1. TOP メニュー
  2. テクニックに効く
  3. 飛距離
  4. テークバックでフェースを開くのはNG! ヘッドを真っすぐ引くことでハーフウェイバックはシャットになる

テークバックでフェースを開くのはNG! ヘッドを真っすぐ引くことでハーフウェイバックはシャットになる

ドラコン女王・高島早百合のぶっ飛びLESSON|あなたは今より+20ヤード飛ばせます!【Vol.2】

2022/05/30 ゴルフサプリ編集部

高島早百合

ゴルフ雑誌ゴルフトゥデイで掲載されている大好評・連載企画「ドラコン女王・高島早百合のぶっ飛びLESSON」の第1回は、「シャットフェースでバックスイング」するコツをレッスンします!このレッスンで、あなたの飛距離を+20ヤード伸ばしましょう!

GOLF TODAY本誌 No.600/108〜109ページより

フェースを開いた瞬間に手打ちになってしまう

私が飛ばすために最も大事だと思っているのが、スイング中にフェースを開かないこと。アマチュアゴルファーはアドレスからテークバックに入った段階で、すぐにフェースが開いてしまう人が非常に多いです。

フェースを開いてしまうと腕がインサイド方向に動いてしまうので、トップではシャフトがクロスしてしまう。そのままダウンスイングに入ると、腕を使ってフェースをスクエアに戻そうとしてしまうので、手打ちになってしまう。それでは飛ばすことはできません。

フェースを開かないスイングをマスターするには、まずはハーフウェイバックを意識してください。アドレスからハーフウェイバックまではフェースを開かずに上半身を回します。長年、インサイド方向にヘッドを上げてきた人には、体から遠い位置にヘッドを上げて、シャフトが左に回る感覚になると思います。
 
ハーフウェイバックの形としてはフェース面が前傾角度と平行になるシャットフェースが理想。この形からトップを作ることができれば、腕ではなくて、体の回転を生かしたスイングになります。

前傾角度とフェース面が平行になる

○ハーフウェイバックではフェースが地面と垂直(時計の12時)にしようとする人が多いが、飛ばすためにはフェースは垂直よりも閉じる。前傾角度と平行になるくらいの角度が理想。

○テークバックの最初の50センチまでフェース面がボールとスクエアになるように動かすとハーフウェイバックでシャットフェースを作りやすい。

○テークバックの最初の50センチまでフェース面がボールとスクエアになるように動かすとハーフウェイバックでシャットフェースを作りやすい。

手首をヒネってフェースを開くとインサイドに動いてしまう

×テークバックで手首をヒネってフェースを開こうとする人は、絶対にヘッドがインサイド方向に動いてしまうので、背中の後ろ側にヘッドが上がるスイングになってしまう。

×フェースを開きながらテークバックするとシャフトが右向きに回転してしまうので、フェースが開いてインサイド側にヘッドが上がってしまう。

×フェースを開きながらテークバックするとシャフトが右向きに回転してしまうので、フェースが開いてインサイド側にヘッドが上がってしまう。

フェース面をボールに向けたままヘッドを上げる

フェースを開かないためには、フェース面をできるだけボールを向けたままヘッドを上げることが大切。ヘッドを「体の横」に動かすのではなく、「ボールの後ろ」に動かすことがポイント。

高島早百合

高島早百合
たかしま・さゆり/1992年9月3日生まれ。高校ゴルフ部の名門・東北高校を経て、2011年のプロテストに合格。主にステップ・アップ・ツアーに出場しているが、17年にドラコン大会に出場すると365ヤードという女子の日本記録を出して優勝。元々、ドラコンで有名な和田正義プロからスイングを教わったこともあり、現役女子プロとしてはトップクラスの飛ばし屋。YouTube「さゆーちゅーぶ!高島早百合チャンネル」も好評。


ドラコン女王・高島早百合が、飛距離を伸ばす秘訣『ぶっ飛びLESSON』

前回へ 次回へ

シリーズ一覧へ

ドライバーの飛距離アップは、テークバックを低く長く!

昨年のプレーを振り返って、ここがうまくいかなかったな〜と反省し、スイングを改良する「マイナーチェンジ」レッスンシリー...

あわせて読みたい

ドライバー飛距離アップには、クラブとボールも重要!

ゴルフブロガーのもう少しでシングルです!前回の記事で、ヘッドスピードとミート率は飛距離の3要素の初速の構成要素となって...

あわせて読みたい
直近急上昇記事

関連記事