1. TOP メニュー
  2. コラム
  3. 国内ニュース
  4. 雨天決行がゴルフの基本というのは昔話になりにけり

雨天決行がゴルフの基本というのは昔話になりにけり

ロマン派ゴルフ作家・篠原嗣典が現場で感じたゴルフエッセイ【毒ゴルフ・薬ゴルフ】第22回

2022/06/12 ゴルフサプリ編集部 篠原嗣典

ゴルフ,雨

ゴルフの虜になってもうすぐ半世紀。年間試打ラウンド数は50回。四六時中ゴルフのことばかりを考えてしまうロマン派ゴルフ作家・篠原嗣典が、コースや色々な現場で見聞きし、感じたことを書いたのが【毒ゴルフ・薬ゴルフ】です。大量に飲めば死んでしまう毒も、少量なら薬になることは、ゴルフにも通じるのです。

令和の雨ゴルフ事情の考察

「金曜日の朝、コースに来たらキャンセル待ちが出ていました」
若者が殺到しているコースで、よく耳にするセリフです。一昔前なら考えられない話です。

若者ゴルファーは、週末の天気予報を見て、降水確率が低いことを確認してから、仲間に連絡してメンバーを集め、ネット予約するのです。
天気予報が当たる確率が上がるその週の水曜日から木曜日に24時間可能なネット予約で、夜半にスタートを取るので、金曜日の朝、コースのスタッフがパソコンを立ち上げると、予約サイトや、自社の予約システムから“満員”になったというインフォメーションが入っていて、ビックリするわけです。

コンペや特別なことがない限り、直前に予約することで、雨ゴルフを回避している手法は、まさに令和時代のゴルフシーンだといえます。

ベテランのオールドゴルファーが、一月以上前にゴルフコースのスタートを予約して、天気予報を何度も見ながら一喜一憂しているシーンもゴルフシーンとして、何とも言えない心情が見え隠れして大好きです。
令和になっても、当然、あちらこちらでこのシーンは確認できますし、まだまだ過半数はこのスタイルです。
オールドゴルファーも負けていないのです。

ゴルフの雨の日対策|服装や持ち物、キャンセル・中止の判断

自然の中で、あるがままにプレーするゴルフに雨はつきものです。雨の日対策をしっかり立てておけば、雨の中のゴルフを楽しみ...

あわせて読みたい

ただ、実際に、プレー当日が雨だったりすると、無断キャンセルしたりするのは、圧倒的にオールドゴルファーが多いとも聞きます。
そんなことでは、先輩としてリスペクトしてはもらえませんので、注意が必要です。

僕の場合、試打撮影は雨天や強風だと不可能なので、試打撮影が目的のゴルフで天気予報が悪いと、木曜日辺りから右往左往して、土曜日の予約を日曜日に変更できるか、とコースと同伴者に確認をしたり、実際に変更したりします。
調整が不調に終われば、雨天を覚悟して、コースに向かいます。

試打撮影はできなくとも、ゴルフは雨天決行が原則ですので、雨ゴルフを楽しもうと、気持ちを切り替えてコースに向かうのも、なかなか乙なものです。ドタバタした後ほど、スッキリしてコースに向かいます。
“全てやることはやった。後は野となれ山となれ”と開き直れるからです。
結果として、半分ぐらいは、ほとんど雨に振られずにラウンドできたりします。ゴルフの神様からの贈り物だと感謝するのです。

雨天決行がゴルフの基本なのは本当

一昔前まで、ゴルフコンペの案内に、開催予定日時や場所などの情報と一緒に、念のためというのか、お約束というのかわかりませんが『雨天決行』の文字が必ず入っていました。

最近は、参加するコンペの半分ぐらいは、雨天の確率が高い天気予報だと、開催日の前々日とかに中止や延期の連絡が来るようになりました。案内にも、その旨が書かれていたりもします。

コンペの幹事役にとって、賞品などを準備することを考えると、雨天決行が好ましいのです。賞品を準備したのに中止になった場合に、費用も時間も、もちろん賞品も無駄になってしまうからです。

バブル期のゴルフシーンでは、雨天決行が当たり前だったのは、昭和の猛烈社員たちのガッツがあったからだけではなく、キャンセル代を徴収されたからという事情もありました。
ゴルフコースがクローズしない限り、キャンセル代が発生したのです。一人5千円から1万円ぐらいが相場で、強気のコースだとプレー代と同じ2万数千円なんていうケースもありました。

当時は、スタート枠を取るのが大変だった関係もあって、台風みたいな豪雨の中でも、「参ったねぇー」なんて声を掛け合いながらも、笑顔で集合して、雨ゴルフを楽しんだのです。
この機会を逃したら、次にゴルフがいつ出来るかわからない、ということになれば、雨ゴルフでもしかたがないと考えるわけです。
ゴルフが出来るということの価値観が、現在とは全く違ったのです。

ゴルフが育ったスコットランドは、1日中天候が良いということが少なくて、お天気が変わりやすいので、イギリス発祥のサッカーやラグビーなども、雨天決行となっています。
雨で中止や延期していては、ゲームが終わらないからです。
ゴルフも全く同じです。

歴史的背景を持ち出すまでもなく、ゴルファーを迎え入れる準備をしているコースのことを考慮しても、雨天でもゴルフをするのが基本だという原則は、現在でも有効です。

雨のゴルフは嫌だけど、最高なのだ!

令和の若者ゴルファーは雨天でゴルフをしないかというと、「バカなの?」と思ってしまうほどの酷い悪天でも、雨ゴルフを楽しんでいるシーンを何度も目撃しています。

近年は、本当に天候が悪いと、ゴルフコースのほうからクローズの連絡があったりします。
予報ではクローズほどではなかったのに、コースに着いてみるといわゆる土砂降りで、とてもじゃないけれど、ゴルフは無理ということもありますが、こういうケースでも、コースから「来ていただいてスミマセンが、無理に回らなくとも良いですよ」なんて言われることがあります。

行きの車中で、危険を感じるほどの悪天だと、同伴者と「これは中止だね。挨拶して帰るパターンだね」なんて話しながら向かうわけです。
ところが、最近は、コースに着いた途端、若者ゴルファーが雨具を着て準備していたりするのです。

「やりますか。負けられねぇもんね」オールドゴルファーにも闘志が湧くのです。
スイッチを入れて雨ゴルフの準備をします。互いに無言ですが、例外なく、笑顔なんです。
自分たちのバカさ加減に呆れつつ、ゴルファーとしての矜持に笑ってしまうのです。

メンズ用ゴルフレインウェアおすすめ20選【2022年版】

この記事では、男性ゴルファーに向けて雨天時のラウンドで欠かせないメンズ用ゴルフレインウェアおすすめ商品を紹介! 防...

あわせて読みたい

僕はトップスタートが多いので、若者ゴルファーの視線を意識しながら、先にオールドゴルファーがスタートします。
いつの間にか、他にも、名も知らぬゴルファーたちが数組いたりします。
「負けるとわかっていても、行かなければならないときがある……」
というシンパシーを感じて、強烈な仲間意識が生まれます。

グリーンに水が浮いて、ボールが転がらなくなると、コースのマーシャル係が来て、「もうやめてください。お代はけっこうですから」なんて言われて、悪天ゴルフは終了します。

雨ゴルフは珍プレーが次々に発生します。グリップが濡れないように注意しないと、クラブがすっぽ抜けてしまうので、ボールに当たっていないのにOB杭の向こうにすっぽ抜けたクラブが飛んでいくというシーンも見たことがありますし、打ち上げのホールで、フェアウェイが川のようになって、真ん中に打ったボールはティまで戻されるホールもプレーしたことがあります。ラフに向かって打ち続けて、ホールアウトしましたが、そのホールだけで18ホールをラウンドしたような達成感がありました。
台風が近づく中で、強風でティにボールが乗らなくなって、アドレスもしづらくなったこともありましたし、目の前に雷が落ちて死にかけたときもありました。

雨ゴルフの究極は、スコアとかは無視して、とにかくそんな中でもゴルフが出来ることが幸せに感じるという、ゴルファーズ・ハイ状態に入ることです。

若者ゴルファーに張り合って、強引に悪天ゴルフをして、若くないので、体調が悪くなったりした同伴者もいて、「若者ゴルファーと張り合うのはやめる約束ね」と確認し合ったりしています。
でも、今のところ、約束したけれど…… ということになって、張り合っています。

記憶に残る爆笑な雨ゴルフをするたびに、これも、ゴルフの神様の贈り物だと思うのです。

2022年6月6日。関東地方は梅雨入りしました。
雨ゴルフの季節です。

高性能な雨具には、本当に感心しますし、傘を差してゴルフをするのも嫌いになれません。
真冬の雨は寒さに凍えて死にそうになりますが、この季節の雨は、心地良かったりもして、やさしいのです。

選べるのであれば、晴れゴルフと雨ゴルフで雨ゴルフを選ぶゴルファーはいません。誰でも悪天は嫌なものです。
だからこそ、雨ゴルフをしたことがないという話を聞くと…… 少し同情してしまうのです。
雨ゴルフには、雨ゴルフでなければ経験できないゴルフがあるからです。それを知らないのは、胸を張って自慢できるかどうか? こういう時期だから、雨ゴルフをオススメしたいのです。

篠原嗣典,ロマン派ゴルフ作家

篠原嗣典。ロマン派ゴルフ作家。1965年生まれ。東京都文京区生まれ。板橋区在住。中一でコースデビュー、以後、競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れる青春を過ごして、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店を経て、2000年にメルマガ【Golf Planet】を発行し、ゴルフエッセイストとしてデビュー。試打インプレッションなどでも活躍中。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。


ロマン派ゴルフ作家・篠原嗣典が現場で感じたゴルフエッセイ【毒ゴルフ・薬ゴルフ】

第21回(前回)へ 第23回(次回)へ

シリーズ一覧

オノフからオトナ向けゴルフ用レインウェア・グッズが登場

上質なオトナのゴルフを提案する“オノフ”よりゴルフ用レインウェア・グッズが登場。2019年11月末より発売される。

あわせて読みたい

夏の暑さと紫外線に負けない高機能ゴルフウェアおすすめ17アイテム

長い梅雨がようやく明けて気温も一気に上昇。猛暑に体が慣れていない今の時期はもちろん、9月いっぱいまでは熱中症や日焼けの...

あわせて読みたい
直近急上昇記事

関連記事