1. TOP メニュー
  2. テクニックに効く
  3. パッティング
  4. ショートパット、こうすれば入ります! カップインの音を左耳で聞こう

ショートパット、こうすれば入ります! カップインの音を左耳で聞こう

ショートパットの悩みを吉本舞が解消! VOL.3

2021/10/13 ゴルフサプリ 編集部

ショートパットの悩みを吉本舞が解消! VOL.3

ショートパットを入れたい! 外したくない!そう思えば思うほど結果を早く見ようとして、上体がカップ側に突っ込みやすい。これがミスパットの典型的なパターンだ。
「カップインの確率を高めるには結果を考えるよりも、自分が実行すべきストロークに集中することが大切ですよ」と吉本舞コーチ。そのための必須ポイントを教えてもらおう。

ルックアップは絶対禁物。カップインの音を左耳で聞こう

曲がるラインは仮想の目標に対してストレートに打つ

グリーンには傾斜がありますが、カップまで1メートルの距離ならカップに向かって真っすぐ打ち出すのが基本です。カップを30センチオーバーさせるくらいのやや強めのタッチで打てば、曲がる前にカップインしやすいといえます。でも2メートルくらいになると、多少はラインを読むことも必要です。ボールからカップまでの傾斜を見て、「ちょっと曲がるな」と判断したら、仮想の目標を設定してその場所に向かってフェースを真っすぐセットし、真っすぐ打ち出しましょう。1カップぶん左に曲がるラインなら、1カップ右を狙ってストレートラインのつもりで打てばOKです。

ショートパットの悩みを吉本舞が解消! VOL.3
フックラインならカップの右に仮想の目標を定めて、その場所に対して真っすぐ構える。
ショートパットの悩みを吉本舞が解消! VOL.3
仮想の目標に向かってストレートに打ち出せば、あとは傾斜に乗ってボールが勝手に左に曲がる。

ここで注意したいのは、自分でラインを作らないことです。アマチュアの方とラウンドして気づいたことですが、スライスラインやフックラインを打つときに、スライスラインならボールをカットめに打って右に曲げようとか、フックラインではフェースをかぶせて打ち、左に曲げようなどとするゴルファーが意外に多いんです。

空中を飛んでいくボールには自分で回転をかけることができますが、グリーン上をコロがるボールは自分で回転をかけることなんてできません。それを意図的にやろうとするとフェースの芯を外したり、ストロークの軌道が安定しなかったりで、カップを外しやすくなります。スライスラインもフックラインも、曲がり幅を想定して仮の目標を決めたら、その目標に対してストレートラインのつもりで真っすぐ打ち出せば、ボールが傾斜に乗ってカップインしやすくなります。

ストレートラインでも曲がるラインでも、カップの左に外しやすいタイプと右に外しやすいタイプがいて、それぞれの傾向やクセがはっきりと表れます。左に外しやすい人はインパクトで上体が突っ込むため、フェースがかぶって当たりやすいのが原因。カップの右に外してしまうことが多い人は、カップに向かってフェースを真っすぐ出そうとしすぎてインパクトで上体が起き上がり、フェースが開いて右に押し出すように当たっているためです。狙ったターゲットに向かってボールを真っすぐコロがすつもりでストロークすれば、こうしたミスが減ってくるはずです。

ショートパット、こうすれば入ります!! 10センチ先のスパットを意識して!

カップまで1メートルくらいのショートパット。「入れたい!」と思って打ったのに、外してしまうパターンが結構多いもの。パッ...

あわせて読みたい
ショートパットの悩みを吉本舞が解消! VOL.3
上体が突っ込みやすい人はフェースがかぶって当たるため、カップの左に外しやすくなる。
ショートパットの悩みを吉本舞が解消! VOL.3
フェースを真っすぐ出しすぎると上体が起きてフェースが開いて当たり、右に外しやすい。

左ツマ先を閉じて構えると、上体の突っ込みを防げる

といっても大事な場面でのショートパットは、どうしても緊張してしまいますよね。このパットを入れたらうれしいバーディ。これを決めたらベストスコア達成。こんなときは結果を先に考えてしまいがちです。1メートルのショートパットは構えたときにボールを見ていても、カップが視界に入りますから、ストローク中に目が泳ぎやすい点に注意しましょう。インパクト前に目がカップの方に行くと顔も早くカップを向いて、上体が突っ込みやすくなります。ルックアップのミスというわけですが、これを防ぐには構えたときの目線を、ボールを打ち終えるまでキープすること。そしてカップインの音を左耳で聞くようにすることです。

ショートパットの悩みを吉本舞が解消! VOL.3
構えたときにカップが視界に入るため、目や顔が早くカップを向きやすい点に注意。
ショートパットの悩みを吉本舞が解消! VOL.3
構えたときの目線をキープし、カップインの音を左耳で聞くようにしよう。
ショートパットの悩みを吉本舞が解消! VOL.3
カラダの軸をしっかり固定できればフェースの芯でヒットでき、カップに入る。

構えたときの目線や顔の向きを変えないでストロークし、上体の突っ込みを防ぐには左サイドの壁を作る意識を持つのもいいと思います。そのためにも通常は両足のツマ先を軽く開いて構える人でしたら、左ツマ先を真っすぐ向けておくのがオススメ。こうするとストローク中にカラダの軸を固定しやすく、上体が突っ込まなくなります。あとは振り子運動のイメージで、一定のリズムとテンポでストロークすることと、右手首や左手首の角度が変わらないようにパターを振ることを心がけましょう。とくにショートパットはインパクトが緩んだり、パンチが入ったりしてストロークとリズムが変わりやすいので注意が必要です。小さい動きでも打つ前に連続素振りをして、振り子運動の感覚を思い出してからストロークすればカップインの確率がかなり上がりますよ。

ショートパットの悩みを吉本舞が解消! VOL.3
左ツマ先を真っすぐ向けて構えると左サイドの壁が作りやすく、上体が突っ込みにくくなる。
ショートパットの悩みを吉本舞が解消! VOL.3
打つ前に小さいストロークの連続素振りを繰り返して一定のリズムで振る感覚をつかんでおこう。
ショートパットの悩みを吉本舞が解消! VOL.3
確実に決めたいショートパットこそ打ち急がずに、振り子運動のイメージで丁寧にストロークしよう。

取材・文/三代 崇
写真/富士渓和春
協力/武蔵丘ゴルフコース


吉本舞

吉本舞
よしもと・まい
1990年7月25日生まれ、佐賀県出身。USLPGA Teaching&Club professionの資格を取得。敏腕カリスマコーチ・森守洋に師事し、東京ゴルフスタジオ(三鷹市)で多くのアマチュアをレッスン。一人一人の悩みに寄り添った丁寧でわかりやすい指導で人気。Instagramでもゴルフレッスンやゴルフウェアコーディネートなど更新中。


ショートパットの悩みを吉本舞が解消!

vol.2(前回)へ

シリーズ一覧

パター練習方法と自宅で使える練習器具おすすめ10選|マットなど

自宅で身近にある小道具を使って簡単確実にスキルアップできるパター練習方法を大紹介! いくらショットやアプローチがう...

あわせて読みたい

2021年最新パターおすすめ人気ランキング20選|選び方のポイントも解説!

2021年最新のパターおすすめ人気ランキングを発表!ゴルフ初心者・中級者はもちろん、上級者からも人気のパター全20クラブを...

あわせて読みたい

関連記事