1. TOP メニュー
  2. スコアに効く
  3. 練習方法
  4. Q. 傾斜地のアプローチが苦手です A.自然に立てるポジションで打ちましょう|ゴルフ新理論「グラビティメソッド」

Q. 傾斜地のアプローチが苦手です A.自然に立てるポジションで打ちましょう|ゴルフ新理論「グラビティメソッド」

カラダが喜ぶ、グラビティメソッド Season3 vol.16

2021/10/06 ゴルフサプリ 編集部

カラダが喜ぶ、グラビティメソッド Season3 vol.16

スイング中の重心を整え、再現性を高める「グラビティメソッド」。シーズン3では、ゴルファーの具体的な悩みを解決していきます。今回は傾斜地からのアプローチに関する悩みとその解決方法を解説します。

GOLF TODAY本誌 No.592 96〜97ページより

Q:傾斜地のアプローチが苦手です

A:自然に立てるポジションで打ちましょう

傾斜なりに立つのも、傾斜に逆らって鉛直に立つのも、共にバランスをくずしやすい。まずセオリーを疑ってみることが大切だ。
傾斜なりに立つのも、傾斜に逆らって鉛直に立つのも、共にバランスをくずしやすい。まずセオリーを疑ってみることが大切だ。

人間はバランスを保つセンサーを備えている

傾斜に立っただけで、人間は自然と倒れないようにバランスを取って立つ。この体重配分が、その傾斜で最もバランスの良い立ち方なのだ。
傾斜に立っただけで、人間は自然と倒れないようにバランスを取って立つ。この体重配分が、その傾斜で最もバランスの良い立ち方なのだ。

バランスセンサーを生かして自然に立つ

この連載で何度も紹介していますが、人間は誰でも自然にバランスを取ろうとするセンサーが働いています。よろけながらも踏ん張れたり、不安定な足場でも立っていられるのはそのセンサーが働いているからです。

傾斜地でのアプローチでは、このバランスセンサーを活用します。傾斜に立っただけで、人間は自然にバランスを取るので、安定して立てているはずです。その体重配分のまま打つのが、傾斜地のアプローチで重要なポイントになります。よくあるセオリーでは、傾斜に沿って構える方法と傾斜に鉛直に立つ方法がありますが、強い傾斜になるほど、ミスが出やすくなります。

左足上がりではボールは高く上がりやすく、左足下がりではボールは低くなりやすくなります。その傾向を生かしてシンプルにアプローチするのが可能ですが、中上級者であれば、少しボール位置を動かして球の高さを揃える方法も有効です。

傾斜地でも体重配分は50:50

傾斜に立ったときに、自然とバランスよく立てる体重配分になるので、それを生かして構える。高い方の足が曲がり、体重配分は平地と同様の50:50となる。
傾斜に立ったときに、自然とバランスよく立てる体重配分になるので、それを生かして構える。高い方の足が曲がり、体重配分は平地と同様の50:50となる。
傾斜地なりに立つのがセオリーと言われるが、右に体重が残る分、ダフりやすくなる。また急傾斜では対応しきれない場合もある。
傾斜地なりに立つのがセオリーと言われるが、右に体重が残る分、ダフりやすくなる。また急傾斜では対応しきれない場合もある。
傾斜に逆らって、鉛直に立つ方法。ボールが強く出やすいのと、クラブが刺さりやすく抜けにくいのが難点。
傾斜に逆らって、鉛直に立つ方法。ボールが強く出やすいのと、クラブが刺さりやすく抜けにくいのが難点。

Q. 100ヤード以内の距離感が出ません A.シンプルな距離の基準を作りましょう|ゴルフ新理論「グラビティメソッド」

スイング中の重心を整え、再現性を高める「グラビティメソッド」。シーズン3では、ゴルファーの具体的な悩みを解決していきま...

あわせて読みたい

フェースの開閉がダフリを防ぐ

フェースは開→閉の動きが入ることで、傾斜なりにソールが滑るので、ミスになりにくくなる。
フェースは開→閉の動きが入ることで、傾斜なりにソールが滑るので、ミスになりにくくなる。

左足上がりの当たり方

左足上がりの場合は、ロフト角が寝てボールはアッパーに当たりやすくなる。そのため平らなところに比べて、ボールの打ち出しが高くなるので、高い弾道のイメージを持つ。
左足上がりの場合は、ロフト角が寝てボールはアッパーに当たりやすくなる。そのため平らなところに比べて、ボールの打ち出しが高くなるので、高い弾道のイメージを持つ。

左足下がりの当たり方

左足下がりの場合は、ロフト角が立ってボールはダウンブローに当たりやすくなる。そのため平らなところに比べて、ボールの打ち出しが低くなるので、ランが多い低い弾道のイメージが有効。
左足下がりの場合は、ロフト角が立ってボールはダウンブローに当たりやすくなる。そのため平らなところに比べて、ボールの打ち出しが低くなるので、ランが多い低い弾道のイメージが有効。

大本研太郎

大本研太郎

(おおもと・けんたろう)
レッシュプロジェクト・マスター級トレーナー資格を所持し、データと理論に基づくレッスンに定評がある。新理論「グラビティメソッド」で、2018年PGAティーチングアワード最優秀賞。「GPC恵比寿」主宰。1974年生まれ。


カラダが喜ぶ、グラビティメソッド ―Season3―

vol.15(前回)へ vol.17(次回)へ

シリーズ一覧

カラダが喜ぶ、グラビティメソッド これまでのシーズン
カラダが喜ぶ、グラビティメソッド ―Season1―第1回 へ
カラダが喜ぶ、グラビティメソッド ―Season2―第1回 へ

関連記事