1. TOP メニュー
  2. テクニックに効く
  3. スイング作り
  4. Q.オーバースイングが治りません A.胸が回らないと、腕の運動量が大きくなります

Q.オーバースイングが治りません A.胸が回らないと、腕の運動量が大きくなります

カラダが喜ぶ、グラビティメソッド Season3 vol.23

2022/05/12 ゴルフサプリ編集部

スイング中の重心を整え、再現性を高める「グラビティメソッド」。シーズン3では、ゴルファーの具体的な悩みを解決していきます。

GOLF TODAY本誌 No.599 110〜111ページより

Q.オーバースイングが治りません

A.胸が回らないと、腕の運動量が大きくなります

オーバースイングは、胸郭の回転不足

胸(=胸郭)が回らないと、体の他の部分が大きく動いてしまいがちだ。たとえば、手が上がり過ぎたり、スエーが起きたりすることでオーバースイングになってしまったりする。

助走が長くても、飛ぶわけではない

オーバースイングにコンプレックスを持つ人は少なくありません。原因は、バックスイングで胸(=胸郭)が十分に回らず、その分、腕の動きが大きくなっているためです。カラダが回っていないのを腕の動きで補う結果、トップでヘッドが垂れるようなオーバースイングになります。

修正するコツは、テコの原理を応用することです。腕を上げるのではなく、右手を支点にして、左腕を下げるようにバックスイングすると、ヘッドは大きく動き、コンパクトで胸がしっかり入ったトップになります。

腕を上げたほうが、クラブの助走距離が長くなって、飛ばせそうな感じがするかもしれません。しかし、走り幅跳びの助走が100mあったら、途中で息切れしてしまいますよね。助走は適度な距離であるからこそ、パワーを発揮しやすくなるのです。

カラダの中で胸が最も大きく回る

スイングの回転を効率良く行うには、バックスイングでもダウンスイングでも、可動性が大きい胸(=胸椎)を動かすのがよい。胸が回ることで、オーバースイングにはなりにくくなる。

バックスイングでは、左腕を下げる

左腕(左肩)を下げるようにバックスイングをすると、その動きに連なって、胸が大きく回る。逆に、ダウンスイングでは左腕(左肩)を上げるイメージを持つ。こうすることで胸がしっかりと回り、スイングがコンパクトにもなる。

スライスを直すには、カラダの突っ込みクセをなくしましょう!

昨年のプレーを振り返って、こんなミスがよく出たな〜と反省。そこでシーズンインに向けての「スイングの見直し」レッスンシ...

あわせて読みたい

テコを使って、クラブの運動量を大きくする

右手を支点にするイメージで、左腕を下げるとテコの応用で、手元の位置は低いまま、クラブヘッドが大きく上がる。コンパクトで、大きなエネルギーを生むトップが出来る。両手を離してクラブを握った状態でバックスイングしてみると、テコの動きがつかみやすい。

左腕を下げると、テコの力でクラブヘッドが上に上がる。
手元の動きは小さいまま、胸が大きく回る。

胸が回転しない

左腕が上がり、右手がテコの支点にならなければ、胸が回転せず、腕の運動量が大きくなる。

胸がしっかり回る

テコの動きが使えると、手元は腰あたりの低い位置でも、胸がしっかりと回ったトップになる。胸が回っていれば、これ以上、腕を上げようとしても上がりにくい。

大本研太郎

大本研太郎

(おおもと・けんたろう)
レッシュプロジェクト・マスター級トレーナー資格を所持し、データと理論に基づくレッスンに定評がある。新理論「グラビティメソッド」で、2018年PGAティーチングアワード最優秀賞。「GPC恵比寿」主宰。1974年生まれ。


カラダが喜ぶ、グラビティメソッド ―Season3―

vol.22(前回)へ vol.24(次回)へ


シリーズ一覧

マネできそう?!女子プロスイング連続写真動画特集

渋野日向子をはじめ、2020~2021年統合シーズンの女子プロを中心としたスイング連続写真を動画にしてご紹介。 注目や話題に...

あわせて読みたい

ゴルフお悩みレッスン「タイガーのような 格好いいスイングに憧れるのですが自信が持てなくて…」

巷で人気の個性豊かなティーチングプロが、ワンポイントに絞ったレッスンで、アマチュア読者のお悩み解決に挑む! ゴルフ...

あわせて読みたい
直近急上昇記事

関連記事