1. TOP メニュー
  2. HOTニュース
  3. キャンペーン
  4. MAJESTY|高級感を演出して成功した! フルセット200万円のクラブ

MAJESTY|高級感を演出して成功した! フルセット200万円のクラブ

商品開発はドラマ!!!|今だから言える驚きのストーリー[第12回]

2022/01/10 ゴルフサプリ 編集部

ゴルフメーカーの商品開発におけるドラマチックな業界裏話をメーカー勤務経験のフリーライター・嶋崎平人が語る連載企画。今回はMAJESTYが主役のストーリー。
GOLF TODAY本誌 No.595/68ページより

高級感を演出して成功した! フルセット200万円のクラブ

写真上のドライバーは1988年発売の初代MAJESTYプレステジオ。写真下は2021年発売のMAJESTYプレステジオ。

圧倒的な飛距離、世界最新の技術をコンセプトとして20周年の記念モデルとして誕生!

「MAJESTY(マジェスティ)」ブランドが誕生したのは今から30年前の1991年である。当時のマルマン株式会社の創業20年記念モデルとして登場したブランドである。この「MAJESTY」の成り立ちについて、2018年にマルマン株式会社から社名変更し、このブランドを引き継ぎ、会社名にも冠しているマジェスティゴルフ株式会社マーケティング部岩井徹氏に話を伺った。

岩井氏は1992年入社で、生産技術を皮切りに各部門を経験し、このブランドの経緯にも詳しい。

創業20周年記念モデルのブランド名は高級感がある名前を検討した。その候補に、当時マルマンが持っていた商標「ビッグウイン」などもあったが、その中に威厳、荘厳の意味がある「MAJESTY」があった。

Your Majestyなどの形で、王・女王への尊称にも使われるが、海外から不敬に当たるので使わないでほしいとの意見もあり使われなかったブランド名だった。

ただ最高級の商品を目指すことで、当時の企画担当鍋島孝史氏が提案し、創業者の片山豊社長が最終的にゴーを出した。「MAJESTY」の誕生であった。ブランドの基本的コンセプトは
①圧倒的な飛距離
②世界最新の技術。

この20周年記念モデルのドライバーも当時としては大型の195cm3チタンヘッドで、シャフトもの軽量化技術を駆使したライムライト41シャフトを装着。世界最軽量の41gを実現している。またアイアンも表面処理にイオンプレーティングを初めて採用した。

ただ、「MAJESTY」と言えば現在はゴールドのイメージがあるが、このドライバーのヘッドはダーク系の玉虫色に光る塗料で塗装され、高級感を演出していた。この20周年記念モデルは、200セット限定のフルセット(ドライバー、3W、4W、5W、アイアン#3~SW)200万円で販売された。超高額セットではあったが、百貨店、専門店で、あっという間に完売したとのことだ。

ただ、40g台の軽量シャフトについては、静的な強度を満足するだけでなく、ロボットによる強度テストもクリアしなければならなかった。飛びのために軽さにはこだわり「また折れた、また折れた」と開発に苦労したが、改良に改良を重ねクリアできた。

このシャフト製法は当時日立化成と共同で開発したフィラメントワイディング製法で、強さと軽量化を実現。苦労して培ったシャフト軽量化技術の蓄積は、次のモデルに生かされたいった。

新モデルはウッドが1本15万円アイアンが10本でなんと60万円。それが売れた!

マジェスティゴルフ株式会社マーケティング部岩井徹氏に話を伺った。

新モデルはウッドが1本15万円アイアンが10本でなんと60万円。それが売れた!

このブランドが次に登場したのは、5年後の1996年マルマン25周年記念モデルであった。「MAJESTY25 th LTD/550 KV」からである。

最初のモデルのドライバーの長さは43インチであったが、25周年モデルは45インチで当時としては長尺を採用した。シャフト重量は45g。アイアンは飛びを実現するため、ポケットキャビティでフェースには1・6㎜のマルエージング鋼を世界で初めて採用し、高比重タングステンを組み合わせ、アイアンでも高反発設計を採用した。このアイアンの技術が、次のモデルに引き継がれていき、「MAJESTY」の高級感と飛ぶモデルとしてのブランドが確立した。価格はウッド1本15万円。アイアンは10本セットで60万円であった。
「MAJESTY」が本格的に継続的に発売するモデルとなったのは、1998年「MAJESTYプレステジオ/ロイヤル」からである。社内ではこのモデルを初代としており、ほぼ2年おきにモデルチェンジしている。

この1998年モデルのドライバーは長さ46インチ重量268g、体積280cm3、フェース厚さは1・95㎜であった。圧倒的な飛距離性能を実現するための、長尺、軽量であった。

価格は1本20万円。このモデルから限定でなく広く販売されたが、販売店からは「こんな値段では売れないだろう。」と否定的な意見が多かった。しかし、飛ぶとの口コミで注文が増えてきた。販売店側も売れるのではと、店頭での定番に採用される動きが出てきた。

一方、製造が難しく生産能力は500本/月と限られていた。商品が届くまで3カ月待ちの状況になり、当時、岩井氏はクラブ生産管理をしていて、「ロフト10・5度、12度をどのような割合で生産するか毎月議論になっていた。」とのことで、商品がヒットしていたことを実感していた。

もう一つ特筆すべきは、このモデルからゴールドイオンプレーティングが採用され、「MAJESTY」といえばゴールドのイメージの先駆けとなった。

ただ、ゴールドに仕上げるにはヘッド研磨を徹底的にしなければならず、コストと手間がかかるが高級品のシンボルとして今に受け継がれている。「MAJESTY」は2020年発売モデルで11代目である。あのXXIOの初代が2000年発売で、今年12月発売されたモデルが12代目であることを考えると、「MAJESTY」ブランドもほぼ同様に継続しているロングセラーのブランドであることがわかる。20周年モデルから数えれば、30年でXXIOより長くゴルファーに愛されているブランドである。

シャフトをいち早く軽量化したことで当初は開発に苦労したが、それが次世代のクラブに生かされた。
1本20万円と高価なドライバーだが、予想以上の売れ行きとなった。


取材・文/嶋崎平人


商品開発はドラマ!!! 今だから言える驚きのストーリー
←S-YARD T.301

Vol.11(前回)へ

シリーズ一覧へ

2021年最新ドライバーおすすめ人気ランキング20選|選び方のポイントも解説!

2021年最新のドライバーおすすめ人気ランキングを発表!ゴルフ初心者・中級者や上級者からも人気の飛ぶドライバー全20クラブ...

あわせて読みたい

匠の発信拠点!「MAJESTY GOLF STUDIO」リニューアルオープン

マジェスティゴルフは松戸工場を「MAJESTY GOLF STUDIO」としてリニューアルオープンした。また完全カスタムオーダークラブセ...

あわせて読みたい

関連記事