1. TOP メニュー
  2. テクニックに効く
  3. 飛距離
  4. 「両ワキを締めて打つ」てよく聞くけど、左ワキは空けてトップを高くしないと飛距離アップできない

「両ワキを締めて打つ」てよく聞くけど、左ワキは空けてトップを高くしないと飛距離アップできない

ドラコン女王・高島早百合のぶっ飛びLESSON|あなたは今より+20ヤード飛ばせます!【Vol.17】

2023/09/05 ゴルフサプリ編集部

高島早百合

ゴルフ雑誌ゴルフトゥデイで掲載されている大好評・連載企画「ドラコン女王・高島早百合のぶっ飛びLESSON」の第17回は、「左ワキを空けてトップのためのスタンス」コツをレッスンします!このレッスンで、あなたの飛距離を+20ヤード伸ばしましょう!

GOLF TODAY本誌 No.615/110〜111ページより

両ワキを締めたスイングだと飛ばない。左ワキを空けてトップを高くする

左ワキを締めていると左ヒジが曲がる

昔からゴルフのレッスンでは「両ワキを締めて打つ」というのが定説になっています。

右ワキは確かに締めていた方がいい。でも、左ワキは空けた方がトップが高くなるので、飛距離アップにつながると思います。左ワキを無理に締めていると、トップで左ヒジが曲がってしまうので手打ちになってしまう。

両ワキにタオルやグローブを挟んで練習するのもアプローチやアイアンショットの練習としてはすごく良いと思いますが、飛距離を伸ばす練習メニューとしてはオススメしません。

左腕を高く上げるときのポイントとしては、左腕を少し内側に回しておくことです。専門用語では内旋(ないせん)というのですが、アドレスする前に左腕を時計回りに回して、ヒネリを入れることによって、左腕を左方向に上げやすくなります。

トップが高くなるほど、ダウンスイングからインパクトに向けて“上から下へのエネルギー”が大きくなるのでヘッドスピードが上がります。

胸を回しながら、手元を体から遠くに

高島早百合さんのバックスイング画像

バックスイングでは腕を伸ばしたまま胸を回転させて、手元をなるべく体から離す。

ドライバーでワキにタオルを挟む練習はNG

ドライバーでワキにタオルを挟む練習はNG

プロゴルファーがタオルやグローブを挟んで打つのは主にアプローチやアイアンの軌道をチェックするのが目的。ドライバーではグローブが落ちるくらいのバックスイングが理想。

ドライバーでワキにタオルを挟む練習はNG

左腕を内旋すると腕が上げやすい

アドレスする前とアドレスする後

アドレスする前に、左腕を内側に回転させておくと、バックスイングで左腕を上げやすくなる。

左腕を伸ばしたままタテに上げる

左腕を伸ばしたままタテに上げる

左腕はタテ方向に真上に上げるイメージでOK。胸をしっかり回すことで、体の幅から手元が外れない。

高島早百合さんの画像

高島早百合
たかしま・さゆり/1992年9月3日生まれ。高校ゴルフ部の名門・東北高校を経て、2011年のプロテストに合格。主にステップ・アップ・ツアーに出場しているが、17年にドラコン大会に出場すると365ヤードという女子の日本記録を出して優勝。元々、ドラコンで有名な和田正義プロからスイングを教わったこともあり、現役女子プロとしてはトップクラスの飛ばし屋。YouTube「さゆーちゅーぶ!高島早百合チャンネル」も好評。


ドラコン女王・高島早百合が、飛距離を伸ばす秘訣『ぶっ飛びLESSON』

前回を読む 次回を読む

シリーズ一覧へ


2024年最新ドライバーおすすめ人気ランキング20選|4月1日更新!

2024年最新のドライバーおすすめ人気ランキングを発表!ゴルフ初心者・中級者や上級者からも人気の飛ぶドライバー全20クラブ...

あわせて読みたい

【2024年】ゴルフボールおすすめ20選!飛ぶ/スピン系の人気ランキング

ゴルフボールおすすめ人気ランキングを発表!飛距離が出やすい「ディスタンス系」、スピンがかかりやすい「スピン系」、ディ...

あわせて読みたい

ゴルフ飛距離の目安|クラブ・番手ごとの平均値一覧【男女別】

ゴルフは飛距離を競うゲームではありません。しかし、遠くまで飛ばせて、なおかつ方向性がよければ、大きなアドバンテージを...

あわせて読みたい