1. TOP メニュー
  2. ゴルフギアにお悩み
  3. クラブ選び
  4. 2020最新モデル|アクシネット ジャパン タイトリストTS1/本間ゴルフ ツアーワールド XP-1 ドライバー

2020最新モデル|アクシネット ジャパン タイトリストTS1/本間ゴルフ ツアーワールド XP-1 ドライバー

令和モデルはこんなに違う!10年前、20年前、過去モデルとの比較で見る!

2019/10/25 ゴルフサプリ 編集部

最新作はホントにいいの?
毎年、ニューモデルが発売されるけれど、前のモデルとそんなに変わらないのでは?と思う人は多いはず。しかし同じメーカー、同じシリーズの過去モデルと比較すると大きく進化していることがわかる。令和モデルと言える最新のドライバーはどんな特性を持っているのか?過去モデルとの比較で探った。

●最新ドライバーの進化度|軸廻り慣性モーメントと重心角で解析
(1/7):10年前、20年前、過去モデルとの比較で見る!
(2/7):オノフKURO 2020モデル【グロ−ブライド】
(3/7):ピン G410 LST【ピンゴルフジャパン】
(4/7):ツアーB JGR(2020)【ブリヂストンスポーツ】
(5/7):RMX 120 & 220【ヤマハ】
(6/7):NEWエッグ5500【プロギア】
(7/7):タイトリストTS1【 アクシネット ジャパン】/ ツアーワールド XP-1【 本間ゴルフ】

杉山公平(ドクター スギ)
大手クラブメーカーで27年間クラブ開発に携わる。現在では大手ゴルフ量販、二木ゴルフで取り扱うクラブすべてを分析し、各店の店員にクラブフィッティングを指導している。クラブ分析&フィッティングのプロ。

高い直進性とつかまりやすさを備える。“やさしい”タイトリスト

三拍子揃ったやさしさ

軽量で振り遅れにくい。大きな重心角で球がつかまりやすい。直進性が高くミスヒットでも曲がりにくい。アマチュアゴルファー向けのやさしさが“ギュギュッ”と詰まっています。

タイトリスト TS1 ドライバー

ボール初速をアップする「スピードシャーシ」に加え、クラブ全体の重量を軽量化。クラブスピードも最大化して飛距離を伸ばす設計。タイトリストらしい心地よい打感・打音も魅力。
●価格/7万2000円+税

Aタイプヘッドの直進性が高く自然と球がつかまるオートマチックタイプ
Bタイプニュートラルな球のつかまりと適度な直進性のセミオートマタイプオートマタイプ
Cタイプ球のつかまりが控えめで操作性の高いマニュアルタイプ


ニュートラルな球のつかまりと高い操作性が特長

左腕を返しながら打ちやすい

大重心角、大ネック軸周り慣性モーメントヘッドが多い中で、操作性を意識した設計になっています。小さいヘッドを使っていたベテランゴルファーや、大型ヘッドは苦手という人にマッチします。

ツアーワールド XP-1 ドライバー(9月20日発売)

多くのプロを優勝に導いたツアーワールドシリーズで培ったテクノロジーを採用しながら、ヘッドスピードとミート率を高める新開発シャフトと軽量設計で飛距離と方向性を両立する。アベレージゴルファー向けのNEWドライバー。
●価格/7万5000円+税

Aタイプヘッドの直進性が高く自然と球がつかまるオートマチックタイプ
Bタイプニュートラルな球のつかまりと適度な直進性のセミオートマタイプオートマタイプ
Cタイプ球のつかまりが控えめで操作性の高いマニュアルタイプ


ドクター スギからのお知らせ

全国の二木ゴルフ(試打スペース未設置店を除く)では、球のつかまりとヘッドの操作性を最適化する、重心角、ネック軸周り慣性モーメントによるフィッティングを行っています。ぜひご利用ください。


最新ドライバーの進化度(7/7)終


取材協力/タイムジップス24、二木ゴルフ

アクシネット ジャパン
www.titleist.co.jp/ TEL:0120-935-325
本間ゴルフ
https://honmagolf.com/jp TEL:0120-941-380

GOLF TODAY本誌 No.568 102〜104ページより

【関連】最新ドライバーおすすめ人気ランキング20選|選び方のポイントも解説!

関連記事