1. TOP メニュー
  2. ゴルフギアにお悩み
  3. クラブ選び
  4. ピン(PING) アイアンおすすめ5選|価格・スペック徹底比較

ピン(PING) アイアンおすすめ5選|価格・スペック徹底比較

2021/10/05 ゴルフサプリ 編集部

ピン,アイアン

1959年にアメリカで創業したピン(PING)。「ピン型」と呼ばれるブレードタイプのパターを大ヒットさせるなど、画期的な商品を数多く生み出してきました。そんなピンのアイアンは、カラーコードによるライ角フィッティングをはじめ、その人にあったカスタムフィッティングを行なっていることが特徴です。トッププロから初心者まで使用できる幅広いラインナップが揃っています。

[目次]

ピン(PING) アイアンの特徴とおすすめポイント

ピン,アイアン

ピンのアイアンは5種類がラインナップされていて、それぞれにライ角指定ができ、シャフトのバリエーションも他社よりも多くあり、その中から選択することが可能です。

また、アイアン1本から買えることも他社にはない非常に大きな特徴です。

セットのコンボ化や初心者ゴルファーが、とりあえず必要な番手のみ購入という使い方ができるので、非常に便利です。独自の思想で、他社にはないサービスを行っているのが、ピンのアイアンのポイントといえるでしょう。

【関連】アイアンおすすめ人気ランキング20選|選び方のポイントも解説!

ピン(PING) アイアンの選び方|ヘッド特性と対象ゴルファーの違いを理解して選ぶ

ピンのアイアンは、新構造ブレードアイアン『i59』や、軟鉄鍛造のマッスルバックアイアン『ブループリント』、柔らかな打感が魅力の『i210』など、プロに支持されるモデルから、寛容性の高い『G425』、飛び系中空アイアン『G710』に至るまで、多くのゴルファーにリーチできるように、かなり幅広く、性能差を持ったモデルが揃っています。

したがって、自分が求める機能を持つアイアンがどれなのか、そのモデルの特性を知ることが大事になります。

ポイント

  • 自分が求める飛距離を出せるかどうかをチェックする
  • それぞれのモデルのヘッドサイズの違いを理解して選ぶ
  • 構造の異なるアイアンの中で、自分が好む打感を選ぶ

自分が求める飛距離を出せるかどうかをチェックする

ピンのアイアンは、もっともロフト角が寝ている『ブループリント』と『i59』が、7番アイアンで34度。もっとも立っている『G710』アイアンは28度と6度の差があります。ロフト角が小さくなるほど飛距離が出るので、自分が打ちたい飛距離が出せるアイアンを選択します。どのアイアンも高さは十分に出すことができます。

それぞれのモデルのヘッドサイズの違いを理解して選ぶ

ピンのアイアンのヘッドは、上級者向けの『ブループリント』は、コンパクトで小さいサイズ。中上級者向けの新構造ブレードアイアン『i59』と、セミキャビティアイアン『i210』も、小ぶりなヘッドサイズのアイアンですが、見た目よりはやさしく扱えるモデルとして、幅広い層に対応できます。

一方、寛容性に優れた『G710』アイアンと『G425』アイアンは、やや大きめのヘッドサイズで、オートマチックなやさしさをかんじさせます。

サイズは異なりますが、どのモデルもシャープな印象を持たせる形状をしています。

構造の異なるアイアンの中で、自分が好む打感を選ぶ

ピンのアイアンは、ヘッド内部にアルミ・コア・インサートを搭載した新構造ブレードアイアン『i59』、キャビティバックの『G425』、軟鉄鍛造マッスルバックの『ブループリント』、中空構造の『G710』、キャビティ部に樹脂を挿入した『i210』と、構造がそれぞれ大きく異なります。それによって、モデルごとの打感に大きな差があります。

一般的にはマッスルバックは打感が良いとされていますが、他のモデルも心地よい打感を生み出す構造の工夫が取り入れられているので、実際に打ってみて、自分の好きな打感のアイアンを選ぶのがおすすめです。

ピン(PING) アイアンおすすめモデル【初心者から上級者向けまで】

2021年秋時点で販売されているピンのおすすめアイアンを紹介します。アイアンは現行モデルで5機種あります(※女性用モデル・型落ちモデル除く)。種類が多いだけでなく、シャフトバリエーションが非常に多く、ライ角やグリップも変更できるので、ここで紹介している以上に、非常に多くの仕様が存在します。基本はフィッティングを受けて選択します。

ピン アイアンおすすめ5選

ピン i59 アイアン

ピン i59 アイアン

打感、操作性、美しさを兼ね備えた、これまでの常識を覆す新構造ブレードアイアン『i59』。

軟鉄鍛造のヘッド内部には「アルミ・コア・インサート」を搭載し、インパクト時に心地良い打感と打球音を生み出します。

摩擦力を最大限に引き出す新溝「マイクロマックス・グルーヴ」は、各溝の角度と間隔を最適化し、従来よりも溝の本数を増やしたことで、あらゆるシチュエーションで求められる摩擦力とスピン量を実現。濡れた状態やラフからでも、飛距離コントロール性能と再現性を向上させています。

最適重量周辺配分された設計でミスヒットに強く、上級者が求める飛距離コントロールも可能にします。

クラブ名 ピン i59 アイアン
長さ(7I) 37インチ
総重量/バランス(7I) ●N.S.PRO MODUS3 TOUR 115
S:431g/D2
ロフト角/ライ角 3I/20度/59度
4I/23.5度/59.8度
5I/27度/60.5度
6I/30.5度/61.3度
7I/34度/62度
8I/38度/62.8度
9I/42度/63.5度
PW/46度/64.1度
ヘッド素材 フェース:17-4ステンレススチール
ボディ:1025カーボンスチール
インサート:ADC12
パールクローム仕上げ
シャフト スチール:N.S.PRO MODUS3 TOUR 115(S)、 N.S.PRO MODUS3 TOUR 105(S)、N.S.PRO 950GH neo(S)、N.S.PRO 850GH neo(S)、DG EX TOUR ISSUE(S200)
価格 ●スチール(DG EX TOUR ISSUE以外):38,500円(税込)
DG EX TOUR ISSUE:40,700円(税込)
カーボン:41,800円(税込)
公式サイト ピン i59 アイアン 公式サイト

ピン G425 アイアン

ピン G425 アイアン

全アイテムをラインアップしている『G425』シリーズ。そのアイアンは、PINGが長年培ってきた鋳造製法を用いて、17-4ステンレススチールの強度を高め、最大のたわみを生む進化した新フェースを搭載し、アイアンで求められる高弾道を可能にしています。究極の重量周辺配分設計により、ミスヒットに強く、ブレずに狙ったところに飛ばせます。

また、ダフリ防止に効果的なワイドソールと低重心が、安定した結果をもたらし、よりオートマチックに打てるモデルになっています。さらに、インパクト時には、心地よい打感をもたらしてくれるようにと、バックフェースバッジの設置面積を増やしています。

大きな飛びと高いパフォーマンスをかなえる、従来のキャビティの枠を超えたアイアンです。

クラブ名 ピン G425 アイアン
長さ(7I) 37インチ
総重量/バランス(7I) ●ALTA J CB SLATE
R:367g/C9
ロフト角/ライ角 4I/20.5度/60.5度
5I/23.5度/61度
6I/26.5度/61.5度
7I/30度/62度
8I/34.5度/62.8度
9I/39.5度/63.5度
PW/44.5度/64.1度
UW/49.5度/64.1度
SW/54度/64.4度
LW/58度/64.6度
ヘッド素材 ハイパー17-4ステンレススチール パールクローム仕上げ
シャフト カーボン:ALTA J CB SLATE(S、SR、R)、ALTA DISTANZA BLACK(R)
価格 ●カーボン:23,100円(税込)
スチール(DG EX TOUR ISSUE以外):19,800円(税込)
DG EX TOUR ISSUE:22,000円(税込)
公式サイト ピン G425 アイアン 公式サイト

ピン G710 アイアン

ピン G710 アイアン

2020年に誕生した中空構造の飛び系アイアンです。前作の『G700』から打感と打音が大幅に向上し、ヘッドはブラックのハイドロパールステルス仕上げで、いかにも精悍な見た目です。中空構造によって、非常に広いスイートエリアと深低重心化を達成し、ピンアイアン史上、最大のMOIを実現しています。

さらに「アーコスキャディ」装着グリップを標準装備。ラウンド中のすべてのショットを自動で記録。最新鋭のAI機能がラウンドデータの統計を分析し、ゴルフをサポートしてくれる新たな機能を搭載しています。

クラブ名 ピン G710 アイアン
長さ(7I) ALTA DISTANZA BLACK 40カーボンシャフト:37.5インチ
スチールシャフト:37インチ
総重量/バランス(7I) ●ALTA DISTANZA BLACK 40
R:359g/D0
ロフト角/ライ角 4I/18.5度/60.5度
5I/21.5度/61度
6I/24.5度/61.5度
7I/28度/62度
8I/32度/62.8度
9I/37.5度/63.5度
PW/43度/64.1度
UW/48.5度/64.1度
SW/54度/64.4度
ヘッド素材 フェース:マレージング鋼C300
ボディ:17-4ステンレススチール
ハイドロパールステルス仕上げ
シャフト カーボン:ALTA DISTANZA BLACK 40(R)
スチール: N.S.PRO ZELOS 7(S)、N.S.PRO 850GH neo(S)、N.S.PRO 950GH neo(S)、MODUS3 TOUR 105(S)
価格 ●スチール(DG EX TOUR ISSUE以外):25,300円(税込)
DG EX TOUR ISSUE:27,500円(税込)
カーボン:28,600円(税込)
公式サイト ピン G710 アイアン 公式サイト

ピン i210 アイアン

ピン i210 アイアン

多くの契約プロが使用し、ツアーで非常に多くの勝利を手にしたツアー系アイアンです。プロが好むシャープなルックスに、深いキャビティバックの中に振動を抑制する「エラストマーCTP」という樹脂を挿入し、軟らかい打感と寛容性、さらにフェースのたわみ増を実現した高機能アイアンです。

ピンらしくソールのバンス角は強め。3番アイアンからラインナップされる本格派で、7番アイアンのロフト角は33度と大きめ。中上級者の好む性能を高い次元で満たしています。

クラブ名 ピン i210 アイアン
長さ(7I) 37インチ
総重量/バランス(7I) ●N.S.PRO MODUS3 TOUR 105
S:408g/D1
ロフト角/ライ角 3I/19度/60度
4I/22.5度/60.5度
5I/26度/61度
6I/29.5度/61.5度
7I/33度/62度
8I/37度/62.8度
9I/41度/63.5度
PW/45度/64.1度
UW/50度/64.1度
ヘッド素材 431ステンレススチール パールクローム仕上げ
シャフト スチール:N.S.PRO 950GH neo(S、R)、N.S.PRO MODUS3 TOUR 105(X、S、R)、N.S.PRO MODUS3 TOUR 120(X、S)、DG EX TOUR ISSUE(X100、S200)
価格 ●スチール(DG EX TOUR ISSUE以外):19,800円(税込)
DG EX TOUR ISSUE:22,000円(税込)
カーボン:23,100円(税込)
公式サイト ピン i210 アイアン 公式サイト

ピン ブループリント アイアン

ピン ブループリント アイアン

ツアープロや上級者のために作られた、ピン史上初の軟鉄鍛造マッスルバックアイアンです。極限までオフセットを減らし、操作性を追求したコンパクトなヘッド形状に、シリアスゴルファーが求める軟鉄鍛造の分厚い打感を実現したアイアンです。

認定のフィッターが在籍するショップでしか取り扱いのない限定商品という側面をもち、残念ながら、初心者やアベレージゴルファーには向きませんが、機能を活かせるゴルファーにとっては、強い武器になる際立った性能を持ったモデルです。

クラブ名 ピン ブループリント アイアン
長さ(7I) 37インチ
総重量/バランス(7I) ●N.S.PRO MODUS3 TOUR 105
S:423g/D1
ロフト角/ライ角 2I/17.5度/58.3度
3I/20度/59度
4I/23.5度/59.8度
5I/27度/60.5度
6I/30.5度/61.3度
7I/34度/62度
8I/38度/62.8度
9I/42度/63.5度
PW/46度/64.1度
ヘッド素材 8620カーボンスチール パールクローム仕上げ
シャフト スチール:N.S.PRO MODUS3 TOUR 115(S)、 N.S.PRO MODUS3 TOUR 105(S)、N.S.PRO 950GH neo(S)、N.S.PRO 850GH neo(S)、DG EX TOUR ISSUE(S200)
価格 ●スチール(DG EX TOUR ISSUE以外):35,200円(税込)
DG EX TOUR ISSUE:37,400円(税込)
公式サイト ピン ブループリント アイアン 公式サイト

ピン(PING) アイアンおすすめモデル価格比較表

これまで紹介してきたピン アイアン5機種の価格比較表を紹介します。

価格は、モデル別でも変わり、カーボンシャフトとスチールシャフトでも大きく違うので注意しましょう。カーボンシャフトの方が、金額が高価になることが多くなります。金額はすべて税込です。

アイアン 価格
ピン i59アイアン ●スチール(DG EX TOUR ISSUE以外):38,500円(税込)
DG EX TOUR ISSUE:40,700円(税込)
カーボン:41,800円(税込)
ピン G425 アイアン ●カーボン:23,100円(税込)
スチール(DG EX TOUR ISSUE以外):19,800円(税込)
DG EX TOUR ISSUE:22,000円(税込)
ピン G710 アイアン ●スチール(DG EX TOUR ISSUE以外):25,300円(税込)
DG EX TOUR ISSUE:27,500円(税込)
カーボン:28,600円(税込)
ピン i210アイアン ●スチール(DG EX TOUR ISSUE以外):19,800円(税込)
DG EX TOUR ISSUE:22,000円(税込)
カーボン:23,100円(税込)
ピン ブループリント アイアン ●スチール(DG EX TOUR ISSUE以外):35,200円(税込)
DG EX TOUR ISSUE:37,400円(税込)

自分にあったアイアンが見つかるのがピン(PING)のアイアンの魅力

ここまで2021年最新のピンアイアンを紹介してきました。

5機種のいずれのモデルでも、ライ角を選択、さらにシャフト選びはもちろん、グリップの太さやアイアンセット内で、別のモデルを組み合わせることができるなど、非常に特徴がある販売方法を行っているのが、ピンのアイアンの魅力です。

どのモデルが良いかも大事ですが、フィッティングを受けて、自分により合ったアイアンで、パフォーマンスを引き出すことが、ピンのアイアン選びのポイントになるでしょう。

ピン(PING) アイアン人気の型落ちモデル【中古おすすめ】

中古ショップで見つけたら即買い決定!?以下では、ピン(PING) アイアンの人気型落ちモデルを紹介します。

ピン i500 アイアン

ピン i500 アイアン

『やさしくて飛ぶ、中空構造でありながら、非常にコンパクトなヘッドのブレードアイアン。7番アイアンのロフト角は29度で、上級者でシャープな振り感を求めつつも飛距離も欲しいという欲張りなニーズを満たしたモデルです。中空構造によって高MOIを達成していて、見た目よりもスイートエリアが広く、やさしさを備えた高機能アイアンです。

一本から購入できるのもピンのアイアンの魅力です。ショートアイアンは『i210』 や『iブレード』、『ブループリント』などにして、よりやさしく飛ばしたいロング・ミドル番手を『i500』にするというハイブリッドなセッティングにもしやすいモデルです。

クラブ名ピン i500 アイアン
長さ(5I)38.25インチ
番手/ロフト角3I/17度
4I/19.5度
5I/22.5度
6I/25.5度
7I/29度
8I/33.5度
9I/38.5度
PW/44度
UW/49度
ヘッド素材フェース:マレージング鋼C300
ボディ:17-4ステンレススチール
シャフトスチール:N.S.PRO ZELOS 7(S、R)、N.S.PRO 950GH neo(S、R)、N.S.PRO MODUS3 TOUR 105(X、S、R)、DG EX TOUR ISSUE(X100、S200)

ピン G410 アイアン

ピン G410 アイアン

2019年にすべてのカテゴリーが大ヒットしたのが『G410』アイアンです。歴代の『G』シリーズでも定評のあったやさしさをさらに高めて、前作比から、左右上下のMOIを約14%高めた、非常に寛容性の高いアイアンです。さらに、ピンのキャビティアイアン史上最大のたわみと飛びで、7番アイアンのロフト角30度という数字以上の飛距離を生み出せます。

バンス角がしっかりついたPWから下の番手も高機能で、単品ウェッジにはないキャビティならではのやさしさで、アプローチをサポートしてくれる番手です。もちろんアイアンセットとの流れも良好です。

クラブ名ピン G410 アイアン
長さ(5I)38.25インチ
番手/ロフト角4I/20.5度
5I/23.5度
6I/26.5度
7I/30度
8I/34.5度
9I/39.5度
PW/44.5度
UW/49.5度
SW/54度
LW/58度
ヘッド素材ハイパー17-4ステンレススチール
シャフトカーボン:ALTA J CB RED(S、SR、R)、PING FUBUKI(R)
スチール:AWT 2.0 LITE(S、SR、R)、N.S.PRO 950GH neo(S、R)、N.S.PRO ZELOS 6(-)、N.S.PRO ZELOS 7(S、R)、N.S.PRO MODUS3 TOUR 105(X、S、R)、N.S.PRO MODUS3 TOUR 120(X、S)、DG EX TOUR ISSUE(X100、S200)

ピン iブレード アイアン

ピン iブレード アイアン

プロからの評価が非常に高かった『S55』アイアンの後継モデルとして、2016年に発売されたモデルで、当時のピンではもっとも上級者向けのアイアンでした。小ぶりでシャープなヘッドで、洗練された薄いトップラインにストレートなネック形状をもち、プロや上級者が扱いやすい操作性を備えています。

素材はソフトな431ステンレススチールを採用し、フェースは約50%薄肉化。バックフェースには、前作比で1.6倍のエラストマーCTPを挿入し、より軟らかい打感を実現しています。トゥにはダングステンウェイトが内蔵され、ルックスとは相反するやさしをもつブレード型アイアンです。

クラブ名ピン iブレード アイアン
長さ(5I)38インチ
番手/ロフト角3I/20度
4I/23.5度
5I/27度
6I/30.5度
7I/34度
8I/38度
9I/42度
PW/46度
ヘッド素材431ステンレススチール/タングステン
シャフトスチール:N.S.PRO 950GH neo(S、R)、N.S.PRO MODUS3 TOUR 105(X、S、R)、N.S.PRO MODUS3 TOUR 120(X、S)、DG EX TOUR ISSUE(X100、S200)

関連記事