1. TOP メニュー
  2. ゴルフ知恵袋
  3. 〝プレーファスト〟ゴルフラウンドで守るべきマナーのコツ

〝プレーファスト〟ゴルフラウンドで守るべきマナーのコツ

重箱の隅、つつかせていただきます|第24回

2022/07/26 ゴルフサプリ編集部

重箱の隅、つつかせていただきます

スイング、ゴルフギア、ルールなどなど……。ゴルフに関わるすべての事柄の“重箱の隅”をゴルフライター・戸川景が、独自の目線でつつかせていただくコラムです。

Text by Hikaru Togawa
Illustration by リサオ
GOLF TODAY本誌 No.602/106ページより

ゴルフマナーとの〝付き合い方〟とは?

ゴルフマナーとの〝付き合い方〟とは?

ゴルフではマナーが大事、と言われるが、ルール全般を覚えるほど難しいことではない。他者に迷惑をかけない、不快な思いをさせないということなので、社会的な通念とほとんど変わらない。つまり、常識人ならわざわざ身に着ける努力は必要ないと思う。
ただ、ゴルフ場でマナーを実行する〝特別な手段〟のいくつかは、覚えなくてはならない。ラウンドで一番大事になるのは〝プレーファスト〟だろう。
他者がプレーを楽しむ時間を奪わない、という考え方が根本にある。そのために必要な〝手段〟は、他者を急かしたり、自分が焦って走り回ったりすることではない。
クラブを3本持って移動、カートにスムーズに乗り込む、グリーンでスコアをつけない等は、合理的な行為なので一度経験、注意されたら納得してすぐに覚えられるはず。

厄介なのは、正しいやり方と時間の使い方がわかりにくい以下の3つだろう。

①旗竿の抜き差し
②目土
③ボールマーク直し

旗竿

①の旗竿は、どのタイミングで付き添うか、自分のプレーとの兼ね合いでバタバタすることもあったと思うが、3年前のルール改定後はほぼ立てっぱなしとなったので、ことさら検討する必要もなくなったと思う。

ゴルフ新ルールへ2019年改正|OB・ドロップ・パットなど変更点まとめ

2016年にゴルフがオリンピック競技に復帰後、以前から問題視されていたルールの複雑さと、プレー時間の長さに対する改善の気...

あわせて読みたい

②の目土は、バンカーならしよりいい加減にしているプレーヤーは多いと思う。というのも、基本的にキャディさん任せであり、いざセルフプレーで目土袋を持って移動しても〝芝を削った後に土を埋める〟という行為に慣れていないと思うからだ。

プレーファストを意識するせいか、スコップでドサッと目土を落としてそのまま、というのをたまに見かけるが、それはダメ。目土するのは、芝の修復はもちろんだが、大命題は〝後続のプレーヤーがディボット跡につかまって、打ちづらくなることを防ぐ〟ことだ。となれば、目土を山盛りにするなどは言語道断。足で踏んで、靴跡が残らないようにサッと払うくらいがちょうどいい。 

実は、マナーは〝雑にこなす〟のがオススメだと思っている。たとえば洗面台を使ったら、手を拭いた後のタオルでサッと台の周りの水気を拭き取る、というマナーがあるが、この〝サッと〟という感覚が大事なのだ。
懇切丁寧に水気を完璧に拭き取る必要はない。時間をかけることもない。この感覚を、ゴルフマナーにも取り入れる。そのほうがスムーズにこなせるはずだ。ただし〝雑にこなす〟には押さえるポイントが必要。

ボールマーク直し

目土の場合は〝踏みならす〟は外せないように、③のボールマーク直しも〝手早く周辺の芝を刺す〟という行為に慣れてほしい。普段から〝へこんだ芝面を直す〟ことに慣れているわけではない。

最初は時間をかけすぎて、次第に急いで〝雑にこなせるようになる〟と思う。ボールマーク直しは〝パットの打球が蹴られない〟程度に直せば必要十分。それを手際よくこなすには、通常の2本足のグリーンフォークではなく、1本足のもの、もしくはロングティを使うのがオススメだ。ボールマークは打球が芝面をへこませているのではなく、周辺に芝土を押し退けているだけ。だからボール跡の底を持ち上げるのはNGで、周辺からかき集めて戻すのが正しい。その際、2本足のグリーンフォークは刺してから軽くひねると効率的に芝土を寄せられる半面、根を切って芝草を枯らす原因にもなりやすい。その点、1本足だと周辺をサクサク刺すだけで、適当にボール跡が埋まるし、根は切れない。〝雑にこなす〟には最適なのだ。パターでならすのも含め、1つ8秒くらいで直せればスマートだと思う。

戸川景(とがわ・ひかる)

1965年3月12日生まれ。ゴルフ用具メーカー、ゴルフ誌編集部を経て㈱オオタタキ設立。現在、ライターとしてゴルフのテーマ全般を手掛けている。


重箱の隅、つつかせていただきます

第23回(前回)へ 第25回(次回)へ

シリーズ一覧へ

ゴルフのマナー|初心者が服装やラウンド中に注意したい7つのポイント

ゴルフは紳士淑女のスポーツです。そんなゴルフには、服装やプレーに関するマナーがあります。ゴルフ場では、同伴者や他の組...

あわせて読みたい

【2022年】グリーンフォークおすすめ人気20選|使い方も解説!

この記事では、ゴルファーに人気のグリーンフォークおすすめ製品を紹介します。 コースをラウンドする際、ゴルファーのマ...

あわせて読みたい
直近急上昇記事

関連記事