1. TOP メニュー
  2. HOTニュース
  3. 海外ニュース
  4. ミケルソンの全米プロ出場に関する噂や話題のサウジの高額ツアーについて

ミケルソンの全米プロ出場に関する噂や話題のサウジの高額ツアーについて

レックス倉本のGOLFアメリカンな話”ちょっと聞いて〜や‼︎”/第23回

2022/05/08 ゴルフサプリ編集部 レックス倉本

久しぶりにジョン・ラームが優勝しましたね。先週のPGAツアーはメキシコの美しいリゾート地で開催され、世界ランキング2位と言えどもやはり試合で勝つというのはそんなに簡単ではないということが伝わってくる展開でしたが、初日から首位を守り通しての勝利はお見事でした。今日はそのラームの話ではなく、ラームと言えばミケルソン、ミケルソンと言えばサウジツアーと連想を膨らませて、最近何かと話題に上がっているミケルソンとノーマンがCEOの「リブ・ゴルフ・インビテーショナルシリーズ」にまつわる噂について私の意見を述べようと思います。

ミケルソン、サウジのツアー、そして日本のツアーの今後は?

フィル・ミケルソンが今月開催される全米プロゴルフ選手権にエントリーしたけど出場させてもらえないかもしれない、という噂があります。

皆さんもうご存知の通りミケルソンは一連の言動で現在はPGAツアーの出場を表面的には自粛していると言われていますが、彼が全米プロに出たいのならそれを誰も邪魔することはできないと思います。彼はディフェンディングチャンピオンですよ。全米プロの主催はPGA of Americaで、ミケルソンはPGAツアーとリブツアーに色々と文句は言いましたが、PGA of Americaには何も言っていません。ミケルソンはそれでスポンサーを全て失いましたがPGA of Americaが彼のエントリーを却下する理由は何もありません。仮に今PGAツアーメンバーの資格をなくしていたとしてもそれで全米プロに出られない、ということもあり得ません。そんなことがあったら先々法律上もかなり厄介なことになります。

次にPGAツアーがノーマンのツアーに出場するPGAツアーのメンバーの資格を剥奪するかもしれない、という噂。PGAツアーのメンバー資格は選手らが自分の力で勝ち取ったものです。そこに違うツアーに出場するということでメンバー資格を剥奪するのはおかしな話です。PGAツアーに忠誠心を誓う選手たちはそれはそれで素晴らしいし、その関係を大事にしてPGAツアーを大切にしていくというPGAツアーの運営サイドの気持ちもわからないわけではないけど、新しく参入するツアーを、そのお金の出所が理想的でないからという理由で阻害するというのはすごくおかしな話です。選手としては最終的にはプロなんだから高額賞金のツアーに出るために頑張ってその出場資格をとりその試合に出るんであって、それを誰からもとやかく言われることは全くありません。

私はPGAツアーの解説をさせていただいていますのでもちろんPGAツアーにはどんどん発展していってほしいという気持ちはあります。それはPGAツアーが本当に素晴らしいコンテンツだから世界のゴルフツアーの中で頂点に君臨して多くの強い選手らが集まってくるというのが理想の姿です。でも今の姿は脅威から新しいツアーを排除する方向に向くばかりで、共存する道を模索するとか、もしも新しい勢力が脅威ならそれ以上の努力をしてPGAツアーを大きくしようとする道を進むべきです。まだPGAツアーの態度も確定したものではなく、あくまでもこれまで報道で見聞きした情報だけでの判断ですが、噂で伝わってくるツアーから永久追放なんてことには絶対にして欲しくないですね。

そして、ノーマンが投げた変化球で揺れ動いているゴルフ界のなかで少し日本の男子ツアーのこれからの生き残る道を考えたとき、日本のツアーはリブツアーやPGAツアーなどの高額賞金のツアーと一緒にやっていかなければならなくなるかもしれませんね。例えば、年に2-3試合くらい30億円ほどの高額賞金のツアーと日本ツアーが共催し、その試合に出場するために日本ツアーの1億円くらいの20数試合で競い合い上位の選手がその試合に出場する権利が発生するようにする。そうすれば選手も高額賞金ツアーに出ることで億の賞金が稼げるチャンスを掴めるし、日本ツアーの20数試合がすごく意味のあるものになり夢のある魅力的なツアーになりませんか。これはリブツアーなどと一緒に共催するという仮の話ではありますが、もちろんPGAツアーやアジアツアーとの共存も今の世界のゴルフの流れに乗っていくとすればそういう方向しかないのかな、と思います。

まだまだここに書ききれなかったさらに詳しい話の続きは、下記「レックス倉本のBYTC GOLF」のYouTube音声動画で引き続きお楽しみ下さい。Podcast、Anchorでも配信中。「レックス倉本」で検索してください。

▼レックス倉本 プロフィール
本名は倉本泰信(くらもとやすのぶ)。1991年プロゴルファーに転向/コメンテーター歴14年広島出身。広島カープの大ファン。毎朝、目覚めとともにカープの試合状況をチェックするのが日課。大学時代をアメリカで過ごしたとき、唯一日本のブリヂストンのボール”Rexter”を使っていたのでゴルフ部のチームメイトから”REX”(レックス)と呼ばれるようになる。アマチュアゴルファー時代は、広島県の瀬戸内高校ゴルフ部からアメリカのオクラホマ州立大学を経てイーストテネシー州立大学ゴルフ部で腕を磨く。在学中には2度オールアメリカンに選出され、1990年に日本アマチュア選手権優勝、全英オープン出場を果たす。大学卒業後、1991年に日本のプロテストを合格しプロデビュー。その後、ヨーロピアンツアー、カナダツアー、アジアツアー、日本国内ツアー(1995年2部ツアーの賞金王に輝く)に参戦。2007年より米国ゴルフチャンネルでUS PGA Tour 、European Tour、US LPGA Tourなどのコメンテーターとして活躍。現在はフリーランスとしてGOLF TVでの解説のほか、 NHK、WOWOWでUS PGA Tour、US LPGA TOURの現地レポーターとしても活躍中。


レックス倉本のGOLFアメリカンな話”ちょっと聞いて〜や‼︎”

第22回(前回)へ 第24回(次回)へ

シリーズ一覧

ミケルソン発言で激震! PGAツアーとスーパーゴルフリーグ 打開策は悩めるミドルエイジの試合共催!?

ゴルフ番組やゴルフ雑誌ではあまり語られることのないトピックを、ゴルフジャーナリストやトーナメント中継の解説者として活...

あわせて読みたい

ミケルソンがサウジで爆弾発言!パンドラの箱が開き始めたか?

先週のAT&Tペブルビーチプロアマはトム・ホギーがツアー初優勝を飾りました。このコースですでに勝っているベテランのジョー...

あわせて読みたい

ランガーの快挙とミケルソンの強さで盛り上がった2020-21シーズンの米シニアツアー

50歳にして2021全米プロを最年長優勝したフィル・ミケルソンの活躍、64歳で6度目の米シニア年間王者に輝くという快挙を成し遂...

あわせて読みたい
直近急上昇記事

関連記事