1. TOP メニュー
  2. テクニックに効く
  3. スイング作り
  4. 女子プロ連続写真|女子プロのドライバーテクニック(3/3)

女子プロ連続写真|女子プロのドライバーテクニック(3/3)

LADIES SWING PHOTO[保存版]女子プロ連続写真大特集2021 PART1

2021/10/14 ゴルフサプリ 編集部

女子プロ連続写真|女子プロのドライバーテクニック(3/3)

女子ツアー界ナンバーワンのロングヒッター、笹生優花を筆頭に原英莉花、勝みなみらドライビングディスタンス部門上位の選手のスイングを解説。フェアウェイキープ率上位の選手、賞金ランキング上位の選手のスイングにも注目して欲しい。飛ばしのポイントはプレーヤー個々で異なることも分かるはずだ。

GOLF TODAY本誌 No.592 36〜41ページより

菊池絵理香|左足の踏み込みで右肩を高い位置にキープ

女子プロ連続写真|女子プロのドライバーテクニック(3/3)

①ややガニ股気味でワイドスタンスに構える
②右ヒザが少し回転しながらクラブを上げていく
③左足を踏み込むから右肩が下がりすぎず、シャローにインパクトできる

女子プロ連続写真|女子プロのドライバーテクニック(3/3)
女子プロ連続写真|女子プロのドライバーテクニック(3/3)

菊池絵理香
きくち・えりか(フリー)1988年7月12日生まれ、北海道出身。157㎝。21年のアース・モンダミンカップで4年振りのツアー4勝目。

大里桃子|カラダの軸の傾きが少ないコマのようなスイング

女子プロ連続写真|女子プロのドライバーテクニック(3/3)
女子プロ連続写真|女子プロのドライバーテクニック(3/3)

①ダウンスイングで右ヒジが背中に近いところから下りている
②上体をほぼ真っすぐにキープしているからミート率が高い
③右ヒザが前に出るクセが解消されてスイングが安定した

女子プロ連続写真|女子プロのドライバーテクニック(3/3)

大里桃子
おおさと・ももこ(伊藤園)1998年8月10日生まれ、熊本県出身。171㎝。21年のほけんの窓口レディースでツアー2勝目を飾った。

岡山絵里|両ヒジの間隔キープで、カラダと腕が連動する

女子プロ連続写真|女子プロのドライバーテクニック(3/3)

①バックスイングで両ヒジの間隔が変わらない
②左足を踏み込んだときに左ヒザが流れていないのがグッド

女子プロ連続写真|女子プロのドライバーテクニック(3/3)

③右腕がきれいに伸びたフォロースルー

女子プロ連続写真|女子プロのドライバーテクニック(3/3)

岡山絵里
おかやま・えり(ニトリ)1996年6月4日生まれ、大阪府出身。161㎝。21年はアクサレディスゴルフトーナメントでツアー2勝目。

女子プロ連続写真|女子プロのドライバーテクニック(2/3)

女子ツアー界ナンバーワンのロングヒッター、笹生優花を筆頭に原英莉花、勝みなみらドライビングディスタンス部門上位の選手...

あわせて読みたい

若林舞衣子|両ワキにタオルを挟んでいるイメージのスイング

女子プロ連続写真|女子プロのドライバーテクニック(3/3)

①バックスイング中、両ワキがしっかり締まっている

女子プロ連続写真|女子プロのドライバーテクニック(3/3)

②両ワキが締まったままだから、胸板の回転スピードを上げられる
③手の運動量が少ないからプレッシャーに強いスイング

女子プロ連続写真|女子プロのドライバーテクニック(3/3)

若林舞衣子
わかばやし・まいこ(ヨネックス)1988年6月9日生まれ、新潟県出身。165㎝。21年のGMOサマンサタバタグローバルカップでツアー4勝目。

西郷真央|フェースを開かないで下ろすからパワー効率が高い

女子プロ連続写真|女子プロのドライバーテクニック(3/3)

①上体と下半身の回転差が大きいパワフルなトップ
②左手首を手のヒラ側に折りながらクラブを下ろしてくる

女子プロ連続写真|女子プロのドライバーテクニック(3/3)

③インパクトで右ヒジを少し曲げることで過度のフェースターンを抑える

女子プロ連続写真|女子プロのドライバーテクニック(3/3)

西郷真央
さいごう・まお(大東建託)2001年10月8日生まれ、千葉県出身。158㎝。ジャンボ尾崎の門下生で、飛距離は十分。ツアー初優勝も間近。

三ヶ島かな|スイング中、グリップエンドをカラダに向けておく

女子プロ連続写真|女子プロのドライバーテクニック(3/3)

①バックスイング中、カラダと手元の距離が変わらない
②腕や手の稼動を抑えているからトップがコンパクト

女子プロ連続写真|女子プロのドライバーテクニック(3/3)

③左ワキが締まっていて、グリップエンドの向きがカラダから外れない

女子プロ連続写真|女子プロのドライバーテクニック(3/3)

三ヶ島かな
みかしま・かな(ランテック)1996年7月13日生まれ、福岡県出身。164㎝。ツアー未勝利だが、着実にランキングを上げている。

比嘉真美子|両ワキ腹の伸縮を使って打つパワフルスイング

女子プロ連続写真|女子プロのドライバーテクニック(3/3)

①左ワキ腹を縮める側屈を使うことでトップがややフラットになる
②ダウンスイングは左足を踏み込んで右ワキ腹を縮める

女子プロ連続写真|女子プロのドライバーテクニック(3/3)

③手元が少し浮きながらインパクト。これで適度にアッパーにとらえられる

女子プロ連続写真|女子プロのドライバーテクニック(3/3)

比嘉真美子
ひが・まみこ(TOYOTIRE)1993年10月11日生まれ、沖縄県出身。ツアー通算5勝の実力派。ドライビングディスタンス部門でも上位。

宮里美香|体軸を少し傾けて適正アッパーでインパクト

女子プロ連続写真|女子プロのドライバーテクニック(3/3)
女子プロ連続写真|女子プロのドライバーテクニック(3/3)

①ダウンスイングで背骨がやや傾く。本当はこのくらいの角度がベスト
②軸の適正の傾きによってアッパーブローにとらえられる
③クラブを速く振ろうとしなくても自然とヘッドスピードが上がる

女子プロ連続写真|女子プロのドライバーテクニック(3/3)

宮里美香
みやざと・みか(ニチコン)1989年10月10日生まれ、沖縄県出身。160㎝。2012年の米女子ツアー、セーフウェイクラシックで優勝。

安田佑香|フェースをシャットに使ってドローを打つ

女子プロ連続写真|女子プロのドライバーテクニック(3/3)

①フェースをシャット気味に上げていくバックスイング
②ボールがつかまりすぎないように左サイドを素早くターン

女子プロ連続写真|女子プロのドライバーテクニック(3/3)

③フェースターンを適度に使って安定したドローを打っている

女子プロ連続写真|女子プロのドライバーテクニック(3/3)

安田佑香
やすだ・ゆうか(NEC)2000年12月24日生まれ、兵庫県出身。163㎝。西村優菜と同じミレニアム世代で、ツアー初優勝が待たれる。

スイング解説

石井忍

石井忍
いしい・しのぶ1974年8月27日生まれ、千葉県出身。日大ゴルフ部を経て98年プロ転向。その後、コーチとして手腕を発揮し、多くのツアープロを指導。現在は千葉、赤坂、神保町で「エースゴルフクラブ」を主宰。アマチュアレッスンも精力的に取り組む。

取材協力/エースゴルフクラブ千葉
取材トーナメント/ 明治安田生命レディスヨコハマタイヤゴルフトーナメント、アース・モンダミンカップ


LADIES SWING PHOTO
←女子プロのドライバーテクニック
女子プロのアイアンテクニック→

PART2(前回)へ PART1(次回)へ

シリーズ一覧へ

2021年最新ドライバーおすすめ人気ランキング20選|選び方のポイントも解説!

2021年最新のドライバーおすすめ人気ランキングを発表!ゴルフ初心者・中級者や上級者からも人気の飛ぶドライバー全20クラブ...

あわせて読みたい

ドライバーの正しいアドレスの作り方をプロゴルファー5人が解説!

この記事では、プロゴルファー5人がドライバーの正しいアドレスの作り方を紹介! もっと飛ばしたい…。OBさえ打たなければ…...

あわせて読みたい

関連記事