1. TOP メニュー
  2. HOTニュース
  3. 新製品情報
  4. 新構造で飛びとやさしさをレベルアップ!キャロウェイの新作「PARADYM」はアイアンもスゴい。

新構造で飛びとやさしさをレベルアップ!キャロウェイの新作「PARADYM」はアイアンもスゴい。

キャロウェイゴルフが満を持して送り出した「PARADYMアイアン」。発表されたばかりの情報をお届け!

2023/01/13 ゴルフサプリ編集部 真鍋雅彦

PARADYMアイアン

革新的なクラブの創造ということで名付けられた「PARADYM(パラダイム)」。アイアンもまさに、既成概念を打ち破った“パラダイムシフト”を実現したモデルになっている。

撮影/相田克己

新テクノロジー満載。アイアンも新しい時代に突入

“飛び”と“やさしさ”を両立したアイアン。そんなキャッチフレーズを聞くと、ほとんどのゴルファーは、「ボテッとしたボディに厚めのトップブレード」といった形状を思い浮かべるに違いない。

しかし、新モデルの「PARADYM(パラダイム)」は実にスタイリッシュなフォルム。誰もが使ってみたいというカッコ良さに、常識を越えた飛びとやさしさを閉じ込めたモデルになっている。

そんな「PARADYM(パラダイム)」に搭載された4つのテクノロジーとは…

(1)理想の形状を実現した「スピードフレーム構造」

理想の形状を実現した「スピードフレーム構造」

一般的にやさしいアイアンというのはキャビティー構造のものが多いが、キャビティーの場合、フェースカップのたわみを受け止めるために、トップブレードを厚くする必要がある。

つまり、“厚いトップブレード”は、飛びとやさしさを両立するためには避けられないものだったのだ。

そこで、新モデルでは中空構造を採用することに。しかし、中空にすると重心位置が高くなるという新たな問題が生まれる。それを解決するために、AIの演算をもとにバックフェースに“3つの穴”を開けてしまったのが「PARADYM」の画期的なところだ。

「スピードフレーム構造」と名付けられた新テクノロジーにより、スタイリッシュなフォルムを実現しながらも、インパクトのストレスをしっかり受け止めると同時に、低重心化も獲得した。

(2)脅威のボールスピードとソフトな打感を実現した「フォージド455フェースカップ」

脅威のボールスピードとソフトな打感を実現した「フォージド455フェースカップ」

新モデルでは、フェースカップも素材を変えた。これまでアイアンのフェースカップは「17-4スレンレス」など鋳造系のスチールを使うのというのが一般的だったが、UTやFWで使われることが多い「フォージド455」を採用。

薄くて強く、しかもフェースカップのたわみ量が大きくなるという、良いことずくめのこの素材だが、これが使えるようになったのも大きなエネルギーをきちんと受け止めてくれる「スピードフレーム構造」があるからこそ。

またボールスピード、方向性、ミスヒットへの強さなどもAIの力で最適地に。さらに、鍛造ということで「フォージド455」は打感の面でも大きく貢献している。

(3)心地よいフィーリングで気持ちよくスイングできる「ウレタン・マイクロスフィア」

心地よいフィーリングで気持ちよくスイングできる「ウレタン・マイクロスフィア」

※フェースが青く見えるが、これは会場の青い照明を受けてのこと。実際のフェースは青くありません。ご勘弁を。

打感という点では、フェースの裏側下部に注入された樹脂系素材も大きな効果を発揮。インパクト時の無駄な振動を吸収し、プレーヤーの手に心地良いフィーリングを伝えてくれる。

(4)「デュアル・タングステン・ウェイティング」で理想的な重心位置を獲得

フェース裏のトゥ側下部と後方下部にタングステン合金を設置。アイアンはヒール重心になりやすいが、タングステンを下部に配することによって、理想的な重心設計を実現。

これも安定し飛びとやさしさの原動力になっている。

3つのモデルをラインアップ

(1)PARADYMアイアン

(1)PARADYMアイアン
最もオーソドックスなスタンダードモデル。ロフトは#7で29度。APEXアイアンよりもわずかにストロングロフト設定になっている。

(2)PARADYM Xアイアン

(2)PARADYM Xアイアン
シリーズの中で最もオフセットが大きく、ややオーバーサイズで「PARADYMアイアン」よりもやさしい設定。ロフトも#7で27.5度とストロング気味の設定。※CALLAWAY EXCLUSIVEでのみ展開。

(3)PARADYM MAX FASTアイアン

(3)PARADYM MAX FASTアイアン
アジアモデル。シリーズの中で最も軽量で、振り抜きやすい。ロフトは#7で26度とストロングロフト設定。
見え方を少し和らげるために、ヒールを高くしたり、ブレードの長さをスタンダードより少し長くしている。そうすることにより、なるべくフェース面が大きく見えないような工夫が施されている。

3モデルとも単品:29,700円(税込)
5本セット(#6~9、PW):148,500円(税込)
※3月上旬発売

【2023年】ゴルフ中古アイアンおすすめ人気ランキング10選

この記事では、初心者ゴルファーにもおすすめの中古アイアンをランキング形式で紹介します。 中古品を購入するメリットや...

あわせて読みたい

真鍋雅彦(まなべ・まさひこ)

真鍋雅彦

1957年、大阪生まれ。日本大学芸術学部卒業後、ベースボール・マガジン社に入社。
1986年に退社し、フリーライターとしてナンバー、週刊ベースボール、ラグビーマガジン、近代柔道などで執筆。

ゴルフは、1986年からALBAのライターとして制作に関わり、その後、週刊パーゴルフ、週刊ゴルフダイジェストなどでも執筆。現在はゴルフ雑誌、新聞などで記事を執筆するほか、ゴルフ書籍の制作にも携わっている。

大注目の『STEALTH 2』は、どこまでも遠くへ、どこまでもやさしく?どう変わった?

2023年01月11日。都内某所。テーラーメイドの『STEALTH 2』シリーズが発表された。『STELTH 2』はどう変わったのか?どんなク...

あわせて読みたい

「ステルス」「ローグST」もマークダウン!1年で最も品揃えが豊富な新年の中古ショップ事情を見逃すな!

中古クラブの世界で30年!中古クラブに関する知識において、レジェンドと呼ばれる中山功一氏が中古クラブの得する扱い方を伝...

あわせて読みたい

才色兼備の中空マッスルアイアン!! キャロウェイ「ローグSTプロアイアン」

スイングコーチ兼クラブフィッターの関浩太郎が今回試打したのはキャロウェイ「ローグSTプロアイアン」。4つのラインナップか...

あわせて読みたい