1. TOP メニュー
  2. コラム
  3. もう使えないじゃん!金無いのにゴルフやってるオヤジのドライバーはルール不適合になっていた

もう使えないじゃん!金無いのにゴルフやってるオヤジのドライバーはルール不適合になっていた

金無いのにゴルフやってるオヤジのはなし 第13話

2022/06/21 ゴルフサプリ編集部 金無いのにゴルフやってるオヤジ

ゴルフ,ドライバー

前回、悲願の飛距離アップのために、14年前の250ccのドライバーを460ccの中古ドライバーに切り替えるも、クラブが重すぎて、かえって飛距離が落ちてしまったという話を書きました。
金無いので、250ccのドライバーを使い続けようと思ったのもつかの間、買い替えが必要となる事態が発生します。今回は、その話をしたいと思います。

ゴルフを辞めていた間にSLEルールが施行されていた

前回、飛距離アップを狙って5千円(税込み)の460cc・45インチの中古ドライバーを購入したものの、重すぎて振り切れず、飛距離が落ちてしまったという話を書きました。

この時購入したツアーステージX-DRIVE460は、2ラウンドほど使用しましたが、飛距離が落ちてしまうのなら敢えて使い続ける意味はないので、以前の250ccのPRGR Type-252に戻すことにしたのです。

そして、金無いので、そうそう買い替えも出来ないために、再び同僚たちに笑われながら、Type-252を使っていました。

そんなある日、SLE(Spring Like Effect:スプリング効果)に関する話を、ネットのゴルフ関係の記事で目にします。どうも、私がゴルフをやめていた間の2008年に、SLEに関する新ルールが施行されたそうで、反発係数が一定の値を超える“高反発クラブ”は不適合となり、競技では使えなくなっていることを、ようやく知ったのでした。

以前にも書きましたように、自称・競技ゴルファーである「金無いのにゴルフやってるオヤジ」としては、これは看過できない問題だと思い、いろいろと調べてみたのです。

プロギア ドライバーおすすめ10選|価格・スペック徹底比較

ユーティリティという言葉すらなかった時代に、大ヒット商品となった通称:たらこアイアン「インテスト」を発売したプロギア...

あわせて読みたい

Type-252ドライバーは競技で使用できるのか?

ゴルフ,疑問

問題は、笑われながら使用している“ひと昔前のドライバー”が競技に使用できるかどうかです。

SLEに関する新ルールが2008年に施行される以前に製造されたドライバーでも、SLEルールに適合しているドライバーについては、それを示す刻印がされているものもあるとのことでした。

そこで、重くて使えなかった2006年発売のX-DRIVE 460を引っ張り出して、改めてヘッドをよく見てみると、ネック付近に”CONFORMING TO R&A/USGA SLE RULE”の刻印が確かにありました。
一方、Type-252は1996年販売で、その頃は、そもそもSLEが認識される以前の時代なので、当然、適合を示す刻印はありません。

果たして、このクラブは競技で使えるのかと、以前参加したパブリック選手権の後継に当たる、アマチュアゴルファーズ選手権の参加要項をチェックしたのです。
すると、『予選、地区決勝、全日本において、高反発クラブの使用は禁止する。※最新の「R&A適合ドライバーヘッドリスト」に記載されているもののみ使用可』との記載があります。

そこで、R&Aのサイトを開いて、Made by Yokohama Rubber Co. Ltd.のドライバーリストを見ると、1998年発売のType-300は載っているものの、それ以前のクラブはリストにありませんでした。

それを見て、「なんだよ!もう使えないじゃん!」と叫んだのでした。

予算1万円でドライバーの買い替えに再挑戦

こうして、競技ゴルファーである「金無いのにゴルフやってるオヤジ」としては、Type-252を買い替えて、R&Aの適合リストにあるドライバーを入手する必要が出てきました。
そこで、前回、X-DRIVE460で買い替えを失敗しているので、今度は失敗は許されないと慎重に検討することにしたのです。

そのころ、コンペで同僚たちが調整機能付きのドライバーを使っているのを、何回か目にしました。
ソールのヒール側とトウ側にウェイトがあったり、シャフトがヘッドに刺さる角度を調整できたりするので、ヘッドの返り易さやライ角、ロフトなどを微調整できます。
金無いので、クラブが合わないからと言って、おいそれと買い替えもできません。それでも、調整機能付きドライバーなら、自分に合うように微調整して、さらなる買い替えを回避できるのではないかと考えたのです。

しかし、クラブの総重量だけは後から調整はできませんので、慎重に選ぶ必要があります。
前回、重くて失敗したX-DRIVE460は45インチで320グラム。重さを感じずに振り切れるType-252が44インチで320グラム。今や44インチのドライバーはほぼ無いので、主流の45インチの長さで310グラムくらいの重さなら、Type-252と同じ感覚で振り切れると予想しました。また、ロフトは9.5°のX-DRIVE460ではキャリーが出なかったので、10.5°希望。予算は、金無いので、1万円(税込み)。

ドライバー

まとめると、
ヘッド体積 460cc
クラブ長さ 45インチ
クラブ重さ 310グラム
ロフト   10.5°
調整機能  あり
シャフト固さ S
予算    1万円(税込み)

という、理想のドライバー像を描きました。このドライバーなら重さを感じずに振り切れるし、なによりヘッド体積が460ccあるので、安心して思い切り振れる。さらには、Type-252より1インチ長くなるので、その分ヘッドスピードも速くなる。

飛距離アップを達成しつつ、SLEルール適合で競技に使用することもできるという、言うことなしのドライバーだと考えました。この理想のドライバーを求めて、ネットで中古ドライバーを探し始めたのです。

【2022年】ゴルフ中古ドライバーおすすめ人気ランキング10選

この記事では、初心者ゴルファーにもおすすめの中古ドライバーをランキング形式で紹介します。 中古品を購入するメリット...

あわせて読みたい

難航する1万円で買える理想のドライバー探し

この頃、2017年の初頭になりますが、予算、軽さ、調整機能付きのすべてを満たすドライバーを探すのは非常に難航しました。それでも、粘り強く探していると、スリクソンのZ525なら条件を満たすクラブが見つかるかもしれないと気付きました。

長さは45.25インチと少々長いですが、重さは308グラムと軽いです。10.5°のラインナップもありますし、中古市場で1万円(税込み)以下のクラブもちらほらありました。これしかないと思い、ネットで中古品を探すと、1万円以下のクラブは、ヘッドカバー無し、ウェイト、レンチ無しのクラブだらけです。ヘッドカバーは必要ではないのですが、ウェイト、レンチが無ければ、調整機能が無いも同然です。

金無いので、さらなる買い替えは許されないため、この点は、妥協できませんでした。

一方、1万円以下のクラブの中で、「ヘッドカバー無し」とだけ書いてあり、ウェイト、レンチについては記載が無いクラブが何本か見つかりました。それに対して、一軒一軒、「ウェイト、レンチは付いていますか?」と、問い合わせてみたのです。

すると、「ウェイト、レンチもありません」との回答が次々と来ましたが、数軒ほど問い合わせたところで、「ヘッドカバーは書いてある通り付いていませんが、ウェイト、レンチは付いています」との回答が!
ようやく見つけたと小躍りして、金額も税込み8千円ちょっとだったので、躊躇せず、購入したのです。
それが、下の写真のドライバーとなります。

スリクソン,Z525ドライバー

はたして買い替えは成功したのか?

肝心の使い心地ですが、予想した通り、使い慣れたType-252と同じくらいの重さに感じて、振り切ることができます。X-DRIVE460のように、油断すると即、大スライスということもありません。
ロフトも10.5°あるおかげで、普通に球も上がるので、とくに調整機能をいじることはしていません。わざわざウェイト、レンチありのクラブを購入しましたが、今のところは、全く役には立っていません。

注目の飛距離ですが、伸びたという実感は、残念ながらありませんでした。相変わらず、210ヤードくらいです。クラブが1インチ長くなれば、ヘッドスピードは1m/s速くなると聞きますが、その分、数ヤード飛距離が伸びたのかと言わると、正直、よく分かりません。

ヘッドが大きくなったので、その分、安心して振り切れ、ヘッドスピードも上がるのではと期待したのですが、その効果も限定的だったようです。

それでも、予算内でType-252と同じ感覚で振れる競技使用可能なSLEルール適合ドライバーを入手できたので、買い替えた価値はあったと思っています。結局、道具による飛距離アップは達成できませんでしたが、飛距離アップの挑戦は続きます。

次回は、その挑戦の話を書きたいと思います。

ゴルフクラブは短くなるほど「フルスイング」ではなく「コントロールスイング」

90切りを達成する条件の一つに、自分にとって都合のいい状況をなるべく多く作り出すことがあげられる。ミスが出にくいクラブ...

あわせて読みたい




金無いのにゴルフやってるオヤジ

金無いのにゴルフやってるオヤジ(ペンネーム)
東京都在住の50代のおっさんです。25歳からゴルフを始め、現在はスコア100前後のアベレージゴルファーです。金は無いですが、70台でラウンドできる上級者になるべく、ゴルフを頑張っています。「金無いのにゴルフやってるオヤジの日記」というブログもやっています。こちらもご興味があれば覗いてみてください。


【金無いのにゴルフやってるオヤジのはなし】

第12話(前回)へ 第14話(次回)へ

シリーズ一覧へ

「金無いのにゴルフやってるオヤジ」とは?

金無いのにゴルフやってるオヤジ、と申します。50代のおっさんです。 スコアも通常100前後という完全なアベレージゴルファー...

あわせて読みたい

飛距離が15ヤード伸びる!? 体が硬くなってきた野村タケオが「ゴルフ関節調律」初体験

みなさんこんにちは。ゴルフバカイラストレーターの野村タケオです。いや~もうね僕もいい歳なので、情けない話、体が動かな...

あわせて読みたい
直近急上昇記事

関連記事