1. TOP メニュー
  2. スコアに効く
  3. コースマネージメント
  4. スコア80台でラウンドするためのゴルフ学|メンタル&マネジメント VOL.28

スコア80台でラウンドするためのゴルフ学|メンタル&マネジメント VOL.28

2021/05/26 ゴルフサプリ 編集部

ゴルフは1球だけで勝負するスポーツではない。ティショットでミスしても2打目、3打目とどうつなげていくか考えればスコアのロスが少なくて済む。つまり、「ショットのリレー」だ。それがわかれば1打1打を大事にする気持ちが生まれて90切りだって実現する実現する。

ゴルフトゥデイ本誌588号/106〜107ページより

【マネジメント編】林からの脱出はフェアウェイに戻して3打目で勝負しましょう!

使うクラブや距離を計算して確実に脱出させる

ドライバーショットを大きく曲げて、林の中に打ち込んでしまいました。さあ、大ピンチです。こんな場面では次のショットをどう打つかのマネジメントで、スコアに大きな差が表われます。「ここが勝負どころだ!」と言って、木と木の間の狭いスペースからグリーン方向を狙いにいく人は、90切りどころか100をよく叩いてしまう人です。

リスクを顧みないで強引な攻めに走ると、ボールを木に当てて大トラブルを招きやすいんですよ。林の中から勝負したって何にもなりませんし、かえって傷口を広げてしまうだけ。そこでティショットのミスを取り返そうとしないで、「いかにボギーで上がるか」を考えて作戦を立てましょう。

木と木の間の広いスペースから脱出させるのが鉄則とはいえ、「出すだけでいいや」とチョコンと打ってもダメです。ボールのところに行ってみたら深いラフだったり、グリーンを狙いにくかったりしたらボギーセーブが危うくなります。

90切りを目指す人なら、「ここは3打目が勝負!」と自分に言い聞かせてください。フェアウェイのどの辺に出しておけば次で自分の得意な100ヤードが打てるか、どの場所からならグリーンが狙いやすいか、などを十分に確認した上で目標を絞り、その場所までの距離も確かめてから打つようにしましょう。

クラブ選択にしても、「ウェッジで出そう」と安易に決めないこと。ボールが上がりすぎて、脱出ルートの先の木の枝に当たるケースがよくありますから、基本的には低い球で出すのがベストです。7~8番アイアンを短く持ち、ボールを右足の前に置いてハーフスイングくらいの振り幅で打つのがいいと思います。50ヤードくらいのランニングアプローチという感覚です。場合によってはユーティリティクラブを短く持ち、パターのイメージで打つのもアリですよ。いい感じでコロがってくれますから。

狭い空間からグリーンを狙うのはNG。フェアウェイのどの辺に出せば3オンの確率が高いかを考えて打とう。ボギー狙いの結果、パーセーブできることだってある。

悪友? との「親密」な呑み会を復活させたい! でもガマンガマン。

伊能恵子
(いのう・けいこ)
千葉県出身。男女ツアープロをサポートするプロキャディの第一人者。現在は主に片岡大育のキャディをつとめる一方、リンパセラピストとしても活躍中。

【メンタル編】「構えてからモジモジしてしまうクセが直りません」

アドレスしたらカラダの動きはもう考えない

アマチュアのコンペなどを見ていると、プレーがキビキビしている人もいれば、ゆっくりマイペースの人もいてゴルファーのタイプは実に様々だなぁといつも感じさせられます。アドレスを作ってからモジモジして、スイングを始めるまでに時間がかかる人も結構多くいます。

「モジモジしてしまうクセが直らない」というご質問ですが、構えているうちにカラダが硬くなってしまい、それがミスショットの結果につながりやすいということでしょう。

結論を先にいうと、クラブを構えたときに目標方向の映像がイメージとして頭の中に残っていないとダメです。ショットを打つ前にボールの後方に立って、目標方向を眺めますよね。ここに木があって、バンカーがあって、ピンがあって……などとホールのロケーションを見て、「よし、ここを狙おう」と決断を下したら、この映像が消えないうちにボールを打ち終えたほうが、いい結果につながりやすいのです。

ところが、ほとんどのゴルファーはアドレスの段階になると目標方向の映像が消えてしまって、ボールしか見えていないわけです。そして、「カラダをこう動かそう」「クラブをこの方向に上げよう」などと思考をめぐらせます。こうなるとカラダがますます硬直して、クラブが気持ちよく振れなくなります。構えてからモジモジしてしまうのは、色々と考えているというよりも迷っているだけなのです。

ホールの状況を確認し、「あそこを狙って、こんな球を打ちたいな」とイメージを高めて自分のルーティンワークの流れでアドレスを作ったら、スイングのことやショットの結果はもう考えないこと。

ボールを見て構えていても、頭の中のイメージは目標方向の映像です。構えた後3~4秒以内で打ち終えるクセをつければ、映像が頭に残ったままでスイングでき、グッドショットの確率が上がります。

A.「目標方向の映像が頭に残っている間に打ち終えましょう!」

打つ前にショットのイメージ作りをしたら、目標方向の映像を頭に残したままでアドレスを作り、映像が消えないうちにショットを終える習慣をつけよう。

北野正之
(きたの・まさゆき)
1966年5月18日生まれ。93年プロ入り。松原ゴルフガーデン(埼玉県草加市)やサザンヤードCC(茨城県水戸市)などで多くのアマチュアをレッスン。


スコア80台でラウンドするためのゴルフ学

VOL.27(前回)へ VOL.29(次回)へ

シリーズ一覧へ

関連記事