1. TOP メニュー
  2. HOTニュース
  3. キャンペーン
  4. N.S.PRO 950GH|スチールシャフトの良さをもう一度認知して欲しい! その一念で取り組む

N.S.PRO 950GH|スチールシャフトの良さをもう一度認知して欲しい! その一念で取り組む

商品開発はドラマ!!!|今だから言える驚きのストーリー[第10回]

2021/11/08 ゴルフサプリ編集部

N.S.PRO 950GH|スチールシャフトの良さをもう一度認知して欲しい! その一念で取り組む

ゴルフメーカーの商品開発におけるドラマチックな業界裏話をメーカー勤務経験のフリーライター・嶋崎平人が語る連載企画。今回はN.S.PRO 950GHが主役のストーリー。
GOLF TODAY本誌 No.593/68ページより

スチールシャフトの良さをもう一度認知して欲しい! その一念で取り組む

N.S.PRO 950GH|スチールシャフトの良さをもう一度認知して欲しい! その一念で取り組む
今やアイアンシャフトではスタンダードと言っていい商品となったN.S.PRO 950GH。20年経っても愛されるという類まれな逸品といえる。

カーボンシャフト台頭にストップをかけるべく軽量、薄肉の設計をしフレックスの概念も変えて取り組む

ドライバーのシャフトは現在100%カーボンシャフトが使われている。一方、アイアンのシャフトは現在でもスチールシャフトが主流である。この流れを作ったのが1999年発売された日本シャフトの軽量スチールシャフトN.S.PRO 950GHである。

90年代アイアンシャフトは当時全盛の尾崎将司がカーボンシャフトを使い、カーボンシャフトが主流となる流れであった。N.S.PRO 950GHの登場でこの流れが一気に変わった。このシャフトがどのようにして生まれたか、日本シャフトの営業部営業2課主査でカタログ、広報も担当している栗原一郎氏にお話を伺った。

栗原氏は2004年入社で営業に配属された。学生時代、日本大学の学部ゴルフ同好会に所属し、女子ツアーで1年間、岡本綾子プロのキャディや小林浩美プロのキャディもやっていた。入社後は女子ツアーのプロ担当も経験、プロの要望もよくわかっている。

N.S.PRO 950GHの開発は、当時の池田正和社長の号令で1998年に始まった。カーボンシャフト全盛時代であったが、これに対抗し日本シャフトのお家芸であるスチールシャフトをもう一度ゴルファーに使ってもらいたい。そのためには120グラム前後が一般的であったスチールシャフトで、「100グラムを切る軽量スチールシャフトを」という確固たるポリシーを固めた。

また、97〜98年頃プレシジョン社のライフルシャフトが流行り、まだスチールはいけるのではという信念もあった。開発担当は当時の開発課長の岩瀬政仁氏であった。スチールシャフトの強度やフレックス基準は、120グラムのものがスタンダードで、この基準を満たしながら、軽量スチールシャフトを造ることに取り組んだ。目標としたのは90グラム。強度とフレックスを満足させるためには、シャフトの内径を大きくする方法で試作してみると、こん棒のように不格好で、ゴルフメーカーやゴルフ工房の関係者に見せると「ゴルフシャフトをなめているのか」「使い物にならない」との厳しい評価であった。

こうした問題を解決するために、既存のフレックス概念を変え、従来基準よりワンフレックス軟らかい基準でシャフトを造ることを考えた。スチールシャフトのフレックス概念を変えるには、当時の営業などがスチールシャフトはこうあるべきだとの固定概念があり、大きな抵抗があった。

ただ、スリムな軽量スチールシャフトを造るためには避けては通れなかった。

さらに、薄肉にしても粘りがあり、強度のある材料の開発は欠かせなかった。日本シャフトの親会社はバネで有名な日本発条であった。そのため鉄鋼材料メーカーとの結びつきが強く日新製鋼と共同開発した靭性と強度を両立したNSGS8655V(特許)を使用した。この2つを組み合わせてフローキックポイント設計の軽量スチールシャフトN.S.PRO 950GHが完成した。

N.S.PRO 950GH|スチールシャフトの良さをもう一度認知して欲しい! その一念で取り組む
開発ストーリーを語ってくれた栗原一郎氏。日本シャフトの営業部営業2課主査でカタログ、広報も担当している。

プロでも使えるグレイト・ヒットなスチールシャフトは4300万本のヒット商品に

新製品の発表は1999年の2月に開催されたゴルフフェアの会場である。開発に取り組んで1年余りの短い期間で開発できたのは、日本シャフトのスチールシャフトの技術の蓄積の賜物であった。試打評価は「球が上がる。飛距離が出る。カーボンシャフトと遜色がない。」と高評価であった。

また、当時のカーボンシャフトは「飛んだり飛ばなかったり」のバラツキがあり、軽量で安定性に優れた軽量スチールは、特に女子プロに受け入れられた。開発の岩瀬氏はこうした評価を受けて「とにかく感激の一言しかなかった。やっと形にできたと思った」とのことで、それだけ苦労していたことがわかる。

N.S.PRO 950GHの商品名は、各部門から10名のメンバーが集まってネーミング委員会を立ち上げ考えられた。全社あげてのプロジェクトで、部門間の垣根はなかった。ぱっと見で軽量がわかる「950」は決まった。950の後の2文字はAA、AB……と検討し、ことばの響きが良いGHとして、後付けで「GreatHit(グレートヒット)」とした。N.S.(日本シャフト)PRO(プロも使える)950GHが誕生した。商品名が決まったのは発売直前。モノが先行していたので、バタバタで決まった。

商品は最初、問屋経由で工房へ流通した。発売当初は、カーボンシャフト全盛の中で少しでもスチールシャフトの認知を取り戻せればとの思いで、売れるかどうかわからなかった。

しかし、工房からの反応は上々で、市場で評判となり、初年度の99年12万本、2000年80万本、01年200万本で01年からメーカー採用が決まり、ヒット商品となった。

その後、年間ベースで平均240万本のロングセラーとなり、21年までの累計販売本数が4300万本の大ヒット商品となった。生産は日本シャフトの駒ケ根工場で、メイド・イン・ジャパンである。世界100か国以上に輸出されている。

ゴルファーならば、誰でも一度は打ったことがあるだろうN.S.PRO 950GH。始まりは、スチールシャフトを何とかしたいとの熱い思いであった。発売から20年経ち、アイアンシャフトのスタンダードになっている。

N.S.PRO 950GH|スチールシャフトの良さをもう一度認知して欲しい! その一念で取り組む
なぜかサッカー選手がボールを蹴っている当時の広告。シャフトの写真は入っていないが、Rで94グラムの超軽量であるというキャッチは入っている。
N.S.PRO 950GH|スチールシャフトの良さをもう一度認知して欲しい! その一念で取り組む
鉄鋼材料メーカーの日新製鋼と共同開発。靭性と強度を両立されたNSGS8655V(特許)を使用した。


取材・文/嶋崎平人


商品開発はドラマ!!! 今だから言える驚きのストーリー
←inpres RMX UD+2
S-YARD T.301→

Vol.9(前回)へ Vol.11(次回)へ

シリーズ一覧へ

2022年最新アイアンシャフトおすすめ人気ランキング10選|選び方も解説!

ドライバーのリシャフトがもはや当たり前になった昨今。正確な方向性と飛距離が要求されるアイアンのシャフトだって、とって...

あわせて読みたい

2022年最新ドライバーシャフトおすすめ人気ランキング10選|選び方も解説!

自分のスイングや弾道に合わせて選ぶことによって、安定性や飛距離アップが期待できるパーツがシャフト。シャフトの今さら聞...

あわせて読みたい
直近急上昇記事

関連記事