1. TOP メニュー
  2. HOTニュース
  3. キャンペーン
  4. スピーダー(藤倉コンポジット)今だから言える驚きのストーリー[第17回]

スピーダー(藤倉コンポジット)今だから言える驚きのストーリー[第17回]

<SPEEDER>まさに“スピード違反者”のように速く振れてヘッドスピードが上がった!

2022/06/09 ゴルフサプリ編集部

スピーダー(SPEEDER)(藤倉コンポジット)

ゴルフメーカーの商品開発におけるドラマチックな業界裏話をメーカー勤務経験のフリーライター・嶋崎平人が語る連載企画。今回はスピーダーが主役のストーリー。
GOLF TODAY本誌 No.600/68ページより

まさに“スピード違反者”のように速く振れてヘッドスピードが上がった!

藤倉コンポジット
独自の開発力で、技術を蓄積してできた製品だった。

工業用のゴム製品や電気絶縁材料の会社からトップゴルファーだった松本会長の熱意でシャフト開発に!

2008年ゴルフ規則が改訂され、クラブヘッドの反発係数(0・83以下)体積(460cm3以下)慣性モーメント(5900g/cm3以下)に規制が入り、ヘッド機能で飛ばすことにブレーキがかかった。それ以前から注目されていた、クラブフィッティングが飛ばすための手段としてさらに注目を浴びるようになってきた。特に、プレーヤーとシャフトのマッチングが重要になり、メーカーの純正シャフトだけでなく、自分好みや、フィッティングして交換するカスタムシャフトに注目が集まってくるようになった。

そのカスタムシャフトについて、先鞭をつけたのは1996年フジクラが出した「Fiton!(フィットオン)」である。

当時、シャフトメーカーはクラブメーカーのOEM生産が中心。OEMメーカーとしてはラファイトデザイン、三菱レーヨン(現・三菱ケミカル)が強く、工房向けアフターマーケット用のカスタムシャフトに力を入れていったのがフジクラであった。

その中で、歴史に残るシャフト「SPEEDER」が生まれた。その開発の話を藤倉コンポジット株式会社・先端複合材事業部の渡邊貴史事業部長、営業部の飯田浩治氏にお話を伺った。

フジクラの正式名称は藤倉コンポジット株式会社(創業者は藤倉善八で電線事業などを手掛け、その遺志を継承した末弟の松本留吉が1901年(明治34年)藤倉電線護謨合名会社を創立し、ゴム引防水布の製造を開始したのが始まり。

この技術は藤倉善八の甥・岡田顕三が1896年に渡米し、ゴム引防水布の製造法を取得して帰国。この技術が工業用ゴム製品や電気絶縁材料など、今日の市場で流通している多くの商品に受け継がれている。1948年に藤倉ゴム工業に、2019年に藤倉コンポジットに社名を変更している。

カーボンシャフトに参入したのは、1972年の第1回太平洋マスターズで優勝した米国のゲイ・ブリューワーがカーボンシャフトを使用していた。それを見た当時の会長・松本重男が自社で出来ないかとカーボンシャフト製造を決意した。

松本会長はゴルフの腕前はトップアマクラスであった。渡米し世界で最初にカーボンシャフトを商品化した米国のALDILAに技術提携を申し込んだ。しかし断られたが諦めず社内10名でCS(カーボンシャフト)課を立ち上げ、自社の得意の開発・解析・評価技術を生かし1から技術を作り上げていった。原材料の購買先である東レからの情報や、スチールシャフトにカーボンを巻くなど試行錯誤をしながら独自開発で技術を蓄積していった。

1974年に、オリジナルブランド「Flyrun(フライラン)」をゴルフ工房向けに販売開始、製造は福島県にある原町工場であった。

その後OEMを中心に技術を磨いていった。今ではフジクラの代名詞となっている高い復元力のある素材の3軸織物を研究し、それを世界初に採用した「Fiton!」の11シリーズを1996年に発売した。その中に「Fiton! -11 SPEEDER」があった。フジクラの主力商品「SPEEDER」の誕生だ。

渡邊貴史事業部長
飯田浩治氏
キャプ人物 藤倉コンポジット先端複合材事業部の渡邊貴史事業部長(上)と営業部の飯田浩治氏(下)にお話を伺った。
スピーダ−757
1997年に登場したスピーダ−757は、カスタムシャフトとして認識され人気商品となった。

2022年最新ドライバーシャフトおすすめ人気ランキング10選|選び方も解説!

自分のスイングや弾道に合わせて選ぶことによって、安定性や飛距離アップが期待できるパーツがシャフト。シャフトの今さら聞...

あわせて読みたい

四半世紀を過ぎ今やウッドとアイアンで40種類以上200万本の実績で世界的なブランドに

「SPEEDER」の和訳は「高速で運転する人※スピード違反者」。ネーミングに関しては、まさに“スピード違反者”が由来との
こと。

開発段階で、3軸織物をいれたシャフトをプロが評価したところ、今までのシャフトにない加速感のため全く当たらなかった。メチャクチャ飛びそうな雰囲気で、製品化まで仕上げた。ヘッドスピードが上がる、シャフトの加速で飛ばす、初速で飛ばすことをイメージしてブランド名にしている。

英語のそのままのスペルを商標として使えることは少ない。1974年にシャフト事業を始めたことが、シャフトに相応しい商標を登録できた理由かもしれない。ネーミングしたのは当時開発室長の松本紀生氏であった。

1997年には「SPEEDER 757」が登場した。このシャフトを使って、アーニー・エルス、フィル・ミケルソンが優勝し「SPEEDER」のブランドが世の中に認識された。

2000年にテーラーメイドのカタログに載り、今ではメーカーのカタログにも掲載されるスタイルのカスタムとなった。一般にカスタムシャフトが認識された時である。

2001年にはカスタムの受注が1万本近くになり好評を博した。ちなみに、「757」の最初の「7」は重量を表し70g台であること、「5」はウッド用を表す番号、最後の「7」は発売の年号を表し1997年の「7」である。

「SPEEDER」は誕生から四半世紀が過ぎたが、発売された「SPEEDER」の種類はアイアン・ウッド合わせて40種類以上に及び、2004年以降の累計本数は200万本を超えた。シャフトを交換することが、プロや上級者だけでなく、ヘッドのカチャカチャ機能が2008年からゴルフ規則でOKになったことも重なり、一般的になった。

直近では渋野日向子など女子プロ達が多く使用する「SPEEDER NX50」が一般ゴルファーに人気となっている。
「SPEEDER」を使うゴルファーは、ヘッドスピード違反で何回切符を切られているのだろうか。今も時代を走り抜けている。

SPEEDER
SPEEDER
シャフトにおいて3軸織物という世界初の技術を採用して、製品化をしたのがスピーダー。


取材・文/嶋崎平人


商品開発はドラマ!!! 今だから言える驚きのストーリー
←TOURSTAGE(ブリヂストンスポーツ)

Vol.16(前回)へ Vol.18(次回)へ

シリーズ一覧へ

シャフトは硬いほうが曲がらないってホント??

ドライバーシャフト、アイアンシャフト。硬いほうが曲がらないって思われていますが、それって本当? 今回もゴルフライター...

あわせて読みたい

ドライバーシャフトは値段が高いほうが飛ぶのか?

今回は値段が高いシャフトの性能について。メーカーカスタムに採用されないシャフト、デイトナスピーダーシリーズなど、一般...

あわせて読みたい
直近急上昇記事

関連記事