1. TOP メニュー
  2. スコアに効く
  3. 練習方法
  4. 「アイアンマン」たちに学ぶアイアンの打ち方と上達のヒント|第3回

「アイアンマン」たちに学ぶアイアンの打ち方と上達のヒント|第3回

アイアン上手への道はこの一歩から!

2019/06/24 ゴルフサプリ 編集部

アイアン使いの巧者と言えば、すぐ思い浮かぶのが、大人気イベント「アイアンマンカップ」に出場する鉄人たち!アイアンを自由自在に使いこなす彼らの“こだわりポイント”を聞けば、アイアン苦手ゴルファーたちの上達のヒントが見えてくるはず!!

3人の“打ちこなし術”は意外にもシンプル!ぜひお試しあれ。

●序 章アイアンマンたちに聞く、最も重視しているポイント
●第1回アイアンマン畠山さんの打ちこなし術
●第2回アイアンマン日永さんの打ちこなし術
●第3回:アイアンマン山本さんの打ちこなし術
●第4回本誌未公開! 畠山さんの「練習法」
●第5回本誌未公開! 日永さんの「練習法」
●第6回本誌未公開! 山本さんの「練習法」

鉄人(アイアンマン)山本さんの打ちこなし術は、「左足体重」をキープして打つこと!

プレッシャーのかかる場面でもきっちり打てるようになります!

以前はプレッシャーがかかると下半身が動きすぎてオーバースイングになって、すくい打ちになるクセがありました。これを防ぐため、アドレスした時点で少し左足に体重をかけ、その状態を保って振るようにしたら、アイアンのバラつきがなくなり絶好調! 特にトップでの左ヒザの位置を意識しています。

以前は、緊張するとオーバースイングに……!

初心者のころは、力が入るとすぐにオーバースイングになり、結果、インパクトではすくい打つ形になりミスを招いていました。左足体重を保つことで、このクセを抑えられるようになりました!

おすすめドリル|右足をツマ先立ちにして素振りをすると感覚がつかめる!

軸のブレを感じたら、ラウンド中のちょっとした待ち時間などに、右足をツマ先立ちにした「左足1本素振り」を行なって確かめています。

プロが鉄人たちのアイアン“打ちこなし術”をCHECK

左足体重なら理想的な“ダウンブロー”軌道に!

トップの「左ヒザ」の位置でスイング軌道は決まります。球より右ならクラブは少し下から、左ならクラブは上から鋭角に下りてきます。この状態を自然と作り上げているところはさすがですね!

ドライバー|アッパーブローで打つため、トップで左ヒザはボールの右

アッパーブローに打ちたいドライバーは、重心を右に置きたいので左ヒザを動かしてOK。

アイアン|ダウンブローに打つため、トップで左ヒザはボールの左

アイアンは左ヒザの位置をキープして、クラブを上から下ろせる体勢を作るのがカギ。

●アイアンマン
山本 剛さん(48歳)
・ゴルフ歴10年
・平均スコア85
・ベストスコア74
5番アイアン 180ヤード
7番アイアン 150ヤード

●解説 
深澤 治
(シャトレーゼヴィンテージゴルフ倶楽部)
1962年4月12日生まれ。
山梨県出身。1990年プロ入り。成城ゴルフクラブ(東京都世田谷区)、アイリスゴルフクラブ(山梨県甲府市)でもレッスンを行なっている。

【アイアンマンってどんな人?】

アイアンのみを担いで27ホールラウンドする名物イベントに出場する強者たち!
本誌名物企画「アイアンマンカップ」に出場する鉄人たちのこと。使用クラブはアイアン、パターの9本以内。真夏の炎天下の中、バッグを担いで27ホールをセルフプレーする、まさに真夏の祭典「鉄人」コンベ。今年も7月、8月に開催。詳しくは「アイアンマンカップ2019」にアクセスを!

「アイアンマンカップ2019」はこちらから!


<次回>本誌未公開! 畠山さんの「練習法」


第4回(5/7)を読む

取材協力/シャトレーゼヴィンテージゴルフ倶楽部

GOLF TODAY本誌 No.565 44~51ページより

【関連】アイアンショットを上達!打ち方のコツやスイング練習方法をプロが解説!

関連記事