1. TOP メニュー
  2. テクニックに効く
  3. スイング作り
  4. ドライバースイングを上達!正しい打ち方のコツとポイント【初心者向け】

ドライバースイングを上達!正しい打ち方のコツとポイント【初心者向け】

2019/11/26 ゴルフサプリ 編集部

ドライバーをスカッと飛ばしたい!そう願ってやまないゴルファーへ、小川泰弘プロがドライバーの正しい打ち方をレッスン。ゴルフ初心者はもちろん、スランプ脱出をはかりたい人も、すぐに真っ直ぐ飛ばせるようになる!

[目次]
ドライバーの正しい打ち方|スイングの基本を学んでミート率&飛距離アップ!
ドライバーの正しい打ち方|バックスイングをマスターして真っ直ぐ飛ばす!
ドライバーの正しい打ち方|トップからフィニッシュまでの基本の動き

教える人・小川泰弘プロ

おがわ・やすひろ。
1972年9月5日生まれ、東京都出身。1999年プロ入り。
昭和の森ゴルフアカデミーで幅広い年代層をレッスン。実戦的でわかりやすい指導法に定評があり、これまでにレッスンしたゴルファーは2500人を超える。

取材・写真/三代 崇 協力/昭和の森ゴルフコース

ドライバーの正しい打ち方|スイングの基本を学んでミート率&飛距離アップ!

ドライバーショットの魅力は何といっても「豪快な飛ばし」に尽きる。でもボールにちゃんと当たらないと飛距離が出ないし、左右に大きく曲がってしまう。そこでドライバーの正しい打ち方・スイングを基本から学習しよう。

ドライバーは腕の力を抜いてムチのようにしなやかにスイング

ドライバースイングは「腕の振り」と「体の回転」のバランスがとても大切です。腕を振るだけで体が回っていなかったり、体ばかりが回転して腕が振れていなかったりすると、ボールを正しく打てません。

ゴルフ初心者の方や経験がまだ浅い人は、最初に腕の振りと体の回転をリンクさせる練習を積んで、ドライバーの打ち方・スイングを基本からマスターしましょう。

まず腕の振りから覚えましょう。両足を閉じて両腕を脱力させて、右肩の高さまで上げて左肩の高さまで振り抜きます。腕を無理に伸ばさないで、象さんの鼻のようにブランブランと振るのがポイントです。

力を抜けば両手にクラブの重さが伝わり、クラブヘッドできれいな円弧を描く感覚がつかめます。これが腕をスムーズに振るコツです。

両手に力が入ると肩や腕が硬直し、腕がスムーズに振れません。ドライバーのように遠くに飛ばしたくなるクラブは、とくに両手に力が入りやすいですから注意が必要です。

両手にクラブの重さが感じられるまで力を抜いて、腕をムチのようにしなやかに振る感覚をつかんでください。

体重移動を使って体を左右に回す

腕の振りを覚えたら、今度は体の回転の練習です。両足を肩幅くらいに広げて、両足をステップさせながらドライバーを振りましょう。

バックスイングでは左足を浮かせて、左足を踏み込んでからドライバーを振り下ろし、右足を浮かせながら振り抜いていきます。

このように両足をステップさせるドライバーの素振り練習で、体の回転と左右の体重移動がつかめます。バックスイングは「右向け右」の要領で胸を右に回し、ダウンスイング以降は「左向け左」の要領で胸が目標方向を指すまで体をターンさせましょう。

体を回転させながら腕を振れば体重移動が自然に働いてくることがわかりますが、頭が左右に動かないように腕を振ることが大切です。

体の回転はボールを飛ばすための動きで、腕の振りはボールに当てるための動きです。ドライバーでボールを正しく打つには飛ばすための動作と当てるための動作の同調が大事であって、どちらかが一人歩きしては正確に打てなくなります。

体重移動を使いながら腕を振るコツがつかめたら、ドライバースイングの基本はほぼマスターできたといえます。
初心者の方もそうですが、ドライバーが当たらなくなって悩んでいる人もこうした基本を見直して練習すればスランプ脱出のキッカケがすぐにつかめることでしょう。

ドライバーのヘッドで円を描くように腕を上下に振る

そうはいってもドライバーはシャフトが一番長いクラブなので、経験の長い人でもボールにうまく当たらないのはよくあること。

長いクラブだから正確にミートするのが難しいという点もありますが、もう一つは腕の振りを誤解しているのも原因と考えられます。

プロたちのドライバースイングを見ると、体を横に回転させながら腕を横に振っているように見えるでしょう。でも実際は腕を縦に近い角度で振っているのです。

アドレスで前傾姿勢をつくり、地面の上のボールを打つには、腕を横の方向に振っていてはボールにまったく当たりません。

バックスイングでは胸を右に回しながら腕を右肩の上のほうに上げて、ダウンスイング以降は胸を左に回しながら腕を下降させて、それから腕を左肩の上へと振りましょう。

体を横に回しながら、腕を縦に近い角度で振るのが正しいドライバースイングです。より具体的にいえば、腕は緩やかなU型軌道を描くようにスイングするというわけです。

そこでドライバーを両手で持ち、自分から見て時計の針が進む方向にグルグル回してみましょう。円を描きながら腕を上下に回し続けながら、少しずつ上体を前傾し、腕の振りと体の回転をリンクさせます。

実際にボールを打つときも、そんなイメージでスイングすれば正しく打てるようになるはずです。
クラブをグルグル回す練習をするときは、時計の針と反対方向に回してはいけません。実際のスイングと逆方向に振ることになり、正しい感覚がつかめないからです。

腕の上げ下げの練習を始めにやっておくとドライバー上達が早い

私が初心者の方にドライバーの打ち方をレッスンするときは、「腕の上げ下げ」の動きを詳しく教えるようにしています。
その理由としては、ボールを正しく打てない人のほとんどがバックスイングとダウンスイングの腕の通り道がずれているので、それを修正するためです。

アドレスしたときの両ヒジの間隔をキープして腕をトップの位置まで上げたら、ダウンスイングでも両ヒジの間隔が変わらないように腕を下ろすことが大切です。

そこでトップの位置から腕を右肩の高さまで下ろし、またトップまで上げて下ろす練習をしましょう。回数は10回くらいをメドにするといいでしょう。

前傾角度をキープして腕を上げ下ろしする動きを始めにしっかり覚えておけば、ダウンスイングでクラブがインサイドから低く下りてきたり、アウトサイド方向から下りてきたりすることがなくなり、ボールを正しくヒットできる確率が上がります。

ドライバーの打ち方が上達する度合いもスピードアップすること請け合いです。

ドライバーの打ち方【バックスイング編】

次のページ

ゴルフ場はお決まりですか?

そろそろ新しくしませんか?

関連記事