1. TOP メニュー
  2. ゴルフギアにお悩み
  3. クラブ選び
  4. ピン[ちょい旧ドライバー性格診断]直進性の高さで全モデルが一致、G400MAXは超オートマチック

ピン[ちょい旧ドライバー性格診断]直進性の高さで全モデルが一致、G400MAXは超オートマチック

性能は一線級!価格はリーズナブル!コスパ抜群!人気ブランド31モデル旧作ドライバー[性格診断]

2021/08/20 ゴルフトゥデイ 編集部

そろそろドライバーを買い替えたいけれど予算が足りない。少しでも安くクラブを手に入れてその分をプレー代に回したい。そんな節約派ゴルファーへのオススメは、飛びでは最新モデルにひけをとらない1代前のマークダウン品や数代前までのちょい旧クラブだ。今回は、いまだ人気の衰えないピンのG410などをご紹介。

GOLF TODAY本誌 No.590 46〜47/52〜53ページより

Aタイプ|球がつかまって曲がらない超オートマ

ヘッドが真っすぐに動きやすく、オフセンターヒットでもブレにくい。ローテーションを使わずストレートボールを打ちたいゴルファーに適している。

Bタイプ|ミスに強くストレートボールを打ちやすい

Aタイプに比べると少しフェースを返しやすいが、基本的にはヘッドの直進性が高く、ストレートボールが打ちやすい。ボールはヘッドがつかまえてくれる。

Cタイプ|球のつかまりがよくスライスを軽減

大きな重心角によるフェースの返りやすさと操作性の高さとが相まって最も球のつかまりがいいタイプ。特にスライサーに適している。

Dタイプ|つかまりが抑えめで左のミスが出にくい

適度に操作性があり自分で球をつかまえやすいが、クラブが勝手に球をつかまえることはない。フックやヒッカケなど左のミスが怖い人に向いている。

Eタイプ|フェースコントロールしやすく球筋自在

操作性が高く、つかまえたり逃がしたりしながら球筋をコントロールできるがミスヒットにはシビア。フェースローテーションを積極的に使うゴルファー向き。

ネック軸回り、重心角とは

慣性モーメントとは?フェースの開閉のしやすさ(操作性)を表す

ネック軸を中心としてヘッドがどれだけ回転しにくいか(=どれだけの力が必要か)を表す数値。数値が小さいほどフェースを返しやすく、大きいほど開閉しにくい。

重心角とは?ボールのつかまりやすさがわかる

水平な場所にシャフト部分を置いたときにフェースが上を向く角度。数値が大きいほどフェースが返りやすく球がよくつかまる傾向。数値が小さいと球がつかまりすぎない。

どのモデルを選んでも大きな外れにはならない

慣性モーメントを大きくして直進性が高めるのが最近のゴルフ業界のトレンドであり、ピンはそのリーダーです。『Gシリーズ』も新しいモデルほどポジションがチャート図の右上に移動しています。その中で突出しているのが『G400MAX』でとにかく曲げたくない人にオススメ。フックさせたくない人は重心角が控えめの『Gシリーズ』を試してみましょう。また、各シリーズの3兄弟の差違が他社と比べて少ないのも特徴。どれを選んでも大きな間違いにはなりません。

ミスヒットに対する強さ(軸周りMOI)は「G400MAX」が最大で、スタンダードモデル同士で比べると新しいモデルほど強い。SFT系は、つかまりのよさと反比例し「GSFテック」が一番ミスに強い。

\最新作にも搭載されている/ 飛びの秘密はキーテクノロジー

タービュレーター

【採用モデル】全機種

空力デザインにより大型ヘッドも速く振れる
ヘッド後端の気流を整え、空気抵抗を軽減させるタービュレーター(突起)を搭載。大型ヘッドでもヘッドスピードが上がりやすく、高いボール初速と大きな飛距離を得ることができます。

低深重心設計

【採用モデル】全機種

ブレないヘッドだから誰でも飛ばせる
浅低重心がもてはやされたときも『Gシリーズ』では、パーツの軽量化やウェイトの配置などにより一貫して低深重心設計を追求してきました。どの世代のモデルを選んでも高いMOIによりブレずに真っすぐ飛ばすことができます。

G400 MAX|Aタイプ

ストレートボールがフルオートマチックに打てる

軸周りMOIは最大級。曲げようとしても曲がらないほど直進性が高く、打点がブレてもフェースの向きが変わりません。フェースローテーションが小さければ、重心角でクラブが球をつかまえてくれます。スライサーもフッカーも曲がりを抑えて真っすぐ飛ばせます。



中古相場/1万9000円~3万2000円(税込)

SPEC ●ネック軸周りMOI ➡ 特大 ●重心角 ➡ 特大 ●重さ/295グラム(R)●ロフト/9、10.5度 ●ヘッド体積/460㎤ ●素材/フェース:T9S+チタン、ボディ:811チタン ●シャフト/アルタJ CB(R、S R、S、T S )他 ● 長さ/45.75インチ

G410 LST|Bタイプ

重心角は大きいが左には飛びにくい

『G400LST』よりもミスに強くつかまる方向にシフトしています。チャート上では『G400』のスタンダードモデルに近いポジションですが、ライ角がフラットなのでつかまりすぎることはありません。増えすぎるスピンと曲がりを抑えて前に飛ばしたい人向きです。



中古相場/2万2000円~3万5000円(税込)

SPEC ●ネック軸周りMOI ➡ 大
●重心角 ➡ 大 ●重さ/305グラム(S)●ロフト/9、10.5度 ●ヘッド体積/450㎤ ●素材/フェース:T9S+チタン、ボディ:811チタン ●シャフト/アルタJ CBレッド(R、SR、S、X)他 ●長さ/45.75インチ

PING(ピン)最新ドライバー「G410LST」を試打レポート!

2年前には日本ツアーの賞金王と賞金女王が使っていたことで話題になったPING(ピン)のG400ドライバー。その後継モデルである...

あわせて読みたい

G410 SFT|Cタイプ

歴代モデルの中で最大級のつかまりやすさ

『GSFテック』や『G400SFテック』に比べて明らかに重心角が大きくなり、つかまり方はオートマチック。ピンの中では軸周り慣性モーメントが小さめなので、フェースローテーションが大きい人でも使いやすい。右に逃がしている球を真っすぐ高い弾道で前に飛ばしたい人向け。



中古相場/2万円~3万3000円(税込)

SPEC ●ネック軸周りMOI ➡ 中 ●重心角 ➡ 特大 ●重さ/291グラム(R)●ロフト/10.5度 ●ヘッド体積/455㎤ ●素材/フェース:T9S+チタン、ボディ:811チタン ●シャフト/アルタJ CBレッド(R、SR、S、X)他 ●長さ/45.75インチ

PING G410ドライバーを野村タケオとトップアマが試打

2017年には男女の賞金王が同じモデルを使っていたことで話題になったPING(ピン)のG400ドライバー。優しくボールも上がりや...

あわせて読みたい

G410 PLUS|Aタイプ

最大級の直進性とつかまりのよさを実現

スタンダードモデルながら『G400MAX』に迫る大きなMOIと重心角により、『G400』を上回る直進安定性を実現しています。また、フェース素材が鍛造になって周辺部の反発力がアップ。空気抵抗を低減するタービュレーターも大型化され初速性能も上がっています。



中古相場/2万円~3万5000円(税込)

SPEC ●ネック軸周りMOI ➡ 特大 ●重心角 ➡ 特大 ●重さ/293グラム(S)●ロフト/9、10.5、12度 ●ヘッド体積/455㎤ ●素材/フェース:T9S+チタン、ボディ:811チタン ●シャフト/アルタJ CBレッド(R、SR、S、X)他 ●長さ/45.75インチ

PING G410ドライバーを野村タケオとトップアマが試打

2017年には男女の賞金王が同じモデルを使っていたことで話題になったPING(ピン)のG400ドライバー。優しくボールも上がりや...

あわせて読みたい

G400 LSテック|Bタイプ

『GLSテック』よりもやさしい方向にシフト

前作『Gシリーズ』の3モデルよりも重心角が大きくなっていますが、ライ角がフラットなのでつかまりすぎる心配はありません。『G400』よりもウェイトが前にある分、MOIが小さいけれど直進安定性は十分以上。低スピンの直線的な弾道で飛ばすことができます。



中古相場/2万2000円~3万7000円(税込)

SPEC ●ネック軸周りMOI ➡ 中 ●重心角 ➡ 中 ●重さ/305グラム(S)●ロフト/8.5、10度 ●ヘッド体積/445㎤ ●素材/フェース:T9S+チタン、ボディ:811チタン ●シャフト/アルタJ CB(R、SR、S、TS)
他 ●長さ/45.75インチ

G400 SFテック|Bタイプ

スライスの曲がり幅を抑えて距離を伸ばせる

ウエイトがヒール寄りに装着されてスタンダードよりも重心角が大きい設定。軸周りMOIはやや小さめですが平均以上に大きく、直進性は十分。スライスをドローに変えるというよりは右方向の曲がりを小さくしてストレートに近い弾道で距離を稼ぐイメージです。



中古相場/1万6000円~2万8000円(税込)

SPEC ●ネック軸周りMOI ➡ 中 ●重心角 ➡ 大 ●重さ/291グラム(R)●ロフト/10、12度 ●ヘッド体積/445㎤ ●素材/フェース:T9S+チタン、ボディ:811チタン ●シャフト/アルタJ CB(R、SR、S、TS)他 ●長さ/45.75インチ

G400|Bタイプ

フルサイズを上回るブレにくさで真っすぐ飛ぶ

『G400シリーズ』の中ではニュートラルな性格。445㎤とは思えないほどヘッド挙動が安定していてミスヒットに強い。球のつかまりもよく、フェースローテーションの大きな人以外、初心者から上級者、ドロー打ち・フェード打ちを問わず多くのゴルファーに合う。



中古相場/1万6000円~2万8000円(税込)

SPEC ●ネック軸周りMOI ➡ 大 ●重心角 ➡ 中 ●重さ/294グラム(R)●ロフト/9、10.5度 ●ヘッド体積/445㎤ ●素材/フェース:T9S+チタン、ボディ:811チタン ●シャフト/アルタJ CB(R、SR、S、TS)他 ●長さ/45.75インチ

G LSテック|Dタイプ

左に出にくく低スピンだからドローで飛ばせる

『Gシリーズ』の中ではやや重心が浅いため、スピン量はかなり少なく、左右の曲がり幅も抑えられています。重心角は『G』や『GSFテック』とあまり変わりませんがライ角が2度フラットなので左に行きにくく、ヘッドスピードの速いドローヒッターに向いています。



中古相場/8500円~1万6000円(税込)

SPEC ●ネック軸周りMOI ➡ 中 ●重心角 ➡ 中 ●重さ/300グラム(S)●ロフト/9、10.5度 ●ヘッド体積/460㎤ ●素材/フェース:T9Sチタン、ボディ:811チタン ●シャフト/アルタJ 50(R、SR、S、TS)他 ●長さ/45.5インチ

G SFテック|Dタイプ

直進性の高さにつかまえやすさをプラス

ウェイトがスタンダードよりもヒール側に配置されていて、『Gシリーズ』の中では重心距離が短く軸周りMOIも小さめですが直進性の高さは十分です。ただ重心角はそれほど大きくなく、オートマチックに球がつかまるというよりは、自分でフェースを返しやすいタイプです。



中古相場/9500円~1万7000円(税込)

SPEC ●ネック軸周りMOI ➡ 中 ●重心角 ➡ 中 ●重さ/290グラム(R)●ロフト/10、12度 ●ヘッド体積/460㎤ ●素材/フェース:T9Sチタン、ボディ:811チタン ●シャフト/アルタJ 50(R、SR、S、TS)他 ●長さ/45.5インチ

G|Bタイプ

真っすぐ上げて下ろすだけで真っすぐ飛ばせる

軸周りMOIがかなり大きく、直進性の高さは最新モデルと肩を並べるほどです。重心角はそれほど大きくないので、テークバックでフェースを開くとインパクトも開いたまま当たりやすくなります。フェースローテーションをあまり使わない打ち方にマッチします。



中古相場/9500円~1万7000円(税込)

SPEC ●ネック軸周りMOI ➡ 大 ●重心角 ➡ 中 ●重さ/293グラム(R)●ロフト/9、10.5度 ●ヘッド体積/460㎤ ●素材/フェース:T9Sチタン、ボディ:811チタン ●シャフト/アルタJ 50(R、SR、S、TS)他 ●長さ/45.5インチ

◉計測と分析

ドクタースギこと
杉山公平氏
大手クラブメーカーで27年間クラブ開発に携わり、現在は二木ゴルフで取り扱うすべてのクラブの計測と分析を行っている。


性能は一線級!価格はリーズナブル!コスパ抜群!
人気ブランド31モデル旧作ドライバー[性格診断]

テーラーメイド編へ

シリーズ一覧へ

●性能は一線級!価格はリーズナブル!コスパ抜群!人気ブランド31モデル旧作ドライバー[性格診断]
キャロウェイ編
テーラーメイド編
ピン編
・タイリスト・ダンロップ・ブリヂストン編

【2021年】ゴルフ中古ドライバーおすすめ人気ランキング10選

この記事では、初心者ゴルファーにもおすすめの中古ドライバーをランキング形式で紹介します。 中古品を購入するメリット...

あわせて読みたい

関連記事