1. TOP メニュー
  2. ゴルフギアにお悩み
  3. クラブ選び
  4. タイリスト・ダンロップ・ブリヂストン[ちょい旧ドライバー性格診断]

タイリスト・ダンロップ・ブリヂストン[ちょい旧ドライバー性格診断]

性能は一線級!価格はリーズナブル!コスパ抜群!人気ブランド31モデル旧作ドライバー[性格診断]

2021/08/23 ゴルフトゥデイ 編集部

そろそろドライバーを買い替えたいけれど予算が足りない。少しでも安くクラブを手に入れてその分をプレー代に回したい。そんな節約派ゴルファーへのオススメは、飛びでは最新モデルにひけをとらない1代前のマークダウン品や数代前までのちょい旧クラブだ。今回はコスパ抜群なタイトリスト・ダンロップ・ブリヂストンのちょい旧ドライバーをご紹介!

GOLF TODAY本誌 No.590 46〜47/54〜55ページより

Aタイプ|球がつかまって曲がらない超オートマ

ヘッドが真っすぐに動きやすく、オフセンターヒットでもブレにくい。ローテーションを使わずストレートボールを打ちたいゴルファーに適している。

Bタイプ|ミスに強くストレートボールを打ちやすい

Aタイプに比べると少しフェースを返しやすいが、基本的にはヘッドの直進性が高く、ストレートボールが打ちやすい。ボールはヘッドがつかまえてくれる。

Cタイプ|球のつかまりがよくスライスを軽減

大きな重心角によるフェースの返りやすさと操作性の高さとが相まって最も球のつかまりがいいタイプ。特にスライサーに適している。

Dタイプ|つかまりが抑えめで左のミスが出にくい

適度に操作性があり自分で球をつかまえやすいが、クラブが勝手に球をつかまえることはない。フックやヒッカケなど左のミスが怖い人に向いている。

Eタイプ|フェースコントロールしやすく球筋自在

操作性が高く、つかまえたり逃がしたりしながら球筋をコントロールできるがミスヒットにはシビア。フェースローテーションを積極的に使うゴルファー向き。

ネック軸回り、重心角とは

慣性モーメントとは?フェースの開閉のしやすさ(操作性)を表す

ネック軸を中心としてヘッドがどれだけ回転しにくいか(=どれだけの力が必要か)を表す数値。数値が小さいほどフェースを返しやすく、大きいほど開閉しにくい。

重心角とは?ボールのつかまりやすさがわかる

水平な場所にシャフト部分を置いたときにフェースが上を向く角度。数値が大きいほどフェースが返りやすく球がよくつかまる傾向。数値が小さいと球がつかまりすぎない。

タイトリストとゼクシオは徐々につかまる方向へ進化

タイトリストの『TSシリーズ』は1ランクずつやさしくなり、『TS3』が『900シリーズ』の「D2」の位置に収まりました。『TS1』はつかまりのよさでも重量帯で見ても従来の『VG3』の後継ポジションです。『ゼクシオ』はコンセプトを大きく変えず、つかまりを少しずつよくしていますが、MOIはほどほどをキープしローテーションを使うゴルファーに配慮しています。『JGR』『GR』系は伝統的に重心距離が短くMOIが小さめ。こちらも自分でフェースを開閉してつかまえにいく人にはピッタリです。

「タイトリスト917D3」は「915D3」よりも重心角が小さいが、ウェイト調整により重心距離をヒール寄りに動かすことが可能。ウェイト調整機能は「917D2」「TS3」にも搭載。

過去3代の「ゼクシオ」はつかまりが良くなる方向に進化。「GR」と「JGR」は代々つかまりのよさを売りにしてきたブランドだ。

\最新作にも搭載されている/ 飛びの秘密はキーテクノロジー

タイトリスト|中心軸重心設計~TSスピード重心設計

【採用モデル】全機種

初速性能を意識した重心設計
『915/917シリーズ』は重心軸を打点に近づけることでボール初速を最大化する「中心軸重心設計」を採用。『TSシリーズ』では精密な加工技術により重心設計がさらに最適化され従来以上のボールスピードを実現しています。

ダンロップ|デュアルスピードテクノロジー

【採用モデル】ゼクシオセブン以降全機種

重ヘッド+軽量シャフトの相乗効果で初速がアップ
重ヘッドでボール初速を上げると同時に、シャフトとグリップの軽量化、シャフトの手元重心化によってクラブを振りやすくしてヘッドスピードを上げ、相乗効果によって大幅な飛距離アップを実現。この技術はスリクソンにも採用されています。

ブリヂストン|パワーミーリング

【採用モデル】JGR、ツアーBJGR

高打ち出しをキープしたままスピン量を低減
フェース面に施された細かなミーリングによりインパクト時のボールの上滑りを抑えてスピン量を軽減。適正な打ち出し角とバックスピン量によって大きなキャリーを実現しています。同時にサイドスピンも減るので曲がり幅も抑えられています。

タイトリスト TSはつかまり重視で、915と917はつかまり抑えめ

タイトリストTS3|Dタイプ

前作より1ランクやさしくニュートラルな性格

重心角が少し大きくなり、抑えめだった球のつかまりはニュートラルになりました。ポジションは『917D2』や『915D2』に近く、対象ゴルファーもドローヒッターからフェードヒッターまで広がりましたが、重量がありスピンも少ないのである程度のパワーは必要。



中古相場/2万円~3万2000円(税込)

SPEC ●ネック軸周りMOI ➡ 中 ●重心角 ➡ 中 ●重さ/312グラム(S)●ロフト/8.5、9.5、10.5度 ● ヘッド体積/460㎤ ●素材/フェース:チタン ●シャフト/タイトリストツアーAD60(SR、S)他 ●長さ/45.25インチ

タイトリストTS2|Bタイプ

タイトリストらしさを残しつつやさしく進化

前シリーズと比べてかなり重心角が大きくなって軸周りMOIもアップ。オートマチックにストレートボールが打ちやすくなっています。重量がやや重めですがアベレージゴルファーでも十分使えます。素材はフルチタンでタイトリストらしいソフトな打感は健在。



中古相場/1万8000円~3万円(税込)

SPEC ●ネック軸周りMOI ➡ 中 ●重心角 ➡ 大 ●重さ/304グラム(S)●ロフト/8.5、9.5、10.5度 ●ヘッド体積/460㎤ ●素材/フェース:チタン ●シャフト/タイトリストスピーダー519エボリューション(R、SR、S)他 ●長さ/45.5インチ

タイトリストTS1|Cタイプ

アベレージモデル並みにやさしくH/Sが上がる

重心角は『VG3』(2017)に匹敵するほど大きく球のつかまりは申し分ない。また、ヘッド自体が軽いためMOIは『TS2』と比べると小さいが、2020年に発売されたモデルの中では平均的な数値で打点ブレにも強い。ヘッドスピードを上げて飛ばしたいゴルファー向き。



中古相場/1万7000円~2万9000円(税込)

SPEC ●ネック軸周りMOI ➡ 中
●重心角 ➡ 特大●重さ/27 1グラム(R)●ロフト/9.5、10.5、12度 ●ヘッド体積/460㎤ ●素材/フェース:チタン ●シャフト/タイトリストディアマナ50(R、SR、S)他 ●長さ/45.75インチ

タイトリスト915D3|Dタイプ

左の不安を消したいドローヒッターに最適

一回り小ぶりなヘッドは、軸周りMOIがそれほど大きくないのでフェースを開閉しやすい。重心角も小さくクラブがつかまえてくれる動きは小さく、左方向のミスが出にくいのでとくにドローヒッターには安心です。自分でフェースを返してつかまえるタイプに向いています。



中古相場/8500円~1万6000円(税込)

SPEC ●ネック軸周りMOI ➡ 中 ●重心角 ➡ 小 ●重さ/307グラム(S)●ロフト/8.5、9.5、10.5度 ●ヘッド体積/440㎤ ●素材/フェース:チタン ●シャフト/タイトリストスピーダー515(R、SR、S)他 ●長さ/45.25インチ

タイトリスト915D2|Dタイプ

コスパが高くタイトリスト好きにオススメ

軸周りMOIがほどほど大きく、見た目の印象よりはミスヒットに寛容です。『915D3』よりも重心角が大きけれど、フェースターンのスピードはゆるやかなので左方向のミスは出にくくなっています。性格的には『917D2』や『TS3』とよく似ていてコスパは高いです。



中古相場/6000円~1万2000円(税込)

SPEC ●ネック軸周りMOI ➡ 中 ●重心角 ➡ 中 ●重さ/307グラム(S)●ロフト/8.5、9.5、10.5度 ●ヘッド体積/460㎤ ●素材/フェース:チタン ●シャフト/タイトリストスピーダー515(R、SR、S)他 ●長さ/45.25インチ 

タイトリスト917D3|Dタイプ

ドローやフェードをコントロールしやすい

軸周りMOI、重心角ともに『915D3』よりもやや抑えめで、操作性がアップしています。ウエイト調整機能を使えば、重心をトゥまたはヒール寄りに移動させることが可能。自分の打点と重心を近づけることで初速がアップし、ドローやフェードの球筋が安定します。



中古相場/1万1000円~1万9500円(税込)

SPEC ●ネック軸周りMOI ➡ 中 ●重心角 ➡ 小 ●重さ/307グラム(S)●ロフト/8.5、9.5、10.5度 ●ヘッド体積/440㎤ ●素材/フェース:チタン ●シャフト/タイトリストスピーダー517(R、SR、S)他 ●長さ/45.5インチ

タイトリスト917D2|Dタイプ

前作より少しやさしくストレートに打ちやすい

軸周りMOIが大きめでアスリートモデルとしてはミスヒットに強く、ストレートボールが打ちやすくなっています。また、重心角も適度に大きく、前作『915D2』よりはボールがつかまりやすい設定。少し重いが体力があればアベレージゴルファーでも使いこなせます。



中古相場/9000円~1万6000円(税込)

SPEC ●ネック軸周りMOI ➡ 中 ●重心角 ➡ 中 ●重さ/307グラム(S)●ロフト/8.5、9.5、10.5度 ●ヘッド体積/460㎤ ●素材/フェース:チタン ●シャフト/タイトリストスピーダー517(R、SR、S)他 ●長さ/45.5インチ

ダンロップ ゼクシオは代を重ねるごとにつかまりやすさがアップ

ゼクシオ テン|Cタイプ

振りやすさがアップし球を芯でとらえやすい

重心角が大きくなってさらに球がつかまるようになりましたが、フェースローテーションも使えます。ヘッドデータには表れませんが、芯を食いやすいというのも9代目のセールスポイント。ヘッドスピードが遅めで球がつかまらない人、打点のバラつく人にオススメです。



中古相場/1万7000円~2万8000円(税込)

SPEC ●ネック軸周りMOI ➡ 中 ●重心角 ➡ 大 ●重さ/270グラム(R)●ロフト/8.5、9.5、10.5、11.5度 ●ヘッド体積/460㎤ ●素材/フェース:チタン(Super-TIX®PLUS for XXIO)、ボディ:8-2チタン ●シャフト/MP1000(R2、R、SR、S)他 ●長さ/45.75インチ

ゼクシオ ナイン|Cタイプ

つかまりがよく初速が上がるセミオートマ系

軸周りMOI、重心角ともに7代目と同等に大きく、セミオートマチックなつかまり系。トルクの大きなシャフトもつかまりやすさの要因です。総重量は前作と同じですが、よりヘッドが重くシャフトは軽くなっているのでさらにボールスピードを上げて飛ばせます。



中古相場/1万1000円~1万9000円(税込)

SPEC ●ネック軸周りMOI ➡ 中 ●重心角 ➡ 中 ●重さ/272グラム(R)●ロフト/8.5、9.5、10.5、11.5、12.5度 ●ヘッド体積/460㎤ ●素材/フェース:チタン(Super-TIX®PLUS for XXIO)、ボディ:8-2チタン ●シャフト/MP900(R2、R、SR、S)他 ●長さ/45.5インチ

ゼクシオ エイト|Eタイプ

最近のゼクシオの中ではフェースを操作しやすい

ゼクシオイレブン/エックス 〜ゼクシオらしくゼクシオを変えるRe: XXIOの真相〜

ロゴが変わり、2モデル展開となり、新製品発表会では“Reブランディング”という、メッセージも伝えられた11代目のゼクシオ。長...

あわせて読みたい

ヘッドを重くしながらシャフトとグリップを軽量化して、ヘッドスピードと初速をアップさせる技術を採用。8代目は前作よりも軸周りMOIと重心角も小さくなり、自分でボールをつかまえやすい設定。フェースローテーションの大きい人は8代目が狙い目です。



中古相場/7500円~1万4000円(税込)

SPEC ●ネック軸周りMOI ➡ 小 ●重心角 ➡ 中 ●重さ/272グラム(R)●ロフト/8.5、9.5、10.5、11.5、12.5度 ●ヘッド体積/460㎤ ●素材/フェース:チタン(Super-TIX®PLUS for XXIO)、ボディ:8-2チタン ●シャフト/MP800(R2、R、SR、S)他 ●長さ/45.5インチ

ブリジストン つかまえやすいJGR、2017モデルとGRは相似形

ツアーステージX-ドライブ GR(2014)|Eタイプ

球をしっかりつかまえて上げたい人に最適

『JGR』の前身の『GR』は球のつかまえやすさでヒットしたシリーズです。このモデルからクラウンをたわませて打ち出し角を上げるパワースリットを搭載。最新の『JGR』にも延長線上の技術が採用されていて、『GR』も最新作同様、高弾道で飛ばせます。



中古相場/5500円~1万3000円(税込)

SPEC ●ネック軸周りMOI ➡ 小 ●重心角 ➡ 中 ●重さ/303グラム(R)●ロフト/9.5、10.5度 ●ヘッド体積/460㎤ ●素材/6-4チタン ●シャフト/ツアーAD J14-03W(R、SR、S)他 ●長さ/45.5インチ

ブリヂストンゴルフ JGR|Eタイプ

ローテーションの大きな打ち方にぴったり

発売当時の平均的な重心角を、現在の基準に当てはめるとかなり小さめ。軸周りMOIも小さくフェースを返しやすいモデルです。スピン量を適正化するパワーミーリングをシリーズ初搭載。パワーのない人でも打ち出しの高さをキープしたまま、スピンを減らして飛ばせます。



中古相場/7500円~1万4000円(税込)

SPEC ●ネック軸周りMOI ➡ 小 ●重心角 ➡ 小 ●重さ/294グラム(R)●ロフト/9.5、10.5、12度 ●ヘッド体積/460㎤ ●素材/フェース:6-4チタン、ボディ:811チタン ●シャフト/ツアーAD J16-11W(R、SR、S)他 ●長さ/45.5インチ

ツアーB JGR(2017)|Eタイプ

パワーがなくても球がよくつかまって上がる

前作同様に軸周りMOIが小さく、自分で球をつかまえやすい設定。それほど大きくないMOIでもパワーミーリングの効果で、スピン量が少なく曲がり幅は小さくなっています。ヘッドスピードが出なくてもクラウンがたわんで、打ち出し角が上がるのでキャリーが期待できます。



中古相場/1万円~2万円(税込)

SPEC ●ネック軸周りMOI ➡ 小 ●重心角 ➡ 中 ●重さ/292グラム(R)●ロフト/9.5、10.5、11.5度 ●ヘッド体積/ 4 6 0㎤  ●素材/フェース:6-4チタン、ボディ:811チタン ●シャフト/JGRオリジナルTG1-5(R、SR、S)他 ●長さ/45.5インチ

◉計測と分析

ドクタースギこと
杉山公平氏
大手クラブメーカーで27年間クラブ開発に携わり、現在は二木ゴルフで取り扱うすべてのクラブの計測と分析を行っている。

取材協力/二木ゴルフ

●性能は一線級!価格はリーズナブル!コスパ抜群!人気ブランド31モデル旧作ドライバー[性格診断]
キャロウェイ編
テーラーメイド編
ピン編
タイリスト・ダンロップ・ブリヂストン編

【2021年】ゴルフ中古ドライバーおすすめ人気ランキング10選

この記事では、初心者ゴルファーにもおすすめの中古ドライバーをランキング形式で紹介します。 中古品を購入するメリット...

あわせて読みたい

関連記事