180㎝未満で、巨漢ぞろいの米ツアーでは小柄な部類になりますが、飛距離はトップクラス。共通項は腰のターンの速さと、それに合った右手の使い方です。

腕と肩の三角形を崩さずに振り上げていくところはソックリ。ただし、トミーはダウンで腰が左にスライドしてからターン、ローリーはその場ですぐにターンします。いずれも振り遅れないのは、右ヒジをスッと下ろし、一気に右腕を伸ばしていくからです。

トミーは右サイドが下がり、インからシャローにインパクト。左肩を止めずに抜いているので、ドロー系になります。

ローリーは右サイドが高いまま、胸の向きが入れ替わるので、ヘッドが上から入るフェードになります。

トミー・フリートウッドのスイング連続写真

トミー・フリートウッドのスイング連続写真①
トミー・フリートウッドのスイング連続写真②
トミー・フリートウッドのスイング連続写真③

トミー・フリートウッドのスイング連続写真④

トップから右ヒジを真下に下ろすことでヘッド軌道がシャローになる。ここから腰をターンし、一気に右腕を伸ばして、曲がりの少ないドローを打つ。

ローリー・マキロイのスイング連続写真

ローリー・マキロイのスイング連続写真①
ローリー・マキロイのスイング連続写真②
ローリー・マキロイのスイング連続写真③

ローリー・マキロイのスイング連続写真④

鋭い腰のターンに合わせ、右ヒジを体に引きつける。胸の向きの入れ替えとともに右腕を伸ばして打つので、ヘッドが上から入る。

→次回へ続く

解説/森 守洋
陳清波に師事してダウンブロー技術を学び、独自のスイング論を構築。男女ツアープロのコーチングを行うとともに、最新スイング研究を継続中。

GOLF TODAY本誌 No.565 52〜67ページより

ゴルフ場はお決まりですか?

ゴルフ場予約はこちら

そろそろ新しくしませんか?

新作ウェアをチェック!

ゴルフ場への移動はカーシェア・レンタカーでお得に!

「車をもっていないからゴルフに行けない・・・」そんな悩みを即解決!

5人乗りのミドルクラスも3,800円~で6時間使えるカーシェア・レンタカーなら電車+ゴルフ宅配よりはるかにお得です。

関連記事