1. TOP メニュー
  2. HOTニュース
  3. 国内ニュース
  4. 渋野日向子【注目選手の一問一答】住友生命Vitalityレディス 東海クラシック|ファイナルラウンド

渋野日向子【注目選手の一問一答】住友生命Vitalityレディス 東海クラシック|ファイナルラウンド

day2 2021/9/19 渋野日向子

2021/09/20 ゴルフサプリ 編集部

渋野日向子

【2021】第52回住友生命Vitalityレディス 東海クラシック、最終日。2アンダー・7位タイからスタートした渋野日向子は、4バーディ・ノーボギーのトータル6アンダーとして4位タイでフィニッシュ。渋野はノーボギーでのゴルフにある程度満足しているものの「アプローチに頼らないショット力をもっと必要だな」など、まだまだ磨くべきところはあるとコメント。優勝は西村優菜、トータル10アンダーで首位との5打差を逆転してツアー3勝目をあげた。

写真/JLPGA(公式会見動画より)

FR:68 total:-6 4位T|渋野日向子の一問一答

Q:今日はどんな気持ちで臨まれましたか

できるだけ良い位置で迎えられたので、良い位置で終わりたいなと思っていたけど、結果的に、最近にしては上位で終えられたので良かったかなと思います。


Q:今日のラウンドでスイングの手応え

まったくなかったですね。ティーショットもブレてましたし、アイアンも微妙なズレもあったし、その中でしっかりノーボギーで回れたのが不思議なくらいでしたが、やっぱりまだまだだなと思っています。


Q:追いつけると思ってのラウンドでしたか

4打差でしたっけ。追いつけんとは思ってなかったけど、特に優勝を狙う感じの気持ちでもなかったので、目の前に集中してやって、結果がこれなので、結果的には4打差のままですけど、こんなもんかなという感じです。


Q:良かった点

パッティングが、1番から一筋外れていたり、惜しいパットがあったなかで、チャンスについた1mとか、2m以内を決めることができたことかなと思うし、9番も怪しいパーパットを決められましたし、アプローチでちゃんとパーが拾える位置につけられたということがノーボギーにつながったと思うので、そこかなと思います。


Q:悪かった点

ドライバーの、チャンスで取りたかった12番のパー5だったり、5番もそうですし、パー5でフェアウェイキープできずに、2オンを狙えない位置にいってしまうことが多かったので、全体的にドライバーが曲がっていたので、そこに悔しさが残るけど、まだまだ伸びしろがたくさんあるなと感じました。


Q:先週はまだ優勝は考えられないと言ってましたが、今日は優勝を考えてもいいのかなくらいにはきましたか

このゴルフは2日間だからできたかもしれないし、昨日があったらまた違うと思いますし、結局は3日間とか4日間を通しての結果なので、でも2日しかないと分かってるなかで、初日の時点で1日なくなるんじゃないのかなと思っていたぶん、最初からちゃんとスタート切らないといけないなと思っていたので、そこで4打差だったけど、良い位置で終えられて良かったと思いますし、今日もその中で伸ばせたのは良かったけど、でもこれだけ差があるので、2日間とはいえ、でもトップ10入りできたのはすごく嬉しいです。


Q:今日のラウンドに入ってから、優勝を意識しましたか

2番のバーディーが入ったときくらいですかね。3番のティーショットで終わったなという感じでした笑


Q:3番のティーショットは風ではなかったのですか

あれはただただ振りにいって曲げた感じです。


Q:振りにいって曲がってしまうと言ってましたが、振りながらも狙ったところにいかせるのが目標ですか

そうですね。今日唯一できたのは2番ホールくらいです。2番はよう飛んでたなと思います。


Q:今週長いパー3が多かったですが、ユーティリティ、7番ウッドの精度について

やっぱりもうちょっとだなと思いましたし、11番も絶対外したくない右バンカーに外したりだとか、あれだけ左サイドが広いのに、そこに絶対置かないといけないのを外しちゃいけないほうに外して、結局パーを拾えたけど、というのがまだまだあるので、ユーティリティ、7番ウッドの精度はまだ欠けてると思います。


Q:3番ウッドと7番ウッドの間をまたうめたいと思いますか

もう少し7番ウッドの距離が出てくれたら嬉しいなと思いますし、スプーンでもうちょっと抑え目のショットの精度も必要だと思うので、もっと今日より長いパー3が増えてくると思うので、そういうところでしっかり乗せて2パットのパーでいけるような、距離感とか精度が必要かなと思っています。


Q:米ツアーを狙ってのですか

そうですね。


Q:アプローチが良くなったのは、3本のウェッジの使い分けが上手くなったかならですか

今年のUSオープンでラフに負けて全然振れなくて、ちょこっとしか出ないとか、そういうのが多かったけど、今はライに対してどれだけ食われるかというのを、素振りで想定して、その素振り通りに振れる回数が多くなったぶん、まだまだ全然1mとか2mにしか寄らないですけど、逆目でも振れたりとかが増えてきたと思います。


Q:バンカーも

バンカーはなんでか分からないけど、長いところは52度で打ったりしてるので、そういうので練習もしてたので、58度で打つより簡単ですし、距離がでなくてもランでいってくれるぶん、ちょっと寄ってくれるので、そういうのを考えるとアプローチだったりバンカーの考え方が簡単になったかなと思います。


Q:2年前の今大会で、全英からのプレッシャーがあって、自分らしさを取り戻したと言ってましたが、2年間の次に向けて思ってるところは

今は目の前のことしか考えてないので、特には。スコアとかは全然違うけど、内容的には多少は大人になったかなと思いたい感じですけど、結局8アンダー出したときはノーボギーで回ってますし、曲げとるんで変わらんかなという感じですね。


Q:今日は無観客でしたが、ギャラリーの前でどんなプレーを見せたいですか

今日みたいに、曲げ散らかしてもパーを拾うとか、なんかよく分からないところからバーディーを取るとか、そういう見てて面白いゴルフがお客さんの前でもできるように、もっと余裕をもってできるようになったらいいなと思います。


Q:曲げ散らかしてのパーは

12番のパー5はめちゃくちゃティーショットが誰よりも右にいきましたね。セカンドをユーティリティで打って、ちょこっとしか出なくて、サードもユーティリティで。サードはピンまで180くらい残ってましたね。


Q:3オン?

いや、手前のラフから。ずっとラフでした。14番も左のめちゃくちゃ傾斜のラフだし。3番のパー5も左ラフだし、曲げ散らかしてる幅が広すぎてめちゃくちゃやってる感じだったけど、回数は意外と少ないかもしれないですね。


Q:そのなかでもボギーなしで回れたのは、満足度はありますか

アプローチとかで良い感じに頑張ってる感じなので、そこをもっともっとレベルを上げていけたらいいなと思いますし、でもアプローチに頼らないショット力をもっと必要だなと思っています。


Q:初日に言っていた「高い球でピンを狙ったホール」は今日はありましたか?

良い感じで高い球がいったなと思うショットは、だいたいダフってたりとか笑


Q:今までショットを中心に考えられたのが長かったですが、これからはパッティングの段階に?

パッティングはラインが一筋合ってなくて入らんかったとか、タッチが合っていれば入るとか、そういうのが多かったですし、そんなにめちゃくちゃパッティングを意識しないといけないほどのミスは、この2日間は少なかったと思うので、噛み合えば入ってくる日もあると思いますし、でもパッティングでバーディーを取れるような位置にもってこなきゃいけないのはショットですし、まずはショットが良くないとバーディーチャンスにもつかないので、パットイズマネーも言われるけど、結局ショットでついてないと、めちゃくちゃロングパットが多くなったり、シビアなパーパットを打たないといけないゴルフになってしまうので、まだまだショットでチャンスにつける量を、もっともっと増やしたいなという感じです。


Q:楽しみ度合が増えてきてますか

そうですね。1番も私の狙い目にちょうどよくて、良いところについていたし、でも17、18はウェッジの距離のショットでバーディーを取れなかったので、そういうところでもっともっとバーディーを取らないとこうやって差がついてしまうと思ったので、という感じです。


Q:黄金世代の選手の活躍からの刺激

同級生だけでなく、萌寧もそうですし、今日9アンダーで回った西村優菜ちゃんも2個下で頑張ってますし、私より年上の方も頑張っているので、どの世代が頑張ってても刺激になりますし、もっと頑張らないとなと思わせてくれるところでゴルフができているのは幸せなことだと思いますし、でもその中でも同級生が上位争いしてると、自分も負けないようにとは、他の年代の方以上に思うかな。


Q:次の試合に向けて

今日も怪しいボギーのとこもあったけど、そういうところでしっかり切り替えてパーを拾うことができたので、そういうゴルフができてくると、こうやってちょこちょこ上位に名前が乗るんじゃないのかなと思うので、この2日間、風のなかでもしっかり耐えてアンダーで回るゴルフだったり、調子がショット悪いなかでもノーボギーでアンダーで回れるゴルフがこれからもっとできたらいいなと思っています。


写真/JLPGA(公式会見動画より)

6カ月前に語っていた新プレースタイル|全米女子オープンで有言実行! 新しい渋野が目指した1打

『全米女子オープン』では3日目を終えて単独トップに立ち、日本人初となる海外メジャー2勝目に王手をかけた渋野日向...

あわせて読みたい

関連記事