1. TOP メニュー
  2. テクニックに効く
  3. 曲がり
  4. ドライバーの正しいアドレスの作り方をプロゴルファー5人が解説!

ドライバーの正しいアドレスの作り方をプロゴルファー5人が解説!

Q&A 大特集 ドライバー編

2020/06/01 ゴルフサプリ 編集部

もっと飛ばしたい…。OBさえ打たなければ…。
ドライバーショットはスコアを左右してしまうだけに悩みは尽きない。飛距離も欲しいけど曲げたくない! そんなアナタの質問にトッププロ18名が答えます。練習場でも実践できるドリルも盛り沢山。今のうちにライバルに差をつけよう!

ドライバー上手の3ポイント

  • ポイント1:無理な飛距離は求めない
    大事なのは自分のスイングにおける最大の飛距離を求めないこと。無理に飛ばそうとして曲げていては意味がない。7、8割のパワーで飛ばして曲げないスイングを身につける。

  • ポイント2:クラブの動きに身を委ねれば曲がらない
    昨今のクラブは、そのほとんどが『飛んで曲がらない』ようにできている。極端に言えば、曲げないように意識的にクラブを動かそうとするから、曲がるのだ。大事なのはクラブの動きを妨げないこと。

  • ポイント3:アマチュアのミスの9割はアドレスにあり!?
    ターゲットに正しく構えられていない。猫背すぎたり、右肩が前に出すぎていたり……。スイングではなく、そうしたちょっとしたズレを見逃さなくなるだけで、ミスの確率は大幅に減るのだ。

【関連】ドライバースイングを上達!正しいアドレスの作り方を小川泰弘プロが解説

Q.正しいアドレスの向きを身につけるドリルは?

大西葵(リコー)1998年8月29日生まれ愛媛県出身ツアー通算1勝。

写真のようにクラブを持ち、シャフトのラインと体の向きを合わせる。

A.シャフトを足元に重ねてチェック!

[ドリルの目安]番手を変えるごとに確認してみよう!

上半身と下半身の向きが一致しているかを常にチェック

練習から同じルーティーンでアドレスできるように心がけていますが、違和感がある時は両手にクラブを乗せて体の前にかざし、体のラインとスタンスラインが一致しているかをチェックします。シャフトのラインが体の向きで、そのラインにツマ先の向きが合っていればOK。その状態でターゲット方向を向けば、上半身と下半身が同じ方向を向きます。練習場で常に自分の向きを確認することができるドリルなので、ぜひ試してみてくださいね。

ツマ先を結ぶラインがシャフトに重なる

ツマ先のラインがシャフトと重なれば上半身と下半身の向きが合っている。

Q.トップで体をしっかり回すドリルはある?

秋葉真一(関文グループ)1965年7月15日生まれ。神奈川県出身。

A.練習時からトップで頭を大きく右に動かそう

[ドリルの目安]番手ごとに10球ずつ練習しよう!

練習ではわざと大きく頭を動かしてみよう

飛距離が落ちたり曲がるようになるのは、体が動いていないということが原因の場合が多いです。頭を動かしてはいけないと思っている方も多いと思いますが、人間の体の柔らかさには限度があります。そんな時は頭を右に動かしながらバックスイング。体ごと右にスライドしても構わないので上体の右回転を最優先させます。その代わりインパクトまでは、トップの頭の位置をキープしましょう。スイングは回転運動なので、手で当てて終わりになるのはNGです。

「頭を動かさない」ことで体が回らず、気づかないうちに手打ちになっているアマチュアが多い。

Q.ラウンド中のスライスを減少させる工夫ドリル

宮本勝昌(ハートンホテル)1972年8月28日生まれ。静岡県出身。ツアー通算12勝。

スクエアにセットしていたフェースを閉じ、ターゲットラインに対してフェースを左に向ける。

A.フェースを閉じて構えるクセをつけよう

スイングを変えようとしないことが大前提。閉じて素振りをした時にフォローでフェースが左を向けばOK

[ドリルの目安]番手ごとに10球ずつ練習しよう!

スイングを変えなければスライスは即止まる!

スライスの原因は多々あります。これをラウンド中に直すのはなかなか難しいので、練習時から、1つクセをつけてラウンドに挑みましょう。それは、アドレスだけ変えてそのまま振ることです。ポイントはフェースを閉じること。フェースが少し閉じた状態でグリップし、フェースを左に向けてアドレスするだけ。違和感があるかもしれませんが、このセットアップでスイングを変えなくてもスライスはピタリと止まりますよ。

フェースが左を向いた状態でクラブを握る。アドレスしてからフェースだけ左を向けないこと。

Q.球のばらつきを抑えるドリルを教えて

淺井咲希(小杉CC)1998年6月13日生まれ。兵庫県出身。ツアー通算1勝。

A.腕の三角形を崩さずに素振りしてみよう

[ドリルの目安]練習を始める前にストレッチの気持ちで20往復してみよう!

三角形を崩さないためにヒジを曲げないこと

球がばらつく原因はクラブをタテに下ろすことによって、手元が浮いてしまい、インパクトでヒールに当たってしまうから。その手元が浮いてしまうのを防ぐために、グリップエンドをおなかにくっつけて腕を伸ばして振るドリルをします。この時に注意してもらいたいのが、両肩と手元の逆三角形を崩さないようにすること。ヒジを曲げてしまうと、逆三角形が崩れてしまうので、あくまでも体の動きを意識するようにしましょう。

腕の三角形が崩れるとグリップエンドが体から離れてしまいます

逆三角形が崩れてしまうと、この練習の意味が全くありません。そのためにはヒジを曲げないようにして、逆三角形をキープしましょう。

いかにスイートスポットでインパクトできるかが大事

手元が浮くとインパクトはヒール寄りになる。再現性も低くなるため、球はばらつく。

Q.真っすぐ構えられるルーティーンドリルは?

エイミー・コガ(フリー)1995年8月26日生まれ。米国ハワイ出身。

A.左手1本で構えて右手で肩の開きを抑える

[ドリルの目安]番手を変えるごとに確認してみよう!

右手で構えると肩が開きやすい

アドレスでは目標に真っすぐ向きたいけれど、右利きだからと右手からアドレスに入ると真っすぐ向けません。目標を見るときに左肩が開いて体が左を向くのがその理由。これを防ぐには左手でアドレスに入ること。左手一本でクラブを持ち、左肩が開いていないのを確認してから右手をグリップします。その際、右手を上から握らないようにすることと、目標を見なおす場合に左肩越しに見ることも大事。練習時に目標にしっかりと向けているか、心配になったらこのドリルで確認しましょう!

右手で構えると肩が開きやすい

まずは左手でクラブを目標方向に合わせよう

左手一本でフェースを目標に向け、左手の位置を変えずにヨコから右手をグリップすればOK。

撮影トーナメント/日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills、ブリヂストンオープン、NEC軽井沢72ゴルフトーナメント、スタンレーレディスゴルフトーナメント、富士通レディース 2019
※2019年に取材したものも含まれます。

GOLF TODAY本誌 No.576 32〜35ページより

【関連】
ドライバーで真っ直ぐ飛ばす!曲げずに飛距離を出すためのコツをプロが解説!
小柄でも飛ばせる!ドライバー飛距離アップの工夫を女子プロゴルファー5人が解説

【Q&A大特集シリーズ一覧】
スコアが10打縮まるパッティング練習方法|方向性や距離感が掴める!
ドライバーの正しいアドレスの作り方をプロゴルファー5人が解説!
ドライバーを曲げずに飛ばす打ち方を8人のプロゴルファーが解説!
ドライバー飛距離アップ!曲げずに飛ばすには無理な飛距離は求めない
ユーティリティの打ちこなしポイントと練習方法を女子プロがレッスン
フェアウェイウッドで飛ばす!コツと練習方法を女子プロ5人がレッスン
【状況別】アプローチの打ち方をプロゴルファーがレッスン|アイアン編

関連記事