1. TOP メニュー
  2. ゴルフ場
  3. NEW・名門ゴルフ場|キングダムゴルフクラブ(埼玉県秩父市)Part1

NEW・名門ゴルフ場|キングダムゴルフクラブ(埼玉県秩父市)Part1

リサオの『NEW・名門ゴルフ場』探訪

2019/11/28 リサオ(大隈 里砂)

とんがり天国・キングダム(まずは武甲山)

名門ゴルフ場という言葉があります。名門テニスクラブはあるけど、名門卓球場は聞かないので、たぶんハイソサエティの人々が集まる方便にスポーツを使った名残なんでしょう。イメージは歴史がある、閉鎖的、特権階級。でもゴルフは草っ原で始まったスポーツ。肩肘張らない開かれた名門ゴルフ場も実は数多くあるのです

文・写真・絵
リサオ(大隈里砂)
元超インドア文学少女。遅咲き・狂い咲きゴルファー

コラムニスト、似顔絵作家、イラストレーター、フォトグラファー、翻訳家(英語)として(自称・ひとりスキマ産業)、主にゴルフ業界で活動

プレースタイル:山っ気たっぷり、策に溺れ式
特技:無駄ロブ(不必要なロブショット)
好きなライ:ヘンなライ、下りフック
苦手なライ:フェアウェイど真ん中
好きな言葉:インテンショナル
子供の頃の将来の夢:電気屋さん

遠いいと敬遠してたら人生大損する。キングダムの名にふさわしい佇まいなのですからして

みなさん、キングダムといわれて頭に浮かぶものはなんでしょう。いまどきだとマンガが多いのかな。中国時代劇?の。今年の春には実写映画もありましたね。ふだん映画館で邦画はあんまり観ないんだけど、タイトルに惹かれたのもあって観に行ったら、これがなかなか迫力があって面白かった。地上波のテレビを観ないので誰が誰だかあんまりわかってないけどキャストもよかったです。もう純粋に、ああ、眼福♡って感じ。いいもん見せてくれてありがとう、パンパン!って柏手(かしわで)打ちそうになりましたわ。ウワサ通り、大沢たかお先輩が圧巻でした。よく考えたら今年は他にも2本、映画館で邦画を観ていたので、わたくし的には2019年は邦画豊作年でございます。「孤狼の血」と「天気の子」。どっちもよかった。特に前者。広島弁(特に呉の)と役所広司先輩にハートを撃ち抜かれました。好きになりすぎて原作まで読んじゃったわ。

キングダムであと思いつくのは、ユナイテッドキングダム(the United Kingdom)。簡単にイギリスって言ってるけど、正式な国名は「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)」なのですよね。長いしややこしいしいろいろ難しい。あ、もうひとつ思いつきました。マジック・キングダム(Magic Kingdom)。フロリダのディズニー。何故か30年ぐらい前に行ったことがあります。あそこはおそろしいところです。キャラクターに全く興味がないというのに、あの空間にしばし身を置くと、いつの間にかキャラクターが描いてある可愛いすぎるTシャツとか買ってうっかり着てたりする。お耳のついたキャップはギリギリ踏みとどまったけど、危ないとこだったわ。

まあそういう感じで、キングダムというと、スケールのデカいイメージがあるわけです。なんつってもキングダム=王国だもんね。もちろん、ゴルフ場のキングダムも秩父の山々に囲まれて壮観かつ荘厳なのでございます。わざわざ秩父くんだりまで出てくる価値があるのです。とはいえ、なんでそもそもキングダムって名前にしたのかな。由来が知りたい。命名者の思惑が知りたい。その命名センスに異論はございません。ただ知りたいだけ。好きな子のことが知りたいだけです。わたくし、キングダムゴルフクラブが大好きなのです。思い入れが強すぎて、なにから書いたらいいかわかんなくなっちゃうぐらいのお気に入りですの。

ふたつの『とんがり君』

コースについては追々書きますが、まずはこちらの『象徴』についてご説明いたしましょう。キングダムゴルフクラブに来るたびに満喫しているのが、ふたつのとんがり君。なんのこっちゃでしょうが、見ればわかります。まず、コース内に存在する岩山のとんがり君、そしてコースから見える『武甲山(ぶこうざん/ぶこうさん)』という名のとんがり君。武甲山は秩父のシンボルで日本二百名山のひとつです。あ、先に言っておきますが今回からの3回にわたるキングダムGCのご紹介におきましては、何度も何度も、しつこくしつこく、この、とんがり君たちが出てきます。

葛飾北斎が富士山を画題に『富嶽百景』を描いたなら、わたくしはここ、キングダムGCにおいて、いろんなところから見えるとんがり君たちを写し出そうではないか!

そゆことなの。よろしくね。3回ぶんちゃんと読んだらきっとすぐに見に行きたくなっちゃうよ。なにしろふたつとも、富嶽=富士山に負けず劣らぬ味わいのある佇まいなのですから。

ではまずタイトル画像にした写真をば。

奥にどーん!

とんがってて、山肌がカクカクしとる立派なお山があるでしょう。これが今月半ばに撮った武甲山です。ああかっこいい♡

を、ちなみにですね、正面にあります白い穂をつけた大きな緑色のカタマリ、ゴルフ場でよく見かけると思います、パンパスグラスと申します。別名、西洋ススキ。和名はイネ科の #シロガネヨシ (白銀葭)です。南米のアルゼンチンからブラジル南部にかけて分布する大型の多年草で、アルゼンチンの大草原パンパ(Pampa)に自生していることから「pampasgrass」と名付けられました。ひっそり佇む日本のススキとは趣が異なり、西洋ススキの草丈は高さ2〜3mと大きく、銀白色やピンク色をした巨大でワイルドな花穂をつけます。ハタハタと風に揺れる姿は気高く雄大で、光を浴びるとキラキラと輝き、遠くからでもバツグンの存在感を放ちます。個人的に世界一好きな草で、このねえ、大きな花穂が風に揺られて一斉にハタハタ動くとねえ、まるで多数のアンテナが情報を求めて彷徨ってるように見えるのですよ。たぶんここから宇宙と交信してると思う。どっかの惑星からなにか呼んでるとにらんでる。

あ、よく見たらこの写真、西洋ススキの奥に日本のススキも生えてますね。「激しい」と「儚い」の夢のコラボ。というか、キングダムGCにはどっちのススキも結構あるの。マスター室前にある練習グリーンから臨む18番、打ち下ろしのPAR4のグリーン奥にいきなりパンパスがポンポンポンと並んでおります。グリーンまわりの池の水面に映ってそりゃーもう美しいのですよ。その、お池に映る美しい画像は18番を紹介するときに出します。しばしお待ちくださいまし。

ポコポコしてて可愛らしいでしょう。フェアウェイのゼブラカットと傾斜のウネウネと調和しとるん

これ撮ったのは10月の下旬。でもこの日、ずっと小雨模様〜曇天だったから、大事な主役のひとり、武甲山が全然顔を出してくんなかった。ので、11月の半ばに出直しました。ずっと天気予報とニラメッコしてビシっとピンポイントで

晴れたよー♩美しい秋晴れだよー♩

ちょっと奥さん、曇りと晴れでこんなに違うとよ!
  • パンパス君も輝いとるわ

  • このコースのチェッカーフラッグみたいなピンフラッグもいい感じなんですよね。それにしてもどさくさに紛れてひょっこり生えてる背の低い植物が気になります。パカーって開いてなんか出てきそう

そういえば、ここで後ろを振り返ってクラブハウスのほうを見ると

ほい!武甲山が見えました!とんがってるとんがってる。

あ、だから、キングダムGCに来たら、あれです、ウォーリーを探せです。つまり、とんがり君を探せ。とにかく、いろんなとこに『とんがり君』は潜んでる。潜んでないな。バーンと姿を見せている。いつも以上にキョロキョロすることをオススメいたします。

ちょっとここで用語集を載せておきますね。シグネチャーホール間でてくるから。

NEW・ゴルフ用語集

丘・あの丘:ティーイングエリア
シグネチャーホール間:『シグネチャーホール・間』ではなく『シグネチャー・ホール間』。ホールとホールの間、ホールと全然関係ないとこで印象に残る場所のこと
振り返りのススメ:飛球線方向以外を見る、特に振り返ると驚きの美しい光景が広がってることが多いよ!
どんぶらこ:アップダウンやアンジュレーションのこと
サバンナ系:アフリカのサバンナを彷彿とさせる光景が見られるコースのこと
イケメン:池を見ると平常心を失って力が入っちゃう池メンタル=お豆腐メンタルのこと
ゴルフがちょっと慌ただしい:ヘタの言い換え。上手い人でもヘタな日はある。だからって心底ヘタってことじゃない。そもそもゴルフは上手いヘタじゃない。評価基準は楽しいか楽しくないか、楽しんでるか楽しめてないかだけ
その日暮らし:お悩みや平均スコアを聞かれたときの返事。用例「いやあ、なにしろ人生もゴルフもその日暮らしなもんで」
とんがり君:山でも岩でも、とんがってる物体はみなとんがり君

キングダムゴルフクラブの、ザ・シグネチャーホール間!

こちら、絶景ポイントは数多くあるのですが、コースを一望できる高台っていうのかな、2番PAR5を終えて、3番PAR3にちょっと降りかけたところから、こちらがキングダムで最も息を呑む=breathtakingな光景です。普通に見ても美しいけど、それに加えて、なんと、ふたつのとんがり君がいっぺんに見られるという贅沢さ。まずは10月下旬の写真から。

どうじゃ!右端にあるのが岩山のとんがり君です。残念ながら武甲山は雲の中

普段パノラマ写真ってほとんど撮らないんだけど、景色がそれを要求する場所ってあるんですねえ。次は今月半ばの様子。

あっちゅー間に紅葉したわね。武甲山も奥にちゃんと見えてます
ちなみに去年の春先(4月)の色彩

続いて最初の写真が10月のとんがり君。こっちサイドからだと色とりどりの葉っぱに覆われて、とんがり感はあんまり出ません。2枚目が今月、朝焼けに神々しいとんがり君と武甲山。3枚目は去年の4月でっす。

左奥にほんとは武甲山が見えるの
見えました武甲山!とんがってます!
去年の春、とんがり君から新緑が出てきた頃
  • 去年の4月に別のとこから

  • テッペンとったで!

とんがり愛が溢れてキリがないので今日はこのへんで。次回またがっつり説明いたします!


NEW・名門ゴルフ場|キングダムゴルフクラブ(埼玉県秩父市)

 前シリーズへ Part2(次回)へ

【シリーズ一覧】
●第1回:NEW・名門ゴルフ場|サニーカントリークラブ(長野県佐久市) Part1
●第2回:NEW・名門ゴルフ場|太平洋クラブ佐野ヒルクレストコース(栃木県佐野市)Part1
●第3回:NEW・名門ゴルフ場|四街道ゴルフ倶楽部(千葉県四街道市)番外編 Part1
●第4回:NEW・名門ゴルフ場|キングダムゴルフクラブ(埼玉県秩父市)Part1
●第5回:NEW・名門ゴルフ場|志摩シーサイドカンツリークラブ(福岡県糸島市)Part1
●第6回:NEW・名門ゴルフ場|千代田カントリークラブ(茨城県かすみがうら市)Part1
●第7回:NEW・名門ゴルフ場|吉井カントリークラブ(群馬県高崎市)Part1

関連記事