1. TOP メニュー
  2. テクニックに効く
  3. パッティング
  4. え? どこから打っても狙いは同じ!? 3パットがなくなるライン読みの基本【ゴルフにまつわる原理原則をドクターが疑ってみた】

え? どこから打っても狙いは同じ!? 3パットがなくなるライン読みの基本【ゴルフにまつわる原理原則をドクターが疑ってみた】

これを知ればラインが読める!パッティングターゲット1点の法則|清永教授からの挑戦状 Vol.1

2024/02/06 ゴルフサプリ編集部

ゴルフ,グリーン

ゴルフにまつわる原理原則が本当にそうなのかまずは疑い、徹底的に分析したドクター·清永明。常識を覆し、ゴルフの上達スピードが速まる理論を紹介していく!

ゴルフトゥデイ本誌 620号/62〜63ページより
解説/清永 明

【問題】

グリーンのイラスト

同一平面上のグリーンでカップまで2メートルの距離。Aからのラインは上りのストレートです。A、B、C、D、それぞれから狙う場合、ライン読みに加え、力加減まで考えるとどこを狙いますか?

もともと内科医の医者、ドクターでありながらゴルフの楽しさにはまり、ゴルフの研究にのめりこんでいった清永明教授。その腕前といえば、かつては九州学生ゴルフ選手権を制覇したほど。

その研究は本業である医学から離れ、ゴルフの研究、とくにスコアアップすることに関係する、ゴルフで当然と思われているところに深いメスを入れ、研究し続けた。ヨネックスと共同開発した1メートルのパットが9割の確率でカップインする「トライプリンシプルパター」を作り上げた設計者として、ゴルファーにも広く知られている。

このパターにより、おもにパッティングにおけるコーチングのスペシャリストと思われているが、じつはショットはもちろん、ゴルフ全般における研究家であり、スペシャリストなのである。

グリーンに上がってからの歩き方を変えるだけで、傾斜やラインを正確に読めるようになるって知ってた?

グリーンの傾斜やラインの読みは経験を積んだ人でも難しいもの。グリーンに上がると、真っ先に自分のボールの場所に向かおう...

あわせて読みたい

「グリーンが速かった、遅かった、ラインを読んで思った以上に曲がった、曲がらなかった。そこにはそうなった何か原因があるはずです。なんでも原因を追究して理解する。私は医者ですから、原因を突き止めなくては気が済まない性分なのです」(清永教授)

そんな教授が研究したゴルフの現象や常識にまつわるさまざまな答えを、これからこの連載で少しずつ紹介していく。

その理論が本当に正しいか考えてみましたか?

世界基準傾斜,イラスト

では、記念すべき、連載1回目となる教授からの質問。

「同一平面上のグリーン、距離にしてそうですね2メートルを考えましょうか?A、B、C、Dの4方向から打つ場合、どこに仮想カップ(仮想ポイント)を決めて打ちますか?」

グリーンの傾斜は日本のように角度で表すのではなくて、世界的にはパーセントで表す。グリーン斜面の地面の下に直角三角形があると想定した場合、斜辺の1メートルの先端が底辺から何センチ高いか?で表す。1センチ高いのであれば、1パーセントの傾斜だ。

グリーンのライン読みは『水の流れ』をイメージ! ポイントは芝目よりも傾斜にあり!

90切りが目標だけど、80台のスコアがなかなか出せない。 そんな人たちはパット数が減らないのも原因の一つだろう。 そこで...

あわせて読みたい
グリーン,イラスト

Aの地点から狙う場合、これは上りのラインで真っすぐのストレートということになる。上りなので平らなときよりも少しカップをオーバーするように打つことだろう。

次にBの地点から。Aとは逆に下りのライン。Aと同じくストレート、しかしタッチ、力加減はカップの少し手前...、Cから狙う場合はフックラインになるので...、ん!

勘のいい方ならもうお分かりだろう。同一平面上と考えた場合、4方向から狙う場合、ポイントは1点ラインは関係なく、どこから打っても同じところを狙っているのだ。

「力学的な結論は、上りの1メートルだったら3分の4、下りなら3分の2の強さで打てばいいのです。コースのグリーンが速かろうが遅かろうが、この比率は不変です。下りの3メートルは2メートルの強さで打てばいいのです。これは特別な発見ではありません。数理科学の結論なのです」(清永教授)

すべてのラインで狙うポイントはなんと1つだった!

Aから打つ場合

グリーンのイラスト

ラインは真っすぐのストレート。
上りのため、カップのちょっと先まで打つつもりで強めにヒットする

Bから打つ場合

グリーンのイラスト

ラインは真っすぐのストレート。
下りのため、カップのちょっと手前を目標にして打つ

Cから打つ場合

グリーンのイラスト

横からのフックライン。
左に曲がっていくのでカップのちょっと右側に仮想カップをイメージして打つ

Dから打つ場合

グリーンのイラスト

横からのスライスライン。
右に曲がっていくのでカップのちょっと左側に仮想カップをイメージして打つ

返しのパットはどう狙う?

パッティング

「下りのラインを打ってオーバーしたとしましょう。そのときフックして止まったと。返しのパットはさっきのラインを参考にしてスライスめに打つはずです。それが外す原因

カップを過ぎて止まったなら一番低いところで止まっているはず。次のラインはほぼ真っすぐでカップを外して打ってはいけません。




解説/清永 明

福岡大学名誉教授。大学時代は九州学生選手権を3連覇。医師でありながらゴルフにまつわる現象を物理の目で分析。1メートルのパットが90%の確率で入るヨネックスの「トライプリンシプルパター」の設計者としても有名。

2024年最新パターおすすめ人気ランキング20選|選び方のポイントも解説!

2024年最新のパターおすすめ人気ランキングを発表!ゴルフ初心者・中級者はもちろん、上級者からも人気のパター全20クラブを...

あわせて読みたい

【2024年】グリーンフォークおすすめ人気20選|使い方も解説!

この記事では、ゴルファーに人気のグリーンフォークおすすめ製品を紹介します。 コースをラウンドする際、ゴルファーのマ...

あわせて読みたい

パターグリップおすすめランキング5選|選び方や握り方も解説

この記事では、ゴルファーに人気のパターグリップおすすめ製品をランキング形式で紹介! 初心者からベテランまで、あらゆ...

あわせて読みたい