1. TOP メニュー
  2. HOTニュース
  3. 新製品情報
  4. 未来から来たの? 人気のトラスとスパイダーが融合して特別なパターが生まれた!

未来から来たの? 人気のトラスとスパイダーが融合して特別なパターが生まれた!

テーラーメイドの『スパイダー GT TM2 パター』をコースに持ち込み、ロマン派ゴルフ作家が検証する!

2022/06/18 ゴルフサプリ編集部 篠原嗣典

テーラーメイドの『スパイダー GT TM2 パター』

テーラーメイドの『スパイダー GT TM2 パター』

『スパイダー GT TM2 パター』は、トラスホーゼルをセンターシャフト仕様にしたスパイダーのパター。さて、どんな効果があるのか? コースに持ち込んで、その謎を紐解き、レポートする。

トラスホーゼルをセンターシャフト仕様にすることで特別なスパイダーに?

テーラーメイドの『スパイダー GT TM2 パター』
テーラーメイドの『スパイダー GT TM2 パター』

テーラーメイドは、2022年7月上旬に『スパイダー GT TM2 パター』を発売する。

“人気シリーズの融合! プロも信頼を寄せるトラスがスパイダーGTに”というのがコピーである。

今年3月に発売された『スパイダー GT パター』は、スパイダーの最新モデルだ。
ヘッドの両サイドに、90g(片側)のウェイトを搭載して、総重量の約82%を左右に配置した重量配分。中央部はアルミニウム。広いスイートエリアが特徴だが、実際に打ってみると、それだけではない、操作性の高さも十分に感じさせるパターである。

その『スパイダー GT パター』に「トラスホーゼル」を融合したのが、『スパイダー GT TM1 パター』と『スパイダー GT TM2 パター』で、今回はセンターシャフト仕様になっている『スパイダー GT TM2 パター』を取り上げる。

書くまでもなく、「トラスホーゼル」は、国内女子ツアーで大人気だ。
すでに数え切れないほどの勝利に貢献した。

三角形のホーゼルは、それだけで目立つ。
ゴルフ規則で、ネックは1本と決められており、「トラスホーゼル」は、2本のネックを板で繋ぐような構造になっていて、2本のネックと裁定されれば違反になる。テーラーメイドは、その辺りは、全てクリアして市場に出したわけで、一体ネックとして規則上も問題なしとなって今日に至るのだ。

「トラスホーゼル」の強みは、フェースを安定させて、ブレさせないことだ。
規則で規制されるぐらいの効果が見込めるだが、実は、打つまでは、本当に効果があるか? 少し疑っていた。
しかし、少し前に『スパイダー GT TM1 パター』を打って、ビックリした。経験したことがないほど、フェースがブレなかったからだ。

スパイダーの最先端モデルとトラス構造ネックの融合で、1+1=2ではなく、1+1=3になるような期待をした『スパイダー GT TM1 パター』は、足し算どころか、かけ算で答えが出るパターだった。

『スパイダー GT TM2 パター』は、遠目では同じだが、よく見ると、全く違う。
『スパイダー GT TM1 パター』は、ネック寄りにカタカナの「ト」のような形状のトラスホーゼルが搭載されていて、アドレスビューでは、目立たないように工夫されている。

『スパイダー GT TM2 パター』は、センターシャフト仕様ということで、トラスホーゼルは大きな三角形で、ソールを見ると貫通しているネック部分は、トウとヒールに離れているのだ。
アドレスビューでは、フェースのど真ん中にトラスホーゼルが、ハッキリと見える。

この段階で、異形なパターだと、違和感でアウトという判定を下すゴルファーも少なくないと思う。
実は、初見のとき、僕もそうだった。
だから、試打も当初は『スパイダー GT TM1 パター』のみと考えていたのだ。

『スパイダー GT TM1 パター』が、素晴らしいデキで感動したのと、元々、蜘蛛使い(スパイダー型のパターの使用者)で、かつ、2年間はセンターシャフトの蜘蛛型を使っていたことから、『スパイダー GT TM2 パター』をテストするのは自分しかいない、という使命感に燃えたのである。

『スパイダー GT TM2 パター』を改め観察してみた。
フェースのすぐ後方に、板状のトラスホーゼルがあるのは、やはりかなりの違和感がある。
しかし、これが実際にボールを打ってみると、思いっ切り機能するのだ。フェースがブレない感じは、『スパイダー GT TM1 パター』よりも上だと実感した。
そして、ストロークがしやすい、のである。

コースに持ち込んで打つのが楽しみになった。

シングルプレーヤーは、パターもフィッティングしてから買う?

ゴルフブロガーのもう少しでシングルです!前回の記事で私がクラブフィッティングをしないとクラブを買わない理由を説明させ...

あわせて読みたい

言霊の力も入っていると感じたスパイダー GT TM2 パター!

テーラーメイドの『スパイダー GT TM2 パター』
テーラーメイドの『スパイダー GT TM2 パター』

『スパイダー GT TM2 パター』の打音は、音量は小さく、音質は硬質な高音で、残響はない。しっかりと打ちやすい打音だといえる。
打ち応えは、グリップがスーパーストロークの分、鈍感だが、しっかりと芯にヒットしたときには独特の感触があって気持ちが良い。

スパイダーのパターは、全体として、しっかり打っても、飛びすぎないように出来ている。人によっては、転がりが悪くて使えない、と評価するのは、その部分だ。
しかし、これは、高速グリーンでもしっかりと打ちたいというツアーからの要望に応えた機能だともいえる。
『スパイダー GT TM2 パター』も、例外ではなく、しっかりと打たないと機能をフルに使えない。

『スパイダー GT TM2 パター』のアドレスビューの違和感は、僕の場合は、フェースのブレード感で方向を出す操作をするので、板状に見えるトラスホーゼルは、方向性を良くすることに繋がった。
黒いヘッドに白いサイトラインもきれいで、丁寧に引かれているので、それを重視するゴルファーにも好印象になると思う。

まず、『スパイダー GT TM2 パター』の特徴としてわかったのは、基本性能は、『スパイダー GT』なのだが、方向性の操作について、より敏感になっているということだ。
推測だが、トラスホーゼルが大きいので重量があり、それをフェースのすぐ後ろに搭載したことが、重量をフェースに寄せることに貢献したのだと思う。いわゆる前重心のパターの操作性を感じさせた。

元々、蜘蛛使いだったゴルファーであれば、距離感は同じ感覚で合わせられる。その部分も、かなり敏感に使える。
ただし、これは『スパイダー GT TM2 パター』の特別な事情があるのだと思うが、長い距離になると、他のスパイダーよりも1割ぐらい多く転がる。(慣れれば、すぐに合わせられるようになる)
これは、フェースがしっかりと固定されてインパクトすることで、ブレないことが、ボールへのエネルギー伝達を良くしているのだと推測した。

大きく曲がる重要なパットが、何ホールかあったのだが、これが面白いように決まった。
カップを外すラインのときに、カップに引っ張られることなく、狙ったところに打ちやすいのは、『スパイダー GT TM2 パター』のスペシャルなところで、未知の領域を感じさせた。

フェース、ヘッドがブレないパターが欲しいゴルファーに『スパイダー GT TM2 パター』がオススメである。
ブレード型のパターの感触が欲しい人は、『スパイダー GT TM1 パター』が良く、それにこだわらないゴルファーは『スパイダー GT TM2 パター』がオススメだ。

『スパイダー GT TM2 パター』の大きなトラスホーゼルは、「人」という漢字に似ているので、「人型センターシャフト」と書こうと思いながら、試打をしたのだが、途中で動画をチェックしていて、わかったのだ。
「人」ではなく、「入る」型なのだ。

後方からパターを見ると、トラスホーゼルが「入る」という漢字とドンピシャなのだ。
古から言葉には見えない力があると信じられていて、現在でも、神事では言霊を使って祈りを捧げたりしている。
『スパイダー GT TM2 パター』は、「入る」型のトラスホーゼルなのである。

入らないわけはない、と信じられたら、下手な機能よりも何倍も性能アップになる。

『スパイダー GT TM1 パター』のほうが、現在のパターと違和感がないので、多くのゴルファーに支持されると推測されるが、『スパイダー GT TM2 パター』のほうが、より進化したパターだと感じた。

未来から来たパターのようだと、試打中に何度も思った。
経験したことがない感覚や、結果もあったからだ。そして、入るという結果も出た。

しっかり打つことが得意なゴルファーは、『スパイダー GT TM2 パター』に挑戦してみることだ。
打たなくとも、次の段階のアドレスビューを確認して、これはダメだと思ったらやめれば良い。
その段階をクリアしたら、打つことで、ブレないということのやさしさがわかると思う。

しっかりと打つ場合、どうしても、フェースのブレが発生しやすいという問題がつきまとう。
『スパイダー GT TM2 パター』は、それをパターが解決してくれる。

とはいえ、前重心のパターになっているので、物理的なブレではなく、微調整が効くことがブレになって出ることもある。
『スパイダー GT TM2 パター』は、気持ちが弱いと、それが結果に出てしまうパターになる可能性があるのだ。しかし、歴代の名器パターの歴史や戦歴を辿ると、そういうパターが、入り出したら止まらなくなるパターであることも事実なのだ。

インプレでこういう書き方は、ちょっとズルいと十分承知の上…… 『スパイダー GT TM2 パター』との出逢いで、僕の心はブレそうなのだ。

篠原嗣典。ロマン派ゴルフ作家

篠原嗣典。ロマン派ゴルフ作家。1965年生まれ。東京都文京区生まれ。板橋区在住。中一でコースデビュー、以後、競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れる青春を過ごして、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店を経て、2000年にメルマガ【Golf Planet】を発行し、ゴルフエッセイストとしてでビュー。試打インプレッションなどでも活躍中。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。


コースに持ち込み、ロマン派ゴルフ作家が検証
←TOUR SOFT ボール

前回へ

シリーズ一覧へ

スパイダーとトラスが融合して、足し算ではなくかけ算になったテーラーメイドのパターが出現!

『スパイダー GT TM1 パター』は、トラスホーゼルとスパイダーの融合でどんな効果があるのか? コースに持ち込んで、その謎...

あわせて読みたい

2022年最新パターおすすめ人気ランキング20選|選び方のポイントも解説!

2022年最新のパターおすすめ人気ランキングを発表!ゴルフ初心者・中級者はもちろん、上級者からも人気のパター全20クラブを...

あわせて読みたい
直近急上昇記事

関連記事