1. TOP メニュー
  2. ゴルフ知恵袋
  3. 凡ミスで痛恨のトリプルボギー…ここで気持ちをビシッと切り替えるマジックワードとは?

凡ミスで痛恨のトリプルボギー…ここで気持ちをビシッと切り替えるマジックワードとは?

伝説のアマチュアゴルファー中部銀次郎の「言の葉」vol.18

2023/12/03 ゴルフサプリ編集部

聖書

伝説のアマチュアゴルファー中部銀次郎の「言の葉」。
「プロより強いアマチュア」と呼ばれた中部銀次郎氏が遺した言葉は、未だに多くのゴルファーのバイブルとなっている。その言葉一つひとつを、皆さんにお届けしていく。

GOLF TODAY本誌 No.618/68〜69ページより
本誌イラスト/北村公司

「ゴルフは罪深きもの。ミスを赦しなさい」

中部銀次郎さんは日本アマチュア選手権に前人未踏の6度の優勝を成し遂げた人である。それだけの優勝を果たせたのは、ゴルフを心のゲームととらえ、プレーする心を整えることに専念したからである。中部さんの教えは心に染み渡るものであるから、真剣にゴルフに対峙している人は中部さんをゴルフの神様のように慕ってしまう。そして、そう思わざるをえない中部さんの言葉が次の一言である。

「罪深きゴルフでは、ミスは赦すもの」

これはまさにイエス・キリストの言葉と同じである。キリストは、人は罪を犯すものであり、その罪は赦さなければならないと説いている。それも一度や二度ではない、繰り返し、永遠に赦さなければならないと。自分の罪を悔い改めて許しを求めよ、自分を怒らせ傷つけた人を赦せよと、自分も他人も許すようにと教えている。

中部さんはクリスチャンではないが、ゴルフにおいてキリストと同じことを思い、自分に諭していたのである。

「ゴルフはミスのゲームです。完璧を望んでいてもミスを犯す。たとえ大きなミスがなくても小さなミスはたくさん起きる。完璧なショットなど皆無と言ってもいい。だから、ミスをしても怒ってはいけないし、嘆いてもいけない。そんなことをしても無意味なのです。だってゴルフにおいてミスは起きるのですから。よって、ゴルファーはミスを赦さないといけない。赦しの心を持つことがとても大切なのです」

キリストや中部さんが言う「ゆるし」とは、「許し」ではなく「赦し」である。「許し」は何かを認めること、許可することであるが、「赦し」は罪や過ちを咎めない、過失や失敗を責めないことである。

よって、キリストによれば人が犯した罪は赦すことが必要だし、中部さんからすればゴルフではプレーヤーが犯したミスは赦さなければいけないということになる。罪や失敗は赦すことが大事なのだ。

「早起きは苦手だから遅いスタートがいい」「遠方のゴルフ場はイヤ」…その発言、相手の気分をぶち壊しているかも

ゴルフの虜になってもうすぐ半世紀。年間試打ラウンド数は50回。四六時中ゴルフのことばかりを考えてしまうロマン派ゴルフ作...

あわせて読みたい

自分も他人も赦すこと

キリスト,イラスト

中部さんは言う。「ほんの小さなミスでも、大きなミスを招く引き金になることはよくありますよね。短いパー3ホールでピンは手前、そのピンを狙って打ったらほんの僅か届かずにガードバンカーに入る。行ってみたら目玉になっている。

カッと血が上って闇雲に打ったらグリーンオーバー、逆目のライで乗らない寄らない入らないであっという間のトリプルボギー。あと50センチ距離が出ていたら、バーディチャンスだったかも知れない。2になる所が6。ショックはとても大きいものです。

しかし、ここで怒ったり、落胆したり、嘆いたりしてはいけないのです。ゴルフではよくあることと、自分を赦さなければいけない。

そうしないと、次のホールではもっと大きなミスを招くことになる。ティショットがいきなりOBとかね。そうなればその日のゴルフは破綻する。取り返しのつかないラウンドになってしまうのです」

前が詰まっていると待ち時間にイライラしてミス…この「待ちチョロ」をどうにかしたい!噂のChatGPTに解決策を聞いてみた

ラウンド中に前が詰まってしまうと、どうしても「待ちチョロ」してしまいますよね。そこで、私の待ちチョロ対策を紹介します...

あわせて読みたい

人生でもあることだ。最初はちょっとした悪戯だった。それが面白くて駄菓子屋からお菓子をくすねる。それが高じて盗みを働くようになり、ついに高価なものを盗んで警察につかまる。そのときに人を押し倒してケガを負わせてしまう。自分のせいではないと言い張れば言い張るほど反省がないと思われて少年院行き。

そのような話がヌーヴェルヴァーグの旗手と言われたフランソワ・トリュフォーの「大人は判ってくれない」である。自伝的映画なので、主人公は少年院から映画監督になったわけだが、悪い友人にそそのかされればヤクザの道に入ることだってあるだろう。ほんの小さな罪が大罪となる。それでも何処かで自分を赦せば救いの道はあるのだ。

中部さんは言う。「ゴルフでは自分を赦すことはもちろん大事ですが、他人を赦すことも大切なことです。一緒に回ったプレーヤーがやたらと喋る、プレーが遅いなどということはよくあることです。そうした人に対して怒ったり、嫌悪感を催しても仕方がない。他人を赦すことが大事なのですね。

また、もの凄くドライバーショットを飛ばす、パットがどこからでも入る、いつでもグリーンに乗せてくるといった人と回ることだってあります。その場合も他人は他人と思って自分のプレーに徹することが大切なのです。他人を赦すこととは違いますが、他人と比べないことは自分を赦すことにつながっていると思います」

大勢で来て騒ぐ・頼んでないのにレッスン・フェアウェイに勝手に入る…ゴルフ練習場で見つけた迷惑ゴルファー

ゴルフ練習場のマナーを知っていますか?私自身も明確に把握はしているわけではありませんが、近くで練習している方が迷惑だ...

あわせて読みたい

ゴルフも「失敗は成功の母」

中部銀次郎

こうした話を中部さんから聞いていると、ゴルフは本当に人生に似ていると思ってしまう。逆に言えばゴルフをすることで人生をより良くすることだってできると考えられる。自分のミスを赦し、怒らず嘆かず、騒がず慌てず、心を落ち着かせてプレーを続行させる。人生だって失敗の連続ってことも多いだろう。やることなすこと上手くいかないってことが。それでも自分を赦して未来に向かって歩を進めていくことが大事なのだ。

発明王のトーマス・エジソンは「失敗は成功の母」と言っている。ゴルフも「失敗は成功の母」と思って、自分を赦して努力するしかないのである。そのうちミスが少なくなって、そこそこのナイスショットが増えて、いつでも良いスコアが出せるようになるかも知れない。

大叩きした後も「ボギーペースに戻せばいいや」と謙虚に考えることで自分の流れが取り戻せる

コースマネジメントのコツは、いいショットを沢山打つことではない。OBや池ポチャなど0点のショットを減らし、50〜60点くらい...

あわせて読みたい

さらに中部さんをゴルフの神様と思えるのは、ゴルフが試練を与えるゲームだということを認識していたからだ。これは自分の犯したミスではなく、ゴルフでは不運が起きるということである。

「先程のピンが手前に切ってあり、わずかに届かずにバンカーに入った場合ですが、自分では完璧に打ったショットに思えた。クラブヘッドの芯を捉えてピンにまっしぐらに飛んでいる。しかし、このときに突風が吹くこともあるわけです。それでバンカーに入る。しかも真上から叩き落とされたように落下したから目玉になる。誰でも運がなかった、あまりにもアンラッキーだと思いますよね。

外国人なら『ジーザス』と神を恨むかも知れない。しかし、こうしたこともゴルフではよくあることです。このときは神様が試練をお与えになったと直に不運を受け入れて冷静に対処する。

これは目玉のショットの貴重な体験をせよ、練習をせよということなのだと納得する。そして、よしやってみようとポジティブに思うことなのです。上手く脱出できれば自信になりますし、そうでなくても対処の仕方が少しは判る。だって、練習では目玉の練習などしませんからね」

イエス・キリストは次のように言っている。「このうえない試練と出会うとき、このうえない喜びと思いなさい」まさに、中部銀次郎のゴルフ観である。


中部銀次郎

中部銀次郎(なかべ・ぎんじろう)

1942年1月16日、山口県下関生まれ。
2001年12月14日逝去。大洋漁業(現・マルハニチロ)の副社長兼林兼産業社長を務めた中部利三郎の三男(四人兄弟の末っ子)として生まれる。10歳のときに父の手ほどきでゴルフを始め、下関西高校2年生時に関西学生選手権を大学生に混じって出場、優勝を遂げて一躍有名となる。

甲南大学2年時の1962年に日本アマチュア選手権に初優勝を果たす。以来、64、66、67、74、78年と計6度の優勝を成し遂げた。未だに破られていない前人未踏の大記録である。67年には当時のプロトーナメントであった西日本オープンで並み居るプロを退けて優勝、「プロより強いアマチュア」と呼ばれた。59歳で亡くなるまで東京ゴルフ倶楽部ハンデ+1。遺した言葉は未だに多くのゴルファーのバイブルとなっている。

著者・本條 強(ほんじょう・つよし)

1956年7月12日、東京生まれ。武蔵丘短期大学客員教授。
『書斎のゴルフ』元編集長。著書に『中部銀次郎 ゴルフ珠玉の言霊』『中部銀次郎 ゴルフの要諦』『中部銀次郎 ゴルフ 心のゲームを制する思考』(いずれも日本経済新聞出版編集部)他、多数。


伝説のアマチュアゴルファー中部銀次郎の「言の葉」

第17回(前回)を読む 第19回(次回)を読む

シリーズ一覧へ

ゴルフグッズのプレゼント用品おすすめ20選|必需品や便利グッズ

この記事では、ゴルフ仲間へのプレゼントにおすすめなゴルフグッズを紹介します。 5,000円以内で気軽に贈れるものと、1万...

あわせて読みたい

ゴルフは体重移動を使ってスイング!動作のコツや練習方法を解説

ゴルフのスイングは体重移動(=ウェイトシフト)が大切と昔からいわれています。 これがうまくできないと手打ちになってダ...

あわせて読みたい

2024冬ユニクロゴルフウェアおすすめ20選|メンズ・レディース

この記事では、ユニクロで揃う冬ゴルフウェアおすすめ20選を紹介します。アマチュアゴルファーから世界のトッププロまで幅広...

あわせて読みたい