1. TOP メニュー
  2. テクニックに効く
  3. 飛距離
  4. フェースが開いてしまう原因は?コッキングではなくココを意識して!

フェースが開いてしまう原因は?コッキングではなくココを意識して!

ドラコン女王・高島早百合のぶっ飛びLESSON|あなたは今より+20ヤード飛ばせます!【Vol.10】

2023/01/28 ゴルフサプリ編集部

高島早百合

ゴルフ雑誌ゴルフトゥデイで掲載されている大好評・連載企画「ドラコン女王・高島早百合のぶっ飛びLESSON」の第10回は、「飛ばすための手首の使い方」コツをレッスンします!このレッスンで、あなたの飛距離を+20ヤード伸ばしましょう!

GOLF TODAY本誌 No.608/110〜111ページより

ドラコン選手にとっては当たり前。コッキングは使わず、左手の掌屈で飛ばす!

左手を掌屈するとフェースが真上に

左手を掌屈するとフェースが真上に

〇: トップで左手を掌屈(手のヒラ側に折る)させると、フェース面が真上を向いてスクエアフェースになる。
✕ : コッキングしようとすると左手が立ってくるため、掌屈とは逆の背屈(甲側に折れる)するカタチになりやすい。

コッキングするとフェースが開いてしまう

私はスイング中にコッキングするイメージはありません。コッキングは手首を親指側に折る動きですが、バックスイングでコッキングしようとすると、絶対にフェースが開いてしまう。

その結果、トップではシャフトがクロスしたり、インパクトではロフトが寝てしまう原因になります。スイング中はできるだけフェースの開閉を抑えた方が体の回転で強いボールが打てます。

そのためにはコッキングではなく、左手を掌屈させることがポイントです。

掌屈とは手首を手のヒラ側に折る動きのこと。感覚的には左手を少し倒してレイドオフに近い感じです。トップで左手を掌屈させて、インパクトまでその手首のカタチをキープできれば、ロフトを立ててハンドファーストでボールを打つことができます。

一方、右手はトップで背屈させます。背屈は手首を甲側に折る動き。右手のヒラが真上を向いて、その上にグリップが乗っている感覚が理想です。

手元は真上に上げて、体がヨコ回転している

手元を真上に上げるイメージ

手元は体に対して真上に上げていく。それに対して体が横に回転すれば、自然と右手は背屈する姿勢になる。

右手のヒラが真上を向けばOK

右手のヒラが真上を向くイメージ

トップでは右手のヒラが真上を向けばOK!アマチュアは右手のヒラが斜め上を向く人が多い。

頭の位置はセンターではなく右足の前まで動かす

頭の位置

左手の掌屈に合わせて、体はしっかり回すことが大切。

頭の位置を変えないように体を回すと体が傾いてしまうので、頭の位置は右足の前まで動かしたほうが上半身を回転させやすい。

高島小百合

高島早百合
たかしま・さゆり/1992年9月3日生まれ。高校ゴルフ部の名門・東北高校を経て、2011年のプロテストに合格。主にステップ・アップ・ツアーに出場しているが、17年にドラコン大会に出場すると365ヤードという女子の日本記録を出して優勝。元々、ドラコンで有名な和田正義プロからスイングを教わったこともあり、現役女子プロとしてはトップクラスの飛ばし屋。YouTube「さゆーちゅーぶ!高島早百合チャンネル」も好評。


ドラコン女王・高島早百合が、飛距離を伸ばす秘訣『ぶっ飛びLESSON』

前回へを読む 次回へを読む

シリーズ一覧へ

2024年最新ドライバーおすすめ人気ランキング20選|4月1日更新!

2024年最新のドライバーおすすめ人気ランキングを発表!ゴルフ初心者・中級者や上級者からも人気の飛ぶドライバー全20クラブ...

あわせて読みたい

フェースを返す? 手を返す?って、どうすればいいの? 教えて!大西翔太コーチ!

経験の浅いゴルファーたちの率直な疑問に対して、大西翔太コーチが親切に解説してくれるレッスンシリーズ。第4回のクエスチョ...

あわせて読みたい

フェースの向きをコントロールするのにおすすめ!ループ軌道を習得する方法

インパクトのフェースコントロールを意識すると、つい手元での操作感覚に頼りたくなるはず。「弾道を安定させるのに、それは...

あわせて読みたい

新構造で飛びとやさしさをレベルアップ!キャロウェイの新作「PARADYM」はアイアンもスゴい。

革新的なクラブの創造ということで名付けられた「PARADYM(パラダイム)」。アイアンもまさに、既成概念を打ち破った“パラダ...

あわせて読みたい