1. TOP メニュー
  2. ゴルフギアにお悩み
  3. クラブ選び
  4. これが軽量ドライバーの完成形かも? PARADYM MAX FASTは、最も“MAX FAST”なドライバーになった!

これが軽量ドライバーの完成形かも? PARADYM MAX FASTは、最も“MAX FAST”なドライバーになった!

軽量化の振りやすさで、安定して飛ばすPARADYM MAX FAST ドライバーをロマン派ゴルフ作家が検証!コースに持ち込んで打ってみた!

2023/02/12 ゴルフサプリ編集部 篠原嗣典

PARADYM MAX FAST

キャロウェイのPARADYM MAX FAST ドライバーは、特別なドライバーなのだろうか?コースに持ち込んで、その真相をレポートする。

撮影/篠原嗣典

軽量化と最先端のテクノロジーの融合が、PPARADYM MAX FAST ドライバーをランクアップさせる

PARADYM MAX FAST

キャロウェイは、2023年2月24日に『PARADYM MAX FAST ドライバー』を発売する。

『PARADYM』のドライバーは4種類のラインアップである。

(1)『PARADYM ドライバー』
(2)『PARADYM ◆◆◆ ドライバー』
(3)『PARADYM X ドライバー』
(4)『PARADYM MAX FAST ドライバー』

新しい『PARADYM』というブランドは、ツアープロから非力なゴルファーまでのゴルファーが使えるというわけだ。
今回は(4)『PARADYM MAX FAST ドライバー』を取り上げる。

このドライバーのコピーは、“軽量による振りやすさを追求、楽に飛ばせるMAX FAST”だ。キャロウェイの『MAX FAST』といえば、軽量化で振りやすくすることで、非力なゴルファーを助けるクラブと、わかりやすいコピーになっている。

『PARADYM MAX FAST ドライバー』は、キャロウェイが培ってきたテクノロジーを進化させて搭載している。注目すべき新しいテクノロジーが、「360°カーボンシャーシ」だ。

耐久性が高い2種類のカーボンを帯状に成型しヘッドの中央部に利用することで、金属部分はフェースとネックの前方と、弾道調整がついている後方の2箇所だけになった。
金属部分を繋ぐ部分は、グルッと全てカーボンになっている。それにより生まれた余剰重量を、飛びとやさしさを向上させるために使用するという。

新しい「JAILBREAK A.I.」は、形状がY字に変わって重量が軽くなった。ボールの初速を更に上げる効果を狙っている。
これまた新しい「A.I. OPTIMIZED FACE」は初速だけでなく、打ち出し角とスピン量の最適化に貢献し、着弾点のブレ幅を抑えることに成功したという。

『PARADYM MAX FAST ドライバー』は、『PARADYM』のドライバーの中で唯一、ネック部分の弾道調整機能が搭載されていない。あまり知られていないが、あの調整機能は、約10グラム程度の重量がプラスになる。軽くするためにそれも削ったということなのだ。そこに強い覚悟を感じさせる。

史上最高の飛距離性能に、曲がらない安定感を兼備した「パラダイム ドライバー」

クラブフィッターでクラフトマンのゴルフライターの小倉勇人(通称:おぐさん)が、巷で話題の最新モデルや人気クラブを試打...

あわせて読みたい

『PARADYM MAX FASTドライバー』をコースで打っていこう。

『PARADYM』シリーズのイメージカラーは、コバルトのような美しいブルーだ。『PARADYM MAX FAST ドライバー』もクラウンだけでなく、ソールにも美しいブールがベースになっている。
バッグに入っていても、ティーイングエリアで手にしていても、目立つことは間違いない。所有欲を刺激するのも、ドライバーの1つの機能だと思う。

今回試打した『PARADYM MAX FAST ドライバー』はロフト10.5度、シャフトは純正の「SPEEDER NX NAVY 40 for Callaway」のSフレックス。今までの『MAX FAST』も相性が良かったので、打つのが楽しみだった。

ボールは、ボールとクラブの影響を混同しないために使い慣れている『TOUR B X』を使用した。

過去最高の MAX FAST ドライバーだと断言できる飛距離がPARADYM MAX FAST ドライバーの武器だ!

PARADYM MAX FAST

『PARADYM MAX FAST ドライバー』は、他の『PARADYM』シリーズのドライバー同様フェースとネックのデザインが良くて、フェースのバルジが小さい。そのため、スクエアに構えやすいことに感心した。

クラブを持った瞬間に軽いと感じるし、シャフトは軟らかく感じるのだが、振ってみるとしっかりしている。
「SPEEDER NX」というシャフトは、ややとらえる挙動はあるけれど、打ちやすい特徴がある。それをチューニングしたシャフトなので、その特徴が良い感じに効いている。

一発目から素晴らしい当たりで、軽いドローボールで飛距離も出た。

まずは、『PARADYM MAX FAST ドライバー』を試打したインプレションのサマリーを紹介する。

● 打音・打感:打音の音量は、やや控えめな大きさ。音質は濡れた鞭系と硬質でシャープな音のミックス。打ち応えは独特で、ボールがつぶれる感触。手応えは敏感。

● 弾道:高弾道。ややドローするボールが得意なヘッドだが、簡単に曲げることもできる。

● 飛距離:平均飛距離は225ヤード。最長飛距離ホールは250ヤード。

『PARADYM MAX FAST ドライバー』はややドローバイアスがあるが、強くはない。軽いクラブを振り慣れていたり、得意としているゴルファー用にチューニングされているので、それが苦手なゴルファーは、触らないほうが得策である。

僕は軽いドライバーが大好きで、昨年の秋から軽めのドライバーを使用していることもあって、本当に振りやすくて気持ち良かったし、明らかに飛距離にも影響すると感じた。

『PARADYM』の4種類のドライバーは、まるで狙ったように平均飛距離と最長飛距離が同じだったのだが、自分でもビックリするぐらい、同じホールで同じ所にボールが止まっていることに驚いた。

しかし、キャリーで比較したら『PARADYM MAX FAST ドライバー』が一番飛んでいた。使い慣れれば、僕のヘッドスピード40m/sだと一番飛ぶことになると思う。そもそも、最長飛距離が250ヤードというのは、異常なドライバーなのである。

注意して欲しいのは、クラブの長さだ。『PARADYM MAX FAST ドライバー』だけが46.0インチで、0.5インチ長いのである。僕は長いクラブも得意なので、全く苦にならず、逆に打ちやすいと感じたけれど、長いクラブが苦手なゴルファーにとって、この0.5インチは「ちょっと振りにくい?」感じられる大きな差となって現れる。購入前には必ず振り感をチェックしておくべきだろう。

こんなゴルファーにおすすめ!

『PARADYM MAX FAST ドライバー』は、とにかくトップレベルに飛ばすことができるドライバーである。ただ、同じボールが打てるという安定性の部分は良い感じだったが、狙い通りに打てるという方向性については、4つの『PARADYM』シリーズのドライバーの中ではやや劣る感じがした。

しかし、球が暴れるというほどではない。他の『PARADYM』シリーズのドライバーがかなり優れているので比較すると、という話だと思って欲しい。

『PARADYM MAX FAST ドライバー』は打感にこだわりがあり、好みに合わなければそれだけでNGドライバーになってしまうというゴルファーには向かないかもしれない。しかし、打感にこだわりがなければ、オススメのドライバーだ。

今回はロフト10.5度を試打したが、機会があれば9.5度のロフトのヘッドも打ってみたいと思った。AI設計のフェースはロフト別で違うヘッドになっているようなので、少し違う結果が出そうだと思ったからだ。

最初に書いたように、今までのキャロウェイのブランドの『MAX FAST』のドライバーを打ってきてどれも好感触だったが、『PARADYM MAX FAST ドライバー』は、その中でもトップだと思った。

軽くて長いドライバーが好きなゴルファー、またはそういうドライバーを探しているゴルファーであれば、打たなければ後悔するクラブである。

2024年最新ドライバーおすすめ人気ランキング20選|4月1日更新!

2024年最新のドライバーおすすめ人気ランキングを発表!ゴルフ初心者・中級者や上級者からも人気の飛ぶドライバー全20クラブ...

あわせて読みたい




篠原嗣典

篠原嗣典
ロマン派ゴルフ作家。1965年生まれ。東京都文京区生まれ。板橋区在住。中一でコースデビュー、以後、競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れる青春を過ごして、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店を経て、2000年にメルマガ【Golf Planet】を発行し、ゴルフエッセイストとしてでビュー。試打インプレッションなどでも活躍中。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。


コースに持ち込み、ロマン派ゴルフ作家が検証
←「PARADYM X ドライバー」
ステルス2 プラス ドライバー→

前回へ 次回へ

シリーズ一覧へ

オデッセイ「2-BALL TEN ARM LOCKパター」「2-BALL TEN BROOMSTICKパター」リニューアルして再登場!

キャロウェイゴルフ株式会社は、アベレージゴルファーからツアープロまで幅広い人気を誇るオデッセイより「2-BALL TEN ARM LO...

あわせて読みたい

せやねん、飛ぶねん!キャロウェイゴルフより、ボール新製品が2月に発売

キャロウェイゴルフ株式会社(東京都港区白金台社長:アレックス・ボーズマン)は、2023年2月10日より2023年度の新製品「E・R...

あわせて読みたい

飛ばすも止めるも球が上がらなきゃはじまらない! ゴルフボールの革命児「クロム ソフト」のススメ

キャロウェイのクロム ソフトシリーズといえば、メジャーウィナーをはじめ世界のトッププレーヤーから一般アマチュアまで、も...

あわせて読みたい