1. TOP メニュー
  2. テクニックに効く
  3. スイング作り
  4. アイアンのダフリ・トップは、アドレスの見直しだけで解決することが多いんです

アイアンのダフリ・トップは、アドレスの見直しだけで解決することが多いんです

シーズンインに備えよう! 人気コーチ・大西翔太があなたのスイングのマイナーチェンジをお手伝い!|Vol.4

2023/01/23 ゴルフサプリ編集部

スイングの「マイナーチェンジ」レッスンシリーズの第4回はアイアン。「昨年はよく穴を掘ったな〜」「ダフリだけでなくトップも出たな〜」という人は、どこを修正すべきかを大西翔太コーチがアドバイス。スイングの改善も必要だが、その前にアドレスを見直してみよう。

アイアンは骨盤前傾のアドレスを作ってスイングを改良!

骨盤が立った構えになっていなかったかを見直そう

アイアンショットのダフリ、トップのミスの原因はそれぞれ違いますし、ボールをすくい上げたり上体が突っ込んだりなどスイングの症状もまちまちです。一口でいえばダフリやトップが生じるのはインパクトの打点が上下にズレるためですが、スイングよりもアドレスに問題アリと疑ってみてください。アイアンでミスショットが出やすい人のほとんどは、骨盤が立った構えや猫背の構えになっているからです。

アイアンでダフリやトップが出やすい人は、骨盤が立った棒立ちの構えになっている人が多い。
前傾角度が深すぎて背中が丸くなったアドレスもNG。スイング中にカラダが上下動しやすい。

骨盤が立った棒立ちのアドレスも、前傾姿勢が深くすぎて背中が丸くなったアドレスも「どっしり感」がなくて、バックスイングで前傾角度が変わりやすいのが大きなマイナス要素。バックスイングで上体が下がればダウンスイングで起きてしまいますし、バックスイングで上体が起きればダウンスイングで沈み込んでしまうことになります。バランスの悪いアドレスの姿勢がスイング中のカラダの上下動を引き起こしているのです。

バックスイングで上体が沈むと、その反動でインパクトでは上体が起きてしまいやすい。
バックスイングで上体が起きればインパクトでは沈み込んで突っ込み打ちとなりやすい。

モモのツケ根から上体を軽く折り曲げて骨盤を前傾させる

そこでアドレスの作り方をアドバイスしましょう。まず両足を自分の肩幅くらいに広げて直立の姿勢になり、クラブを腰の前に水平にあてがいます。次に腰の前のクラブを背中側に押して、軽く会釈するように脚のツケ根から上体を折り曲げます。背骨をナチュラルに真っすぐに伸ばした状態で前傾させることが大事なポイントです。そしてお尻を少し持ち上げる感覚を出して、両ヒザを軽く曲げましょう。これで骨盤も自然と前傾し、背中からお尻にかけてのラインが真っすぐとなり、きれいな姿勢で構えられます。

最初に直立姿勢になる。腰の前にクラブを水平にあてがうと正しい前傾姿勢が作りやすい。
クラブを背中側に押して、軽くお辞儀するように上体を軽く折り曲げる。
背骨を真っすぐに伸ばした状態で前傾姿勢を作ることが重要なポイント。
お尻を少し持ち上げて、両ヒザを軽く曲げてアドレスが完成。

あとは両腕を脱力させて自然に下げたポジションで両手をグリップすればアドレスの完成です。骨盤前傾のアドレスを作れば上体よりも体幹近くの腰回りに意識がいきやすく、足腰に力を入れなくても下半身の全体にどっしり感が生まれます。アドレスが安定すれば前傾軸をキープしやすく、バックスイングやダウンスイングで頭が上がったり下がったりすることがなくなり、上下の打点のズレが減ってミート率が絶対に上がるはずです。ただし背中を真っすぐにしようとして胸を反らせすぎた構えになってはダメ。上体が力んでバックスイングやダウンスイングでカラダが上下動しやすいためです。

骨盤を前傾させていても、胸を反りすぎたアドレスはNGだ。
安定した構えを作ればスイング中も前傾角度が変わらず、上下の打点のズレがなくなる。

お腹に力を溜めておけば前傾角度をキープしやすくなる

スイングで気を配ってもらいたいのは、アドレスでお腹に力を入れたらスイング中もお腹から力を抜かないことです。もう一つは左手首でも右手首でもいいので、アドレスの手首の角度をスイング中もキープすること。スイングの形はあまり考えなくてもOKです。

腕や手を使わずに、お腹を左右に回転するイメージでスイング。お腹に力を溜めておけば、アドレスの前傾軸が上下はもちろん、前後左右にもブレません。インパクトまで頭をアドレスの位置にキープして振り抜けるようになり、ヘッド・ビハインド・ボールの形も自然と作られます。

アドレスでお腹に力を入れておくとスイング中の上下動を防げる。
バックスイングでお腹を右に回し、ダウンスイングはお腹を左に回そう。
傾軸をしっかりキープでき、ヘッド・ビハインド・ボールの形が自然と作られる。

またアイアンショットは距離を出すのが目的ではありません。グリーンを狙って打つのですから、イメージどおりの距離を打つことが大事です。7番アイアンで頑張って160ヤード飛ばすことより、あまり飛ばなくてもいいから何度打っても140ヤード前後の距離を打てるようになりましょう。距離を平均させるにはクラブを思い切り振り回す練習では意味がありません。力感を7〜8割くらいに抑えて、フィニッシュまでスムーズに振り抜きましょう。左足だけでも立てるようなバランスのいいフィニッシュを決める心がけもインパクトの打点を安定させるポイントです。

スムーズな振り抜き感覚も大切。フィニッシュは左足だけでも立てる姿勢がベストだ。

〈まとめ〉
・アイアンのミスはアドレスから見直そう
・骨盤が立った構えは上下動を起こしやすい
・脚のツケ根から上体を折り、骨盤を前傾させる
・背中からお尻のラインはナチュラルに真っすぐ
・お腹に力を溜めて前傾角度をキープ
・フィニッシュをしっかり決めよう

取材・文/三代 崇
写真/渡辺義孝
協力/千葉カントリークラブ野田コース

大西翔太
おおにし・しょうた
1992年6月20日生まれ、千葉県出身。水城高校ゴルフ部を経てティーチングプロの道に進む。日本プロゴルフ協会A級の資格を取得。現在はジュニアゴルファーの指導に尽力する一方、青木瀬令奈らツアープロのコーチもつとめる。メンタルやフィジカルの知識も豊富で、幅広く活躍中。


シーズンインに備えよう! 人気コーチ・大西翔太が あなたのスイングの マイナーチェンジをお手伝い!

vol.3(前回)へ vol.5(次回)へ

シリーズ一覧

風が強い日のゴルフは「ツマ先ちょい浮かせ立ち」アドレスで安定感アップ!

冬の寒い日は、風がとても冷たい。おまけに強い風が吹きっぱなしで厄介だ。「一番の対策法は、風にあおられないようなアドレ...

あわせて読みたい

2023年最新アイアンおすすめ人気ランキング20選|選び方のポイントも解説!

2023年最新のアイアンおすすめ人気ランキングを発表!ゴルフ初心者・中級者はもちろん、上級者からも人気のアイアン全20クラ...

あわせて読みたい
直近急上昇記事

関連記事